メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS CloudFormation デザイナー を使用する理由

AWS CloudFormation デザイナー (デザイナー) には、テンプレート内のリソースをグラフィック表示できる、テンプレート作成が簡易化される、テンプレート編集が簡易化されるという利点があります。

テンプレートリソースの視覚化

JSON 形式または YAML 形式のテキストファイルを解析して、テンプレート内のリソースとそれらの関係を確認するのは難しい場合があります。デザイナー では、テンプレートに含まれるリソースをグラフィック表示して、相互の関連性を確認することができます。

デザイナー は、リソースに関する情報 (サイズや相対位置など) をテンプレートメタデータで定義します。テンプレートを開くと、デザイナー によりこのメタデータが自動的に追加されるため、テンプレートを保存すると現在のレイアウトが保持されます。デザイナー でテンプレートを再び開くと、前回テンプレートを保存したときとまったく同じように図が表示されます。

すべてのレイアウト情報は AWS::CloudFormation::Designer メタデータキーで定義されます。このキーは、デザイナー によってのみ使用されるため、AWS CloudFormation スタックの作成を妨害することはありません。次のテンプレートメタデータの例は、デザイナー がメタデータとしてテンプレートに追加するレイアウト情報を示しています。

JSON

Copy
"Metadata": { "AWS::CloudFormation::Designer": { "6b56eaae-0bb6-4215-aad6-12345EXAMPLE": { "size": { "width": 60, "height": 60 }, "position": { "x": 340, "y": 430 }, "z": 2, "parent": "21ccc9b0-29e9-4a86-9cf2-12345EXAMPLE", "embeds": [], "ismemberof": [ "c3eead73-6a76-4532-9268-12345EXAMPLE" ] }, ...

YAML

Copy
Metadata: 'AWS::CloudFormation::Designer': 6b56eaae-0bb6-4215-aad6-12345EXAMPLE: size: width: 60 height: 60 position: x: 340 'y': 430 z: 2 parent: 21ccc9b0-29e9-4a86-9cf2-12345EXAMPLE embeds: [] ismemberof: - c3eead73-6a76-4532-9268-12345EXAMPLE ...

テンプレート作成の簡素化

テキストエディタでテンプレートリソースを作成するときは、JSON または YAML を手動で編集する必要がありますが、この作業は面倒でエラーを起こしやすくなります。デザイナー を使用すると、テンプレートを手動でコーディングする時間を短くして、AWS インフラストラクチャの設計に時間をかけられるようになります。デザイナー では、新しいリソースをドラッグアンドドロップしてテンプレートに追加したり、リソース間の接続をドラッグして関係を確立したりできます。デザイナー は自動的に JSON または YAML を変更します。

テンプレートを作成すると、デザイナー はリソース間に基本的な関係を適用して、有効なテンプレートの作成を支援します。たとえば、VPC 内で EC2 インスタンスを直接追加することはできません。VPC のサブネット内にインスタンスを追加する必要があります。

デザイナー でテンプレートを直接検証することもできます。これは、JSON または YAML 構文が有効であること、参照されているすべてのパラメータが宣言されていること、および循環依存がないことをチェックする ValidateTemplate API 呼び出しと同じレベルの検証を提供します。

統合された JSON および YAML エディタ での編集の簡略化

統合されたエディタ, を使用すると、AWS CloudFormation コンソールでテンプレートのあらゆる変更を行うことができます。テンプレートを変更して保存するために、別個のテキストエディタを使用する必要はありません。統合されたエディタ には、リソースのすべてのプロパティ名をリストするオートコンプリート機能も備わっているため、それらを検索したり暗記したりする必要はありません。さらに、統合エディタを使用して JSON テンプレートを YAML に変換することができます。逆も同様です。