メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Amazon Elastic Block Store(Amazon EBS)

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) は、EC2 インスタンスで使用するためのブロックレベルのストレージボリュームを提供します。EBS ボリュームは、同じアベイラビリティーゾーンにある実行中のどのインスタンスにもアタッチできる、可用性と信頼性に優れたストレージボリュームです。EC2 インスタンスにアタッチされた EBS ボリュームは、インスタンスの運用状況から、独立した永続性を保つストレージボリュームとして表示されます。 Amazon EBS の場合は、使用した分のみをお支払いいただきます。Amazon EBS の価格設定の詳細については、Amazon Elastic Block Store ページの概算費用のセクションを参照してください。

Amazon EBS は、データにすばやくアクセスする必要があり、長期永続性が必要な場合に推奨されます。EBS ボリュームは、ファイルシステムの主要ストレージやデータベースとしての使用に特に適しています。また、細かい更新が必要なアプリケーションや、ブロックレベルの未初期化のストレージを使用する必要があるアプリケーションにも適しています。Amazon EBS は、ランダムな読み取り/書き込みに依存するデータベーススタイルのアプリケーションと、長時間の連続読み取り/書き込みを実行するスループットが高いアプリケーションの両方に適しています。

簡素化されたデータの暗号化を使用するには、EBS ボリュームを暗号化の対象となるボリュームとして起動します。Amazon EBS 暗号化 は、EBS ボリュームのために、独自のキー管理インフラストラクチャの構築、管理、および保護を必要としない、簡単な暗号化ソリューションを提供します。暗号化の対象となる EBS ボリュームを作成し、サポートされているインスタンスタイプに関連付けると、そのボリュームに保管されるデータ、そのボリュームとのディスク I/O、そのボリュームから作成されたスナップショットは、すべて暗号化されます。暗号化は EC2 インスタンスをホストするサーバーで行われ、EC2 インスタンスから EBS ストレージに転送されるデータが暗号化されます。詳細については、「Amazon EBS Encryption」を参照してください。

Amazon EBS 暗号化 は、暗号化されたボリュームと、暗号化されたボリュームから作成されるスナップショットを作成するときに AWS Key Management Service (AWS KMS) マスターキーを使用します。暗号化された EBS ボリュームをリージョン内に初めて作成するときは、デフォルトのマスターキーが自動的に作成されます。AWS Key Management Service を使用して別途作成したカスタマーマスターキー (CMK) を選択しない限り、このキーが Amazon EBS 暗号化 で使用されます。独自の CMK を作成すると、アクセスコントロールを作成、使い回し、無効化、定義できるほか、データの保護に使用される暗号化キーを監査できるなど、より高い柔軟性が得られます。詳細については、AWS Key Management Service Developer Guide を参照してください。

AWS アカウントによって規定される制限内であれば、同一のインスタンスに複数のボリュームをアタッチできます。アカウントには、使用できる EBS ボリュームの数と、利用可能なストレージの総量に制限があります。これらの制限と、制限を緩和するよう要求する方法の詳細については、「Request to Increase the Amazon EBS Volume Limit」を参照してください。

Amazon EBS の機能

  • サイズが最大 16 TiB の EBS 汎用 SSD (gp2)、プロビジョンド IOPS SSD (io1)、スループット最適化 HDD (st1)、および Cold HDD (sc1) ボリュームを作成できます。これらのボリュームは Amazon EC2 インスタンスにデバイスとしてマウントできます。複数のボリュームを同じインスタンスにマウントできますが、各ボリュームをアタッチできるインスタンスは 1 度に 1 つだけです。インスタンスにアタッチされているボリュームの設定は動的に変更できます。詳細については、「Amazon EBS ボリュームの作成」を参照してください。

  • 汎用 SSD (gp2) ボリュームを使用すると、1 GiB あたり 3 IOPS というベースパフォーマンスが期待され、延長された期間について 3,000 IOPS までバーストすることができます。Gp2 ボリュームは、さまざまなユースケース (ブートボリューム、小規模および中規模なデータベース、開発環境やテスト環境など) に適しています。Gp2 ボリュームは、最大 10,000 IOPS および 160 MB/秒のスループットをサポートします。詳細については、「汎用 SSD (gp2) ボリューム」を参照してください。

  • プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリュームでは、特定レベルの I/O パフォーマンスをプロビジョニングできます。Io1 ボリュームは、最大 20,000 IOPS と 320 MB/秒のスループットをサポートします。この機能を利用すると、EC2 インスタンスあたり何万単位 の IOPS という規模に拡張したときも、期待どおりのパフォーマンスを得ることができます。詳細については、「プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリューム」を参照してください。

  • スループット最適化 HDD (st1) ボリュームは、IOPS ではなくスループットでパフォーマンスを示す、低コストの磁気ストレージに使用できます。このボリュームタイプは、スループットが最大 500 MiB/秒で、Amazon EMR、ETL、データウェアハウス、ログ処理など、サイズの大きなシーケンシャルワークロードに適しています。詳細については、「スループット最適化 HDD (st1) ボリューム」を参照してください。

  • Cold HDD (sc1) ボリュームは、IOPS ではなくスループットでパフォーマンスを示す、低コストの磁気ストレージに使用できます。sc1 は、スループットが最大 250 MiB/秒で、サイズの大きなコールドデータのシーケンシャルワークロードに最適です。データへのアクセス頻度が低く、コストの削減が必要である場合は、低コストなブロックストレージとして sc1 を使用できます。詳細については、「Cold HDD (sc1) ボリューム」を参照してください。

  • EBS ボリュームの動作は、未初期化のブロックデバイスに似ています。これらのボリュームにファイルシステムを構築したり、ブロックデバイスを使用する別の方法 (ハードドライブとして使用など) で使用したりできます。ファイルシステムの作成およびボリュームのマウントの詳細については、Amazon EBS ボリュームを使用できるようにする を参照してください。

  • 暗号化された EBS ボリュームを使用して、規制/監査されたデータとアプリケーションに関連した、保管されるデータの幅広い暗号化要件に対応することができます。詳細については、「Amazon EBS Encryption」を参照してください。

  • EBS ボリュームの特定の時点におけるスナップショットを作成し、Amazon S3 に保管できます。長期的な耐久性を実現するために、スナップショットはデータを保護します。また、スナップショットは、新しい EBS ボリュームの開始点として使用できます。1 つのスナップショットからインスタンス化できるボリュームの数に制限はありません。これらのスナップショットは、複数の AWS リージョンにわたってコピーできます。詳細については、「Amazon EBS スナップショット」を参照してください。

  • EBS ボリュームは、特定のアベイラビリティーゾーンで作成され、そのアベイラビリティーゾーン内のインスタンスにアタッチできます。アベイラビリティーゾーンの外部でボリュームを使用できるようにするには、スナップショットを作成し、そのスナップショットをそのリージョン内の新しいボリュームに復元できます。スナップショットをその他のリージョンにコピーしてから、そのリージョン内の新しいボリュームに復元できるので、地理的な拡大やデータセンターの移行、災害復旧など、複数の AWS リージョンをより容易に活用することができます。詳細については、「Amazon EBS スナップショットの作成」、「スナップショットからの Amazon EBS ボリュームの復元」、および「Amazon EBS スナップショットのコピー」を参照してください。

  • パブリックデータセットスナップショットの大きなリポジトリを EBS ボリュームに復元し、AWS クラウドベースのアプリケーションにシームレスに統合することができます。詳細については、「パブリックデータセットの使用」を参照してください。

  • AWS マネジメントコンソールを介して、帯域幅、スループット、レイテンシー、平均キュー長などのパフォーマンスメトリクスを使用できます。Amazon CloudWatch のこれらのメトリクスを使用してボリュームのパフォーマンスをモニタリングすると、アプリケーションに対して十分なパフォーマンスを提供できているか、無駄なリソースにコストを費やしていないかを確認できます。詳細については、「Amazon EBS ボリュームのパフォーマンス on Linux インスタンス」を参照してください。

このページの内容: