メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Amazon Elastic File System (Amazon EFS)

Amazon EFS は、Amazon EC2 と併用できる拡張可能なファイルストレージを提供します。EFS ファイルシステムを作成し、ファイルシステムをマウントするためにインスタンスを設定できます。複数のインスタンスで実行している作業負荷やアプリケーションの一般的なデータソースとしてEFSファイルシステムを使用できます。詳細については、Amazon Elastic File System 製品ページを参照してください。

このチュートリアルでは、EFS ファイルシステム、およびそのファイルシステムを使ってデータを共有できる 2 つの Linux インスタンスを作成します。

重要

Amazon EFS は Windows インスタンスではサポートされていません。

前提条件

  • セキュリティグループ (efs-sg など) を作成し、次のルールを追加します。

    • コンピュータからのインバウンド SSH 接続を許可する (ソースはネットワークの CIDR ブロックです)

    • グループに関連付けられる EC2 インスタンスからのインバウンド NFS 接続を許可する (ソースはセキュリティグループ自体です)

  • キーペアの作成. インスタンスの作成時にキーペアを指定しないと、それらに接続できません。詳細については、「キーペアの作成」を参照してください。

ステップ 1: EFS ファイルシステムの作成

Amazon EFS では、複数のインスタンスが同時にマウントおよびアクセスできるファイルシステムを作成することができます。詳細については、Amazon Elastic File System ユーザーガイドCreating Resources for Amazon EFS を参照してください。

To create a file system

  1. Amazon Elastic File System コンソール (https://console.aws.amazon.com/efs/) を開きます。

  2. Choose Create file system.

  3. On the Configure file system access page, do the following:

    1. For VPC, select the VPC to use for your instances.

    2. For Create mount targets, select all the Availability Zones.

    3. For each Availability Zone, ensure that the value for Security group is the security group that you created in 前提条件.

    4. Choose Next Step.

  4. On the Configure optional settings page, do the following:

    1. For the tag with Key=Name, type a name for the file system in Value.

    2. For Choose performance mode, keep the default option, General Purpose.

    3. Choose Next Step.

  5. On the Review and create page, choose Create File System.

  6. After the file system is created, note the file system ID, as you'll use it later in this tutorial.

ステップ2: ファイルシステムをマウントします。

次の手順を使用して 2 つの t2.micro インスタンスを起動します。ユーザーデータスクリプトは起動時にファイルシステムを両方のインスタンスにマウントし、/etc/fstab を更新してインスタンスの再起動後にファイルシステムが再度マウントされるようにします。T2 インスタンスは、サブネットで起動する必要があることにご注意ください。デフォルト VPC またはデフォルト以外の VPC を使用することができます。

注記

他の方法でもボリュームをマウントできます (たとえば、すでに実行しているインスタンスなど)。詳細については、Amazon Elastic File System ユーザーガイドファイルシステムのマウントを参照してください。

To launch two instances and mount an EFS file system

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. Choose Launch Instance.

  3. On the Choose an Amazon Machine Image page, select an Amazon Linux AMI with the HVM virtualization type.

  4. On the Choose an Instance Type page, keep the default instance type, t2.micro and choose Next: Configure Instance Details.

  5. On the Configure Instance Details page, do the following:

    1. For Number of instances, type 2.

    2. [Default VPC] If you have a default VPC, it is the default value for Network. Keep the default VPC and the default value for Subnet to use the default subnet in the Availability Zone that Amazon EC2 chooses for your instances.

      [Nondefault VPC] Select your VPC for Network and a public subnet from Subnet.

    3. [Nondefault VPC] For Auto-assign Public IP, choose Enable. Otherwise, your instances do not get public IP addresses or public DNS names.

    4. Under Advanced Details, paste the following script into User data. Update EFS_ID with the ID of your file system and EFS_REGION with the region code for your file system. You can optionally update EFS_MOUNT_DIR with a directory for your mounted file system.

      Copy
      #!/bin/bash yum update -y yum install -y nfs-utils EFS_ID=fs-xxxxxxxx EFS_REGION=region-code EFS_MOUNT_DIR=/mnt/efs mkdir -p ${EFS_MOUNT_DIR} chown ec2-user:ec2-user ${EFS_MOUNT_DIR} echo $(curl -s http://169.254.169.254/latest/meta-data/placement/availability-zone).${EFS_ID}.efs.${EFS_REGION}.amazonaws.com:/ ${EFS_MOUNT_DIR} nfs4 nfsvers=4.1,rsize=1048576,wsize=1048576,hard,timeo=600,retrans=2 >> /etc/fstab mount -a
    5. Advance to Step 6 of the wizard.

  6. On the Configure Security Group page, choose Select an existing security group, select your security group, and then choose Review and Launch.

  7. On the Review Instance Launch page, choose Launch.

  8. In the Select an existing key pair or create a new key pair dialog box, select Choose an existing key pair and choose your key pair. Select the acknowledgment check box, and choose Launch Instances.

  9. In the navigation pane, choose Instances to see the status of your instances. Initially, their status is pending. After the status changes to running, your instances are ready for use.

ステップ3: ファイルシステムをテストする

インスタンスに接続し、ファイルシステムが指定したディレクトリにマウントされていることを確認します (たとえば、/mnt/efs)。

To verify that the file system is mounted

  1. Connect to your instances. For more information, see Linux インスタンスへの接続.

  2. From the terminal window for each instance, run the df -T command to verify that the EFS file system is mounted.

    Copy
    $ df -T Filesystem Type 1K-blocks Used Available Use% Mounted on /dev/xvda1 ext4 8123812 1949800 6073764 25% / devtmpfs devtmpfs 4078468 56 4078412 1% /dev tmpfs tmpfs 4089312 0 4089312 0% /dev/shm efs-dns nfs4 9007199254740992 0 9007199254740992 0% /mnt/efs

    Note that the name of the file system, shown in the example output as efs-dns, has the following form:

    availability-zone.filesystem-id.efs.region.amazonaws.com:/
  3. (Optional) Create a file in the file system from one instance, and then verify that you can view the file from the other instance.

    1. From the first instance, run the following command to create the file:

      Copy
      $ sudo touch /mnt/efs/test-file.txt
    2. From the second instance, run the following command to view the file:

      Copy
      $ ls /mnt/efs test-file.txt

手順 4: クリーンアップ

このチュートリアルを完了した後、インスタンスを終了して、ファイルシステムを削除できます。

To terminate the instances

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Instances.

  3. Select the instances to terminate.

  4. Choose Actions, Instance State, Terminate.

  5. Choose Yes, Terminate when prompted for confirmation.

To delete the file system

  1. Amazon Elastic File System コンソール (https://console.aws.amazon.com/efs/) を開きます。

  2. Select the file system to delete.

  3. Choose Actions, Delete file system.

  4. When prompted for confirmation, type the ID of the file system and choose Delete File System.