メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Amazon EBS スナップショット

ポイントインタイムスナップショットを作成することで、EBS ボリュームのデータを Amazon S3 にバックアップできます。スナップショットは増分バックアップです。つまり、最後にスナップショットを作成した時点から、ボリューム上で変更のあるブロックだけが保存されます。これにより、スナップショットを作成するのに要する時間が最小限に抑えられ、ストレージコストが節約されます。スナップショットを削除すると、そのスナップショットに固有のデータだけが削除されます。アクティブなスナップショットには、 (スナップショットの作成時以降の) データを新しい EBS ボリュームに復元するために必要な情報がすべて含まれます。

スナップショットの概要

EBS ボリュームを作成するときは、既存のスナップショットを基に作成できます。新しいボリュームは、スナップショットの作成に使用された元のボリュームの完全なレプリカとして開始されます。既存のスナップショットからボリュームを作成する場合、バックグラウンドで時間をかけて読み込まれるため、直ちに使用を開始できます。まだ読み込まれていないデータにアクセスした場合、ボリュームは要求されたデータを Amazon S3 から即座にダウンロードし、引き続きボリュームの残りのデータをバックグラウンドで読み込みます。詳細については、「Amazon EBS スナップショットの作成」を参照してください。

アクセス権限を変更することで、スナップショットを AWS アカウント間で共有することができます。自分のスナップショットのコピーと、他のユーザーから共有されたスナップショットのコピーを作成できます。詳細については、「Amazon EBS スナップショットの共有」を参照してください。

EBS スナップショットは、EBS 暗号化を幅広くサポートします。

  • 暗号化されたボリュームのスナップショットは自動的に暗号化されます。

  • 暗号化されたスナップショットから作成されたボリュームは、自動的に暗号化されます。

  • 自分が所有している暗号化されていないスナップショットをコピーした場合、コピー処理中に暗号化できます。

  • ご自分が所有している暗号化されたスナップショットをコピーした場合、コピー処理中に異なるキーを使用して再暗号化できます。

詳細については、「Amazon EBS Encryption」を参照してください。

スナップショットは、スナップショットが作成されたリージョンに制限されます。EBS ボリュームのスナップショットを作成した後、そのスナップショットを使って、同じリージョンで新規ボリュームを作成できます。詳細については、「スナップショットからの Amazon EBS ボリュームの復元」を参照してください。スナップショットはリージョン間でコピーすることもできるため、地理的な拡大、データセンターの移行、災害対策など、複数のリージョンを活用するのに役立ちます。completed 状態であるアクセス可能なすべてのスナップショットをコピーできます。詳細については、「Amazon EBS スナップショットのコピー」を参照してください。

このページの内容: