メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

複数の IP アドレス

EC2-VPC では、インスタンスに複数のプライベート IPv4 および IPv6 アドレスを指定できます。インスタンスに指定できるネットワークインターフェイスとプライベート IPv4 および IPv6 アドレスの数は、インスタンスタイプによって異なります。詳細については、「各インスタンスタイプのネットワークインターフェイスあたりの IP アドレス数」を参照してください。

次のような場合、複数の IP アドレスを VPC 内のインスタンスに割り当てると便利です。

  • 1 つのサーバーで複数の SSL 証明書を使用し、各インターフェイスに各 IP アドレスに割り当てることで、1 つのサーバーで複数のウェブサイトをホストする。

  • 各ネットワークインターフェイス用に複数の IP アドレスを持つネットワークアプライアンス (ファイアウォールやロードバランサーなど) を運用する。

  • インスタンスでエラーが発生した場合に、セカンダリ IP アドレスをスタンバイインスタンスに再割り当てすることによって、内部トラフィックをスタンバイインスタンスにリダイレクトする。

複数の IP アドレスを使用する方法

次の一覧は、ネットワークインターフェイスで複数の IP アドレスを使用する方法の説明です。

  • セカンダリプライベート IPv4 アドレスをネットワークインターフェイスに割り当てることができます。ネットワークインターフェイスは、インスタンスにアタッチしたり、インスタンスからデタッチすることができます。

  • IPv6 CIDR ブロックが関連付けられているサブネット内のネットワークインターフェイスに複数の IPv6 アドレスを割り当てることができます。

  • ネットワークインターフェイスのサブネットの IPv4 CIDR ブロック範囲からセカンダリ IPv4 を選択する必要があります。

  • ネットワークインターフェイスのサブネットの IPv6 CIDR ブロック範囲から IPv6 アドレスを選択する必要があります。

  • セキュリティグループは、IP アドレスではなく、ネットワークインターフェイスに適用されます。そのため、IP アドレスは、そのアドレスが指定されているネットワークインターフェイスのセキュリティグループの対象です。

  • 複数の IP アドレスは、実行中または停止したインスタンスにアタッチされたネットワークインターフェイスに割り当てたり、割り当て解除したりできます。

  • ネットワークインターフェイスに割り当てられているセカンダリプライベート IPv4 アドレスは、明示的に許可された場合、別のネットワークインターフェイスに割り当て直すことができます。

  • IPv6 アドレスは、最初に既存のネットワークインターフェイスから割り当て解除しない限り、別のネットワークインターフェイスに再割り当てすることはできません。

  • コマンドラインツールまたは API を使用して複数の IP アドレスをネットワークインターフェイスに割り当てるときに、いずれかの IP アドレスを割り当てることができない場合、オペレーション全体が失敗します。

  • プライマリプライベート IPv4 アドレス、セカンダリプライベート IPv4 アドレス、Elastic IP アドレス、および IPv6 アドレスは、ネットワークインターフェイスをインスタンスからデタッチしたり、別のインスタンスにアタッチしても、ネットワークインターフェイスへの割り当ては維持します。

  • プライマリネットワークインターフェイスをインスタンスから移動することはできませんが、プライマリネットワークインターフェイスのセカンダリプライベート IPv4 アドレスを別のネットワークインターフェイスに再割り当てすることはできます。

  • 追加のネットワークインターフェイスは、あるインスタンスから別のインスタンスに移動できます。

次の一覧は、Elastic IP アドレスで複数の IP アドレスを使用する方法の説明です (IPv4 のみ)。

  • 各プライベート IPv4 アドレスを関連付けることができる Elastic IP アドレスは 1 つであり、逆に各 Elastic IP アドレスを関連付けることができるプライベート IPv4 アドレスは 1 つです。

  • セカンダリプライベート IPv4 アドレスを別のインターフェイスに再割り当てした場合、セカンダリプライベート IPv4 アドレスと Elastic IP アドレスの関連付けは維持されます。

  • セカンダリプライベート IPv4 アドレスとインターフェイスの割り当てを解除すると、関連付けられた Elastic IP アドレスとセカンダリプライベート IPv4 アドレスとの関連付けは自動的に解除されます。

複数の IPv4 アドレスの使用

セカンダリプライベート IPv4 アドレスは、インスタンスに割り当てたり、Elastic IPv4 アドレスと関連付けたり、割り当て解除したりできます。

セカンダリプライベート IPv4 アドレスを割り当てる

セカンダリプライベート IPv4 アドレスは、インスタンスの起動時または起動後に、インスタンスのネットワークインターフェイスに割り当てることができます。このセクションでは、次の手順を紹介します。

To assign a secondary private IPv4 address when launching an instance in EC2-VPC

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. Choose Launch Instance.

  3. Select an AMI, then choose an instance type and choose Next: Configure Instance Details.

  4. On the Configure Instance Details page, for Network, select a VPC and for Subnet, select a subnet.

  5. In the Network Interfaces section, do the following, and then choose Next: Add Storage:

    • To add another network interface, choose Add Device. The console enables you to specify up to two network interfaces when you launch an instance. After you launch the instance, choose Network Interfaces in the navigation pane to add additional network interfaces. The total number of network interfaces that you can attach varies by instance type. For more information, see 各インスタンスタイプのネットワークインターフェイスあたりの IP アドレス数.

      重要

      When you add a second network interface, the system can no longer auto-assign a public IPv4 address. You will not be able to connect to the instance over IPv4 unless you assign an Elastic IP address to the primary network interface (eth0). You can assign the Elastic IP address after you complete the Launch wizard. For more information, see Elastic IP アドレスの操作.

    • For each network interface, under Secondary IP addresses, choose Add IP, and then enter a private IP address from the subnet range, or accept the default Auto-assign value to let Amazon select an address.

  6. On the next Add Storage page, you can specify volumes to attach to the instance besides the volumes specified by the AMI (such as the root device volume), and then choose Next: Add Tags.

  7. On the Add Tags page, specify tags for the instance, such as a user-friendly name, and then choose Next: Configure Security Group.

  8. On the Configure Security Group page, select an existing security group or create a new one. Choose Review and Launch.

  9. On the Review Instance Launch page, review your settings, and then choose Launch to choose a key pair and launch your instance. If you're new to Amazon EC2 and haven't created any key pairs, the wizard prompts you to create one.

重要

セカンダリプライベート IP アドレスをネットワークインターフェイスに追加した後、インスタンスに接続して、インスタンス自体でセカンダリプライベート IP アドレスを設定する必要があります。詳細については、「セカンダリプライベート IPv4 アドレスを認識するようにインスタンスのオペレーティングシステムを設定する 」を参照してください。

To assign a secondary IPv4 address during launch using the command line

  • You can use one of the following commands. For more information about these command line interfaces, see Amazon EC2 へのアクセス.

    • The --secondary-private-ip-addresses option with the run-instances command (AWS CLI)

    • Define -NetworkInterface and specify the PrivateIpAddresses parameter with the New-EC2Instance command (AWS Tools for Windows PowerShell).

To assign a secondary private IPv4 address to a network interface

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Network Interfaces, and then select the network interface attached to the instance.

  3. Choose Actions, Manage IP Addresses.

  4. Under IPv4 Addresses, choose Assign new IP.

  5. Enter a specific IPv4 address that's within the subnet range for the instance, or leave the field blank to let Amazon select an IP address for you.

  6. (Optional) Choose Allow reassignment to allow the secondary private IP address to be reassigned if it is already assigned to another network interface.

  7. Choose Yes, Update.

または、インスタンスにセカンダリプライベート IPv4 アドレスを割り当てることができます。ナビゲーションペインで [Instances] を選択し、インスタンスを選択します。次に、[Actions] を選択し、[Networking]、[Manage IP Addresses] の順に選択します。上記のステップに従って、同じ情報を設定できます。IP アドレスは、インスタンスのプライマリネットワークインターフェイス (eth0) に割り当てられます。

To assign a secondary private IPv4 to an existing instance using the command line

セカンダリプライベート IPv4 アドレスを認識するようにインスタンスのオペレーティングシステムを設定する

セカンダリプライベート IPv4 アドレスをインスタンスに割り当てたら、セカンダリプライベート IP アドレスを認識するようにインスタンスのオペレーティングシステムを設定する必要があります。

  • Amazon Linux を使用している場合、ec2-net-utils パッケージがこの処理を自動実行します。このパッケージは、インスタンスの実行中にアタッチされる追加のネットワークインターフェイスを設定し、DHCP リースの更新中にセカンダリ IPv4 アドレスを更新して、関連するルーティングルールを更新します。コマンド sudo service network restart を使用して即座にインターフェースの一覧を更新し、ip addr li を使用することで最新の一覧を表示することができます。ネットワーク構成を手動で構成する必要がある場合、ec2-net-utils パッケージを削除できます。詳細については、「ec2-net-utils を使用したネットワークインターフェイスの設定」を参照してください。

  • 別の Linux ディストリビューションを使用している場合、Linux ディストリビューションのドキュメントを参照してください。追加のネットワークインターフェイスとセカンダリ IPv4 アドレスの設定に関する情報が記載されています。同じサブネットのインスタンスに複数のインターフェイスがある場合、非同期のルーティングに対処する方法については、ルーティングルールの使用に関する情報を検索してください。

Windows インスタンスの設定については、Windows インスタンスの Amazon EC2 ユーザーガイドWindows インスタンスのセカンダリプライベート IP アドレスの設定」を参照してください。

Elastic IP アドレスをセカンダリプライベート IPv4 アドレスに割り当てる

To associate an Elastic IP address with a secondary private IPv4 address in EC2-VPC

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Elastic IPs.

  3. Choose Actions, and then select Associate address.

  4. For Network interface, select the network interface, and then select the secondary IP address from the Private IP list.

  5. Choose Associate.

To associate an Elastic IP address with a secondary private IPv4 address using the command line

セカンダリプライベート IPv4 アドレスを確認する

To view the private IPv4 addresses assigned to a network interface in EC2-VPC

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Network Interfaces.

  3. Select the network interface with private IP addresses to view.

  4. On the Details tab in the details pane, check the Primary private IPv4 IP and Secondary private IPv4 IPs fields for the primary private IPv4 address and any secondary private IPv4 addresses assigned to the network interface.

To view the private IPv4 addresses assigned to an instance

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Instances.

  3. Select the instance with private IPv4 addresses to view.

  4. On the Description tab in the details pane, check the Private IPs and Secondary private IPs fields for the primary private IPv4 address and any secondary private IPv4 addresses assigned to the instance through its network interface.

セカンダリプライベート IPv4 アドレスを割り当て解除する

セカンダリプライベート IPv4 アドレスが不要になった場合、インスタンスやネットワークインターフェイスから割り当て解除できます。セカンダリプライベート IPv4 アドレスをネットワークインターフェイスから割り当て解除した場合、Elastic IP アドレス (存在する場合) の関連付けも解除されます。

To unassign a secondary private IPv4 address from an instance

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Instances.

  3. Select an instance, choose Actions, Networking, Manage IP Addresses.

  4. Under IPv4 Addresses, choose Unassign for the IPv4 address to unassign.

  5. Choose Yes, Update.

To unassign a secondary private IPv4 address from a network interface

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Network Interfaces.

  3. Select the network interface, choose Actions, Manage IP Addresses.

  4. Under IPv4 Addresses, choose Unassign for the IPv4 address to unassign.

  5. Choose Yes, Update.

To unassign a secondary private IPv4 address using the command line

複数の IPv6 アドレスの使用

インスタンスに複数の IPv6 アドレスを割り当て、インスタンスに割り当てられている IPv6 アドレスを表示したり、インスタンスから IPv6 アドレスを割り当て解除したりできます。

複数の IPv6 アドレスを割り当てる

起動時または起動後のインスタンスに 1 つ以上の IPv6 アドレスを割り当てることができます。IPv6 アドレスをインスタンスに割り当てるには、インスタンスを起動した VPC およびサブネットに IPv6 CIDR ブロックが関連付けられている必要があります。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイド の「VPC とサブネット」を参照してください。

To assign multiple IPv6 addresses during launch

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. From the dashboard, choose Launch Instance.

  3. Select an AMI, choose an instance type, and choose Next: Configure Instance Details. Ensure that you choose an instance type that support IPv6. For more information, see インスタンスタイプ.

  4. On the Configure Instance Details page, select a VPC from the Network list, and a subnet from the Subnet list.

  5. In the Network Interfaces section, do the following, and then choose Next: Add Storage:

    • To assign a single IPv6 address to the primary network interface (eth0), under IPv6 IPs, choose Add IP. To add a secondary IPv6 address, choose Add IP again. You can enter an IPv6 address from the range of the subnet, or leave the default Auto-assign value to let Amazon choose an IPv6 address from the subnet for you.

    • Choose Add Device to add another network interface and repeat the steps above to add one or more IPv6 addresses to the network interface. The console enables you to specify up to two network interfaces when you launch an instance. After you launch the instance, choose Network Interfaces in the navigation pane to add additional network interfaces. The total number of network interfaces that you can attach varies by instance type. For more information, see 各インスタンスタイプのネットワークインターフェイスあたりの IP アドレス数.

  6. Follow the next steps in the wizard to attach volumes and tag your instance.

  7. On the Configure Security Group page, select an existing security group or create a new one. If you want your instance to be reachable over IPv6, ensure that your security group has rules that allow access from IPv6 addresses. For more information, see セキュリティグループのルールのリファレンス. Choose Review and Launch.

  8. On the Review Instance Launch page, review your settings, and then choose Launch to choose a key pair and launch your instance. If you're new to Amazon EC2 and haven't created any key pairs, the wizard prompts you to create one.

Amazon EC2 コンソールの [Instances] 画面を使用して、既存のインスタンスに複数の IPv6 アドレスを割り当てることができます。IPv6 アドレスは、インスタンスのプライマリネットワークインターフェイス (eth0) に割り当てられます。IPv6 アドレスをインタンスに割り当てるには、IPv6 アドレスが別のインスタンスやネットワークインターフェイスにまだ割り当てられていないことを確認します。

To assign multiple IPv6 addresses to an existing instance

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Instances.

  3. Select your instance, choose Actions, Manage IP Addresses.

  4. Under IPv6 Addresses, choose Assign new IP for each IPv6 address you want to add. You can specify an IPv6 address from the range of the subnet, or leave the Auto-assign value to let Amazon choose an IPv6 address for you.

  5. Choose Yes, Update.

また、既存のネットワークインターフェイスに複数の IPv6 アドレスを割り当てることができます。そのネットワークインターフェイスは、IPv6 CIDR ブロックが関連付けられているサブネットで作成されている必要があります。特定の IPv6 アドレスをネットワークインターフェイスに割り当てるには、その IPv6 アドレスが別のネットワークインターフェイスにまだ割り当てられていないことを確認します。

To assign multiple IPv6 addresses to a network interface

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Network Interfaces.

  3. Select your network interface, choose Actions, Manage IP Addresses.

  4. Under IPv6 Addresses, choose Assign new IP for each IPv6 address you want to add. You can specify an IPv6 address from the range of the subnet, or leave the Auto-assign value to let Amazon choose an IPv6 address for you.

  5. Choose Yes, Update.

CLI の概要

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

  • 起動時に IPv6 アドレスを割り当てる:

    • run-instances コマンド (AWS CLI) で、--ipv6-addresses または --ipv6-address-count オプションを使用する

    • -NetworkInterface を定義し、New-EC2Instance コマンド (AWS Tools for Windows PowerShell) で、Ipv6Addresses パラメータまたは Ipv6AddressCount パラメータを指定する

  • IPv6 アドレスをネットワークインターフェイスに割り当てる:

IPv6 アドレスを確認する

インスタンスまたはネットワークインターフェイスの IPv6 アドレスを確認できます。

To view the IPv6 addresses assigned to an instance

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Instances.

  3. Select your instance. In the details pane, review the IPv6 IPs field.

To view the IPv6 addresses assigned to a network interface

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Network Interfaces.

  3. Select your network interface. In the details pane, review the IPv6 IPs field.

CLI の概要

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

IPv6 アドレスの割り当て解除

インスタンスのプライマリネットワークインターフェイスから IPv6 アドレスを割り当て解除できます。またはネットワークインターフェイスから IPv6 アドレスを割り当て解除できます。

To unassign an IPv6 address from an instance

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Instances.

  3. Select your instance, choose Actions, Manage IP Addresses.

  4. Under IPv6 Addresses, choose Unassign for the IPv6 address to unassign.

  5. Choose Yes, Update.

To unassign an IPv6 address from a network interface

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Network Interfaces.

  3. Select your network interface, choose Actions, Manage IP Addresses.

  4. Under IPv6 Addresses, choose Unassign for the IPv6 address to unassign.

  5. Choose Save.

CLI の概要

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。