メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

AMI 別に統計を集計する

統計の集計は、詳細モニタリングが有効化されているインスタンスに対して行うことができます。その場合、基本モニタリングを使用するインスタンスは含まれません。Amazon CloudWatch は、複数のリージョンをまたがってデータを集計することはできません。メトリクスは、リージョン間で完全に独立しています。

インスタンス全体で集約される統計を取得できるようになるには、1 分の期間でデータを提供する詳細モニタリング (有料) を有効にする必要があります。詳細については、「インスタンスの詳細モニタリングの有効化または無効化」を参照してください。

この例では、特定の Amazon Machine Image (AMI) を使用するすべてのインスタンスの平均 CPU 使用率を特定する方法を説明します。平均値は、1 日間、60 秒間隔の平均値です。

コンソールを使い、AMI 別の平均 CPU 使用率を表示するには

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで メトリクスを選択します。

  3. [EC2] 名前空間を選択し、次に [By Image (AMI) Id] を選択します。

  4. [CPUUtilization] メトリクスの行と特定の AMI を選択します。すると、その AMI のメトリクスがグラフとして表示されます。グラフに名前を付けるには、鉛筆アイコンを選択します。時間範囲を変更するには、事前定義済みの値を選択するか、[custom] を選択します。

  5. メトリクスの統計または期間を変更するには、[Graphed metrics] タブを選択します。列見出しまたは個々の値を選択し、次に異なる値を選択します。

特定のイメージ ID の平均 CPU 使用率を取得するには

以下のように get-metric-statistics コマンドを使用します。

Copy
aws cloudwatch get-metric-statistics --namespace AWS/EC2 --metric-name CPUUtilization --period 3600 \ --statistics Average --dimensions Name=ImageId,Value=ami-3c47a355 --start-time 2016-10-10T00:00:00 --end-time 2016-10-11T00:00:00

出力例を次に示します。それぞれの値は、指定した AMI を実行する EC2 インスタンスの平均 CPU 使用率 (%) を表します。

{
    "Datapoints": [
        {
            "Timestamp": "2016-10-10T07:00:00Z", 
            "Average": 0.041000000000000009, 
            "Unit": "Percent"
        }, 
        {
            "Timestamp": "2016-10-10T14:00:00Z", 
            "Average": 0.079579831932773085, 
            "Unit": "Percent"
        }, 
        {
            "Timestamp": "2016-10-10T06:00:00Z", 
            "Average": 0.036000000000000011, 
            "Unit": "Percent"
        }, 
        ...
    ], 
    "Label": "CPUUtilization"
}