メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

インスタンスがすぐに終了する場合の対処方法

インスタンスの起動後、そのステータスをチェックして、pending ステータスから running ステータス (terminated ステータスではなく) になったことを確認することをお勧めします。

インスタンスがすぐに終了する理由を次にいくつか示します。

  • EBS ボリューム制限に達した。ボリューム制限に関する情報を確認し、ボリューム制限を緩和するリクエストを送信するには、「Request to Increase the Amazon EBS Volume Limit」を参照してください。

  • EBS スナップショットが破損している。

  • インスタンスを起動するために使用した Instance Store-Backed AMI で、必要な部分 (image.part.xx ファイル) が見つからない。

インスタンスの終了理由の取得

Amazon EC2 コンソール、CLI、または API を使用して、インスタンスが終了した理由に関する情報を取得できます。

To get the reason that an instance terminated using the console

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Instances, and select your instance.

  3. In the Description tab, locate the reason next to the label State transition reason. If the instance is still running, there's typically no reason listed. If you've explicitly stopped or terminated the instance, the reason is User initiated shutdown.

To get the reason that an instance terminated using the command line

  1. Use the describe-instances command:

    Copy
    aws ec2 describe-instances --instance-id instance_id
  2. In the JSON response that's displayed, locate the StateReason element. It looks similar to the following example.

    "StateReason": {
      "Message": "Client.UserInitiatedShutdown: User initiated shutdown", 
      "Code": "Client.UserInitiatedShutdown"
    },

    This example response shows the reason code that you'll see after you stop or terminate a running instance. If the instance terminated immediately, you'll see code and message elements that describe the reason that the instance terminated (for example, VolumeLimitExceeded).

このページの内容: