メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

リポジトリの追加

デフォルトで、Amazon Linux インスタンスは、amzn-mainamzn-updates の 2 つのリポジトリを有効にして起動します。これらのリポジトリには、Amazon Web Services が更新するさまざまなパッケージがありますが、別のリポジトリに含まれるパッケージをインストールしたい場合があるかもしれません。

重要

これらの手順は Amazon Linux で使用するためのものです。その他のディストリビューションの詳細については、各ドキュメントを参照してください。

yum で異なるリポジトリからパッケージをインストールには、/etc/yum.conf ファイル、または /etc/yum.repos.d ディレクトリにあるお客様の repository.repo ファイルに、リポジトリ情報を追加する必要があります。これは手動で行えますが、ほとんどの yum リポジトリのリポジトリ URL で、独自の repository.repo ファイルが提供されています。

既にインストールされている yum レポジトリを調べるには

  • 次のコマンドで、インストール済みの yum リポジトリを表示します。

    Copy
    [ec2-user ~]$ yum repolist all

    生成される出力には、インストール済みのリポジトリが一覧表示され、それぞれのステータスが報告されます。有効なリポジトリには、そこに含まれているパッケージの数が表示されます。

    repo id                             repo name                                                                status
    !amzn-main/latest                   amzn-main-Base                                                           enabled: 5,612
    amzn-main-debuginfo/latest          amzn-main-debuginfo                                                      disabled
    amzn-main-source/latest             amzn-main-source                                                         disabled
    amzn-nosrc/latest                   amzn-nosrc-Base                                                          disabled
    amzn-preview/latest                 amzn-preview-Base                                                        disabled
    amzn-preview-debuginfo/latest       amzn-preview-debuginfo                                                   disabled
    amzn-preview-source/latest          amzn-preview-source                                                      disabled
    !amzn-updates/latest                amzn-updates-Base                                                        enabled: 1,152
    amzn-updates-debuginfo/latest       amzn-updates-debuginfo                                                   disabled
    amzn-updates-source/latest          amzn-updates-source                                                      disabled
    epel/x86_64                         Extra Packages for Enterprise Linux 6 - x86_64                           disabled
    epel-debuginfo/x86_64               Extra Packages for Enterprise Linux 6 - x86_64 - Debug                   disabled
    epel-source/x86_64                  Extra Packages for Enterprise Linux 6 - x86_64 - Source                  disabled
    epel-testing/x86_64                 Extra Packages for Enterprise Linux 6 - Testing - x86_64                 disabled
    epel-testing-debuginfo/x86_64       Extra Packages for Enterprise Linux 6 - Testing - x86_64 - Debug         disabled
    epel-testing-source/x86_64          Extra Packages for Enterprise Linux 6 - Testing - x86_64 - Source        disabled 

yum リポジトリを /etc/yum.repos.d に追加するには

  1. .repo ファイルの場所を見つけます。場所は、追加しているリポジトリによって異なります。この例では、.repo ファイルは、https://www.example.com/repository.repo にあります。

  2. yum-config-manager コマンドでリポジトリを追加します。

    Copy
    [ec2-user ~]$ sudo yum-config-manager --add-repo https://www.example.com/repository.repo Loaded plugins: priorities, update-motd, upgrade-helper adding repo from: https://www.example.com/repository.repo grabbing file https://www.example.com/repository.repo to /etc/yum.repos.d/repository.repo repository.repo | 4.0 kB 00:00 repo saved to /etc/yum.repos.d/repository.repo

リポジトリをインストールしたら、次の手順で説明するように有効にする必要があります。

yum リポジトリを /etc/yum.repos.d で有効にするには

  • --enable repository フラグを有効にして、yum-config-manager コマンドを使用します。次のコマンドを使用すると、Fedora プロジェクトの Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) リポジトリが有効になります。デフォルトでは、このリポジトリは Amazon Linux インスタンスの /etc/yum.repos.d にありますが、有効になっていません。

    Copy
    [ec2-user ~]$ sudo yum-config-manager --enable epel

注記

他のディストリビューションの EPEL リポジトリ (Red Hat や CentOS など) を有効にする方法については、EPEL ドキュメント (https://fedoraproject.org/wiki/EPEL) を参照してください。