メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

AMI ツールリファレンス

AMI ツールコマンドを使用して、Instance Store-Backed Linux AMI を作成および管理できます。ツールをセットアップする方法は、「AMI ツールを設定する」を参照してください。

アクセスキーの詳細については、「AWS アクセスキーを管理するためのベストプラクティス」を参照してください。

ec2-ami-tools-version

説明

AMI ツールのバージョンについて説明します。

構文

ec2-ami-tools-version

出力

バージョン情報。

このコマンド例では、使用中の AMI ツールのバージョン情報を表示します。

Copy
[ec2-user ~]$ ec2-ami-tools-version 1.5.2 20071010

ec2-bundle-image

説明

ループバックファイル内に作成されるオペレーティングシステムイメージから instance store-backed Linux AMI を作成します。

構文

ec2-bundle-image -c path -k path -u account -i path [-d path] [--ec2cert path] [-r architecture] [--productcodes code1,code2,...] [-B mapping] [-p prefix]

オプション

-c, --cert パス

ユーザーの PEM エンコード RSA パブリックキー証明書ファイル。

必須: はい

-k, --privatekey パス

PEM エンコードされる RSA キーファイルへのパス。このバンドルをバンドル解除するには、このキーを指定する必要があるため、安全な場所に保管してください。このキーは AWS アカウントに登録されている必要はありません。

必須: はい

-u, --user アカウント

ダッシュのない、ユーザーの AWS アカウント ID。

必須: はい

-i, --image パス

バンドルするイメージへのパス。

必須: はい

-d, --destination パス

バンドルを作成するディレクトリ。

デフォルト: /tmp

必須: いいえ

--ec2cert パス

イメージマニフェストの暗号化に使用される Amazon EC2 X.509 パブリックキー証明書へのパス。

us-gov-west-1 および cn-north-1 リージョンではデフォルト以外のパブリックキー証明書を使用し、その証明書へのパスは、このオプションで指定する必要があります。証明書へのパスは、AMI ツールのインストール方法によって異なります。Amazon Linux の場合、証明書の場所は /opt/aws/amitools/ec2/etc/ec2/amitools/ です。「AMI ツールを設定する」の RPM または ZIP ファイルから AMI ツールをインストールした場合、証明書の場所は $EC2_AMITOOL_HOME/etc/ec2/amitools/ です。

必須: us-gov-west-1 および cn-north-1 リージョンのみ。

-r, --arch architecture

イメージアーキテクチャ。コマンドラインでアーキテクチャを指定しない場合、バンドルの開始時に入力を求められます。

有効な値: i386 | x86_64

必須: いいえ

--productcodes code1、code2、…

登録時にイメージにアタッチする、カンマ区切りの製品コード。

必須: いいえ

-B, --block-device-mapping マッピングを

インスタンスタイプが指定されたデバイスをサポートする場合に、この AMI のインスタンスにブロックデバイスを公開する方法を定義します。

キーと値のペアのカンマ区切りのペアを指定します。名キーは仮想名であり、各値は対応するデバイス名です。仮想名には以下が含まれています。

  • ami – インスタンスによって判断されるルートファイルシステムデバイス

  • root – カーネルによって判断されるルートファイルシステムデバイス

  • swap – インスタンスによって判断されるスワップデバイス

  • ephemeralN – N 番目のインスタンスストアボリューム

必須: いいえ

-p, --prefix プレフィックス

バンドル済み AMI ファイルのファイル名プレフィックス。

デフォルト: イメージファイルの名前。たとえば、イメージパスが /var/spool/my-image/version-2/debian.img である場合、デフォルトのプレフィックスは debian.img です。

必須: いいえ

--kernel kernel_id

廃止. カーネルを設定するには、register-image を使用します。

必須: いいえ

--ramdisk ramdisk_id

廃止. 必要に応じて、register-image を使用して RAM ディスクを設定します。

必須: いいえ

出力

バンドルプロセスのステージとステータスを記述するステータスメッセージ。

この例は、ループバックファイルで作成されたオペレーティングシステムイメージから、バンドルされた AMI を作成します。

Copy
[ec2-user ~]$ ec2-bundle-image -k pk-HKZYKTAIG2ECMXYIBH3HXV4ZBEXAMPLE.pem -c cert-HKZYKTAIG2ECMXYIBH3HXV4ZBEXAMPLE.pem -u 111122223333 -i image.img -d bundled/ -r x86_64 Please specify a value for arch [i386]: Bundling image file... Splitting bundled/image.gz.crypt... Created image.part.00 Created image.part.01 Created image.part.02 Created image.part.03 Created image.part.04 Created image.part.05 Created image.part.06 Created image.part.07 Created image.part.08 Created image.part.09 Created image.part.10 Created image.part.11 Created image.part.12 Created image.part.13 Created image.part.14 Generating digests for each part... Digests generated. Creating bundle manifest... ec2-bundle-image complete.

ec2-bundle-vol

説明

インスタンスのルートデバイスボリュームを圧縮、暗号化、署名することで、instance store-backed Linux AMI を作成します。

Amazon EC2 はインスタンスから製品コード、カーネル設定、RAM ディスク設定、およびブロックデバイスマッピングを継承しようとします。

デフォルトでは、バンドルプロセスで機密情報を含んでいる可能性があるファイルを除外します。ファイルには、*.sw*.swo*.swp*.pem*.priv*id_rsa**id_dsa**.gpg*.jks*/.ssh/authorized_keys*/.bash_history などがあります。これらのファイルをすべて含めるには、--no-filter オプションを使用します。これらのファイルの一部を含めるには、--include オプションを使用します。

詳細については、「Instance Store-Backed Linux AMI の作成」を参照してください。

構文

ec2-bundle-vol -c path -k path -u account [-d path] [--ec2cert path] [-r architecture] [--productcodes code1,code2,...] [-B mapping] [--all] [-e directory1,directory2,...] [-i file1,file2,...] [--no-filter] [-p prefix] [-s size] [--[no-]inherit] [-v volume] [-P type] [-S script] [--fstab path] [--generate-fstab] [--grub-config path]

オプション

-c, --cert パス

ユーザーの PEM エンコード RSA パブリックキー証明書ファイル。

必須: はい

-k, --privatekey パス

ユーザーの PEM エンコード RSA キーファイルへのパス。

必須: はい

-u, --user アカウント

ダッシュのない、ユーザーの AWS アカウント ID。

必須: はい

-d, --destination destination

バンドルを作成するディレクトリ。

デフォルト: /tmp

必須: いいえ

--ec2cert パス

イメージマニフェストの暗号化に使用される Amazon EC2 X.509 パブリックキー証明書へのパス。

us-gov-west-1 および cn-north-1 リージョンではデフォルト以外のパブリックキー証明書を使用し、その証明書へのパスは、このオプションで指定する必要があります。証明書へのパスは、AMI ツールのインストール方法によって異なります。Amazon Linux の場合、証明書の場所は /opt/aws/amitools/ec2/etc/ec2/amitools/ です。「AMI ツールを設定する」の RPM または ZIP ファイルから AMI ツールをインストールした場合、証明書の場所は $EC2_AMITOOL_HOME/etc/ec2/amitools/ です。

必須: us-gov-west-1 および cn-north-1 リージョンのみ。

-r, --arch architecture

イメージアーキテクチャ。コマンドラインでこれを指定しない場合、バンドルの開始時に入力を求められます。

有効な値: i386 | x86_64

必須: いいえ

--productcodes code1、code2、…

登録時にイメージにアタッチする、カンマ区切りの製品コード。

必須: いいえ

-B, --block-device-mapping マッピングを

インスタンスタイプが指定されたデバイスをサポートする場合に、この AMI のインスタンスにブロックデバイスを公開する方法を定義します。

キーと値のペアのカンマ区切りのペアを指定します。名キーは仮想名であり、各値は対応するデバイス名です。仮想名には以下が含まれています。

  • ami – インスタンスによって判断されるルートファイルシステムデバイス

  • root – カーネルによって判断されるルートファイルシステムデバイス

  • swap – インスタンスによって判断されるスワップデバイス

  • ephemeralN – N 番目のインスタンスストアボリューム

必須: いいえ

-a, --all

リモートでマウントされたファイルシステムのディレクトリを含めて、すべてのディレクトリをバンドルします。

必須: いいえ

-e, --exclude directory1、directory2、…

バンドルオペレーションから除外する絶対ディレクトリパスとファイルのリスト。このパラメータは --all オプションを上書きします。除外を指定すると、パラメータとともにリストされたディレクトリとサブディレクトリは、ボリュームにバンドルされません。

必須: いいえ

-i, --include file1、file2、…

バンドルオペレーションに含めるファイルのリスト。指定されたファイルは、それ以外の場合は AMI から除外されます。これは、機密情報が含まれる可能性があるためです。

必須: いいえ

--no-filter

指定した場合、AMI からファイルは除外されません。これは、機密情報が含まれる可能性があるためです。

必須: いいえ

-p, --prefix プレフィックス

バンドル済み AMI ファイルのファイル名プレフィックス。

デフォルト: image

必須: いいえ

-s, --size size

作成するイメージファイルの MB (1024 * 1024 バイト) 単位のサイズ。最大サイズは 10240 MB です。

デフォルト: 10240

必須: いいえ

--[no-]inherit

イメージがインスタンスのメタデータを継承するかどうかを示します (デフォルトでは継承します)。--inherit を有効にし、インスタンスメタデータにアクセスできない場合、バンドルは失敗します。

必須: いいえ

-v, --volume ボリューム

バンドルを作成する、マウントされたボリュームへの絶対パス。

デフォルト: ルートディレクトリ (/)。

必須: いいえ

-P, --partition type

ディスクイメージでパーティションテーブルを使用するかどうかを示します。パーティションテーブルタイプを指定しない場合、デフォルトでは、該当する場合はボリュームの親ブロックデバイスで使用されるタイプになります。それ以外の場合、デフォルトは gpt です。

有効な値: mbr | gpt | none

必須: いいえ

-S, --script script

バンドルの直前に実行するカスタマイズスクリプト。スクリプトでは単一の引数である、ボリュームのマウントポイントが予期されます。

必須: いいえ

--fstab パス

イメージにバンドルする fstab へのパス。これを指定しない場合、Amazon EC2 は /etc/fstab をバンドルします。

必須: いいえ

--generate-fstab

Amazon EC2 で提供される fstab を使用してボリュームをバンドルします。

必須: いいえ

--grub-config

イメージにバンドルする別の grub 設定ファイルへのパス。デフォルトでは、ec2-bundle-vol/boot/grub/menu.lst または /boot/grub/grub.conf が、クローンされたイメージ上に存在することを想定します。このオプションにより、別の grub 設定ファイルへのパスを指定することができ、このファイルはデフォルトに上書きしてコピーされます (存在する場合)。

必須: いいえ

--kernel kernel_id

廃止. カーネルを設定するには、register-image を使用します。

必須: いいえ

--ramdiskramdisk_id

廃止. 必要に応じて、register-image を使用して RAM ディスクを設定します。

必須: いいえ

出力

バンドルのステージとステータスを説明するステータスメッセージ。

この例では、ローカルマシンのルートファイルシステムのスナップショットを圧縮、暗号化、署名することで、バンドルされた AMI を作成します。

Copy
[ec2-user ~]$ ec2-bundle-vol -d /mnt -k pk-HKZYKTAIG2ECMXYIBH3HXV4ZBEXAMPLE.pem -c cert-HKZYKTAIG2ECMXYIBH3HXV4ZBEXAMPLE.pem -u 111122223333 -r x86_64 Copying / into the image file /mnt/image... Excluding: sys dev/shm proc dev/pts proc/sys/fs/binfmt_misc dev media mnt proc sys tmp/image mnt/img-mnt 1+0 records in 1+0 records out mke2fs 1.38 (30-Jun-2005) warning: 256 blocks unused. Splitting /mnt/image.gz.crypt... Created image.part.00 Created image.part.01 Created image.part.02 Created image.part.03 ... Created image.part.22 Created image.part.23 Generating digests for each part... Digests generated. Creating bundle manifest... Bundle Volume complete.

ec2-delete-bundle

説明

Amazon S3 ストレージから、指定されたバンドルを削除します。バンドルを削除した後で、対応する AMI からインスタンスを起動することはできません。

構文

ec2-delete-bundle -b bucket -a access_key_id -s secret_access_key [-t token] [--url url] [--region region] [--sigv version] [-m path] [-p prefix] [--clear] [--retry] [-y]

オプション

-b, --bucket bucket

バンドルされた AMI に続いてオプションの '/' 区切りパスプレフィックスを含む Amazon S3 バケットの名前

必須: はい

-a, --access-key access_key_id

AWS アクセスキー ID。

必須: はい

-s, --secret-key secret_access_key

AWS シークレットアクセスキー。

必須: はい

-t, --delegation-token token

AWS リクエストに渡す委任トークン。詳細については、「一時的なセキュリティ認証情報の使用」を参照してください。

必須: 一時的なセキュリティ認証情報を使用している場合のみ。

デフォルト: AWS_DELEGATION_TOKEN 環境変数の値 (設定されている場合)。

--regionリージョン

リクエスト署名で使用するリージョン。

デフォルト: us-east-1

必須: 署名バージョン 4 を使用する場合は必須

--sigvversion

リクエストに署名するときに使用する署名バージョン。

有効な値: 2 | 4

デフォルト: 4

必須: いいえ

-m, --manifestパス

マニフェストファイルへのパス。

必須: --prefix または --manifest のどちらかを指定する必要があります。

-p, --prefix プレフィックス

バンドルされた AMI ファイル名プレフィックス。プレフィックス全体を指定します。たとえば、プレフィックスが image.img である場合は、-p image ではなく -p image.img を使用します。

必須: --prefix または --manifest のどちらかを指定する必要があります。

--clear

指定されたバンドルを削除した後で空の場合は、Amazon S3 バケットを削除します。

必須: いいえ

--retry

すべての Amazon S3 エラーで、オペレーションあたり最大 5 回まで自動的に再試行します。

必須: いいえ

-y, --yes

すべてのプロンプトへの答えが [yes] であると自動的に想定します。

必須: いいえ

出力

Amazon EC2 は、削除プロセスのステージとステータスを示すステータスメッセージを表示します。

この例では、Amazon S3 からバンドルを削除します。

Copy
[ec2-user ~]$ ec2-delete-bundle -b myawsbucket -a your_access_key_id -s your_secret_access_key Deleting files: myawsbucket/image.manifest.xml myawsbucket/image.part.00 myawsbucket/image.part.01 myawsbucket/image.part.02 myawsbucket/image.part.03 myawsbucket/image.part.04 myawsbucket/image.part.05 myawsbucket/image.part.06 Continue? [y/n] y Deleted myawsbucket/image.manifest.xml Deleted myawsbucket/image.part.00 Deleted myawsbucket/image.part.01 Deleted myawsbucket/image.part.02 Deleted myawsbucket/image.part.03 Deleted myawsbucket/image.part.04 Deleted myawsbucket/image.part.05 Deleted myawsbucket/image.part.06 ec2-delete-bundle complete.

ec2-download-bundle

説明

指定された instance store-backed Linux AMI を Amazon S3 ストレージからダウンロードします。

構文

ec2-download-bundle -b bucket -a access_key_id -s secret_access_key -k path [--url url] [--region region] [--sigv version] [-m file] [-p prefix] [-d directory] [--retry]

オプション

-b, --bucket bucket

バンドルが存在する Amazon S3 バケットの名前。この後に、オプションで '/' 区切りのパスプレフィックスが続きます。

必須: はい

-a, --access-key access_key_id

AWS アクセスキー ID。

必須: はい

-s, --secret-key secret_access_key

AWS シークレットアクセスキー。

必須: はい

-k, --privatekey パス

マニフェストの復号に使用されるプライベートキー。

必須: はい

--url url

Amazon S3 サービスの URL。

デフォルト: https://s3.amazonaws.com/

必須: いいえ

--region リージョン

リクエスト署名で使用するリージョン。

デフォルト: us-east-1

必須: 署名バージョン 4 を使用する場合は必須

--sigv version

リクエストに署名するときに使用する署名バージョン。

有効な値: 2 | 4

デフォルト: 4

必須: いいえ

-m, --manifest file

マニフェストファイル名 (パスなし)。マニフェスト (-m) またはプレフィックス (-p) を指定することをお勧めします。

必須: いいえ

-p, --prefix プレフィックス

バンドル済み AMI ファイルのファイル名プレフィックス。

デフォルト: image

必須: いいえ

-d, --directory directory

ダウンロードしたバンドルが保存されているディレクトリ。ディレクトリが存在している必要があります。

デフォルト: 現在の作業ディレクトリ。

必須: いいえ

--retry

すべての Amazon S3 エラーで、オペレーションあたり最大 5 回まで自動的に再試行します。

必須: いいえ

出力

ダウンロードプロセスの多様な段階ステータスを示すメッセージが表示されます。

この例では、bundled ディレクトリを作成 (Linux mkdir コマンドを使用) し、myawsbucket Amazon S3 バケットからバンドルをダウンロードします。

Copy
[ec2-user ~]$ mkdir bundled [ec2-user ~]$ ec2-download-bundle -b myawsbucket/bundles/bundle_name -m image.manifest.xml -a your_access_key_id -s your_secret_access_key -k pk-HKZYKTAIG2ECMXYIBH3HXV4ZBEXAMPLE.pem -d mybundle Downloading manifest image.manifest.xml from myawsbucket to mybundle/image.manifest.xml ... Downloading part image.part.00 from myawsbucket/bundles/bundle_name to mybundle/image.part.00 ... Downloaded image.part.00 from myawsbucket Downloading part image.part.01 from myawsbucket/bundles/bundle_name to mybundle/image.part.01 ... Downloaded image.part.01 from myawsbucket Downloading part image.part.02 from myawsbucket/bundles/bundle_name to mybundle/image.part.02 ... Downloaded image.part.02 from myawsbucket Downloading part image.part.03 from myawsbucket/bundles/bundle_name to mybundle/image.part.03 ... Downloaded image.part.03 from myawsbucket Downloading part image.part.04 from myawsbucket/bundles/bundle_name to mybundle/image.part.04 ... Downloaded image.part.04 from myawsbucket Downloading part image.part.05 from myawsbucket/bundles/bundle_name to mybundle/image.part.05 ... Downloaded image.part.05 from myawsbucket Downloading part image.part.06 from myawsbucket/bundles/bundle_name to mybundle/image.part.06 ... Downloaded image.part.06 from myawsbucket

ec2-migrate-manifest

説明

別のリージョンをサポートするよう instance store-backed Linux AMI (たとえば、証明書、カーネル、RAM ディスク) を変更します。

構文

ec2-migrate-manifest -c path -k path -m path {(-a access_key_id -s secret_access_key --region region) | (--no-mapping)} [--ec2cert ec2_cert_path] [--kernel kernel-id] [--ramdisk ramdisk_id]

オプション

-c, --cert パス

ユーザーの PEM エンコード RSA パブリックキー証明書ファイル。

必須: はい

-k, --privatekey パス

ユーザーの PEM エンコード RSA キーファイルへのパス。

必須: はい

--manifest パス

マニフェストファイルへのパス。

必須: はい

-a, --access-key access_key_id

AWS アクセスキー ID。

必須: 自動マッピングを使用する場合は必須です。

-s, --secret-key secret_access_key

AWS シークレットアクセスキー。

必須: 自動マッピングを使用する場合は必須です。

--region リージョン

マッピングファイル内で検索するリージョン。

必須: 自動マッピングを使用する場合は必須です。

--no-mapping

カーネルと RAM ディスクの自動マッピングを無効にします。

移行中、Amazon EC2 は、コピー先リージョン用に設計されたカーネルと RAM ディスクで、マニフェストファイルのカーネルと RAM ディスクを置き換えます。--no-mapping パラメータを指定しない場合、ec2-migrate-bundleDescribeRegions および DescribeImages オペレーションを使用して、自動化されたマッピングを実行します。

必須: 自動マッピングに使用される -a-s、および --region オプションを指定しない場合は必須です。

--ec2cert パス

イメージマニフェストの暗号化に使用される Amazon EC2 X.509 パブリックキー証明書へのパス。

us-gov-west-1 および cn-north-1 リージョンではデフォルト以外のパブリックキー証明書を使用し、その証明書へのパスは、このオプションで指定する必要があります。証明書へのパスは、AMI ツールのインストール方法によって異なります。Amazon Linux の場合、証明書の場所は /opt/aws/amitools/ec2/etc/ec2/amitools/ です。「AMI ツールを設定する」の ZIP ファイルから AMI ツールをインストールした場合、証明書の場所は $EC2_AMITOOL_HOME/etc/ec2/amitools/ です。

必須: us-gov-west-1 および cn-north-1 リージョンのみ。

--kernel kernel_id

選択するカーネルの ID。

重要

カーネルと RAM ディスクではなく PV-GRUB を使用することをお勧めします。詳細については、「Enabling Your Own Linux Kernels」を参照してください。

必須: いいえ

--ramdisk ramdisk_id

選択する RAM ディスクの ID。

重要

カーネルと RAM ディスクではなく PV-GRUB を使用することをお勧めします。詳細については、「Enabling Your Own Linux Kernels」を参照してください。

必須: いいえ

出力

バンドルプロセスのステージとステータスを記述するステータスメッセージ。

この例では、my-ami.manifest.xml マニフェストで指定された AMI を米国から欧州にコピーします。

Copy
[ec2-user ~]$ ec2-migrate-manifest --manifest my-ami.manifest.xml --cert cert-HKZYKTAIG2ECMXYIBH3HXV4ZBZQ55CLO.pem --privatekey pk-HKZYKTAIG2ECMXYIBH3HXV4ZBZQ55CLO.pem --region eu-west-1 Backing up manifest... Successfully migrated my-ami.manifest.xml It is now suitable for use in eu-west-1.

ec2-unbundle

説明

instance store-backed Linux AMI からバンドルを再作成します。

構文

ec2-unbundle -k path -m path [-s source_directory] [-d destination_directory]

オプション

-k, --privatekey パス

PEM エンコードされる RSA キーファイルへのパス。

必須: はい

-m, --manifest パス

マニフェストファイルへのパス。

必須: はい

-s, --source source_directory

バンドル含むディレクトリ。

デフォルト: 現在のディレクトリ。

必須: いいえ

-d, --destination destination_directory

AMI をバンドル解除するディレクトリ。宛先ディレクトリが存在している必要があります。

デフォルト: 現在のディレクトリ。

必須: いいえ

この Linux および UNIX の例では、image.manifest.xml ファイルに指定された AMI をバンドル解除します。

Copy
[ec2-user ~]$ mkdir unbundled $ ec2-unbundle -m mybundle/image.manifest.xml -k pk-HKZYKTAIG2ECMXYIBH3HXV4ZBEXAMPLE.pem -s mybundle -d unbundled $ ls -l unbundled total 1025008 -rw-r--r-- 1 root root 1048578048 Aug 25 23:46 image.img

出力

バンドル解除プロセスの多様な段階ステータスを示すメッセージが表示されます。

ec2-upload-bundle

説明

instance store-backed Linux AMI のバンドルを Amazon S3 にアップロードし、アップロードされたオブジェクトで適切な ACL を設定します。詳細については、「Instance Store-Backed Linux AMI の作成」を参照してください。

構文

ec2-upload-bundle -b bucket -a access_key_id -s secret_access_key [-t token] -m path [--url url] [--region region] [--sigv version] [--acl acl] [-d directory] [--part part] [--retry] [--skipmanifest]

オプション

-b, --bucket bucket

バンドルを保存する Amazon S3 バケットの名前。その後にオプションで '/' 区切りのパスプレフィックスが続きます。バケットが存在しない場合、バケット名を使用できる場合はバケットが作成されます。

必須: はい

-a, --access-key access_key_id

AWS アクセスキー ID。

必須: はい

-s, --secret-key secret_access_key

お客様の AWS シークレットアクセスキー。

必須: はい

-t, --delegation-token token

AWS リクエストに渡す委任トークン。詳細については、「一時的なセキュリティ認証情報の使用」を参照してください。

必須: 一時的なセキュリティ認証情報を使用している場合のみ。

デフォルト: AWS_DELEGATION_TOKEN 環境変数の値 (設定されている場合)。

-m, --manifest パス

マニフェストファイルへのパス。マニフェストファイルはバンドルプロセス中に作成され、バンドルを含むディレクトリにあります。

必須: はい

--url url

廃止. バケットの場所が (eu-west-1 ではなく) EU に制約されない限り、代わりに --region オプションを使用します。--location フラグは、その特定の場所の制限を対象にする唯一の方法です。

Amazon S3 エンドポイントサービスの URL。

デフォルト: https://s3.amazonaws.com/

必須: いいえ

--region リージョン

宛先の S3 バケットに対してリクエスト署名で使用するリージョン。

  • バケットが存在せず、リージョンを指定しない場合、ツールは (us-east-1 で) 場所の制約のないバケットを作成します。

  • バケットが存在しない場合にリージョンを指定すると、ツールは、指定したリージョンでバケットを作成します。

  • バケットが存在し、リージョンを指定しない場合、ツールはバケットの場所を使用します。

  • バケットが存在し、リージョンとして us-east-1 を指定すると、ツールはエラーメッセージなしでバケットの実際の場所を使用し、一致する既存のファイルは上書きされます。

  • バケットが存在し、バケットの実際の場所に一致しない (us-east-1 以外の) リージョンを指定すると、ツールはエラーで終了します。

バケットが (EU ではなく) eu-west-1 の場所に制約されている場合は、代わりに --location フラグを使用します。--location フラグは、その特定の場所の制限を対象にする唯一の方法です。

デフォルト: us-east-1

必須: 署名バージョン 4 を使用する場合は必須

--sigv version

リクエストに署名するときに使用する署名バージョン。

有効な値: 2 | 4

デフォルト: 4

必須: いいえ

--acl acl

バンドルされたイメージのアクセスコントロールリストのポリシー。

有効な値: public-read | aws-exec-read

デフォルト: aws-exec-read

必須: いいえ

-d, --directory directory

バンドルされた AMI 部分を含むディレクトリ。

デフォルト: マニフェストファイルを含むディレクトリ (-m オプションを参照)。

必須: いいえ

--part パート

指定された部分とそれ以降のすべての部分のアップロードを開始します。たとえば、--part 04 と指定します。

必須: いいえ

--retry

すべての Amazon S3 エラーで、オペレーションあたり最大 5 回まで自動的に再試行します。

必須: いいえ

--skipmanifest

マニフェストをアップロードしません。

必須: いいえ

--location location

廃止. バケットの場所が (eu-west-1 ではなく) EU に制約されない限り、代わりに --region オプションを使用します。--location フラグは、その特定の場所の制限を対象にする唯一の方法です。

宛先 Amazon S3 バケットの場所の制約。バケットが存在し、バケットの実際の場所に一致しない場所を指定する場合、ツールはエラーで終了します。バケットが存在し、場所を指定しない場合、ツールはバケットの場所を使用します。バケットが存在しない場合に場所を指定すると、ツールは、指定した場所でバケットを作成します。バケットが存在せず、場所を指定しない場合、ツールは (us-east-1 で) 場所の制約のないバケットを作成します。

デフォルト: --region が指定された場合、場所はその指定したリージョンに設定されます。--region を指定しない場合、場所はデフォルトで us-east-1 になります。

必須: いいえ

出力

Amazon EC2 は、アップロードプロセスのステージとステータスを示すステータスメッセージを表示します。

この例では、image.manifest.xml マニフェストで指定されたバンドルをアップロードします。

Copy
[ec2-user ~]$ ec2-upload-bundle -b myawsbucket/bundles/bundle_name -m image.manifest.xml -a your_access_key_id -s your_secret_access_key Creating bucket... Uploading bundled image parts to the S3 bucket myawsbucket ... Uploaded image.part.00 Uploaded image.part.01 Uploaded image.part.02 Uploaded image.part.03 Uploaded image.part.04 Uploaded image.part.05 Uploaded image.part.06 Uploaded image.part.07 Uploaded image.part.08 Uploaded image.part.09 Uploaded image.part.10 Uploaded image.part.11 Uploaded image.part.12 Uploaded image.part.13 Uploaded image.part.14 Uploading manifest ... Uploaded manifest. Bundle upload completed.

AMI ツール用の一般的なオプション

AMI ツールのほとんどで、以下の任意のパラメータを使用できます。

--help, -h

ヘルプメッセージを表示します。

--version

バージョンと著作権表記を表示します。

--manual

手動のエントリを表示します。

--batch

インタラクティブなプロンプトを制約するバッチモードで実行します。

--debug

問題のトラブルシューティング時に役立つ可能性がある情報を表示します。