メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

リザーブドインスタンス がどのように適用されるか

リザーブドインスタンス を購入し、リザーブドインスタンス の仕様と一致するインスタンスをすでに実行している場合、料金上の利点は即時適用されます。インスタンスを再起動する必要はありません。使用可能な実行中のインスタンスが存在しない場合、インスタンスを起動して、リザーブドインスタンス に指定した条件と一致していることを確認します。詳細については、「リザーブドインスタンス を使用する」を参照してください。

リザーブドインスタンス は、提供タイプ (スタンダードまたはコンバーティブル) に関係なく適用方法は同じであり、属性が一致する実行中のオンデマンドインスタンスに自動的に適用されます。

ゾーン リザーブドインスタンス がどのように適用されるか

特定のアベイラビリティーゾーンに割り当てられた リザーブドインスタンス では、そのアベイラビリティーゾーンの一致するインスタンスの使用に対してリザーブドインスタンス割引が適用されます。たとえば、us-east-1a のアベイラビリティーゾーンで、デフォルトテナンシーの c4.xlarge Linux/Unix スタンダードリザーブドインスタンスを 2 つ購入すると、us-east-1a のアベイラビリティーゾーンで実行している 2 つまでのデフォルトテナンシーの c4.xlarge Linux/Unix インスタンスで リザーブドインスタンス 割引を利用できます。実行中のインスタンスの仕様 (テナンシー、プラットフォーム、アベイラビリティーゾーン、インスタンスタイプ、およびインスタンスサイズ) は、リザーブドインスタンス の仕様と一致する必要があります。

リージョン リザーブドインスタンス がどのように適用されるか

リージョンに購入された リザーブドインスタンス (リージョン リザーブドインスタンス) はアベイラビリティゾーンの柔軟性を提供します— リザーブドインスタンス 割引は、このリージョン内のすべてのアベイラビリティゾーンのインスタンス使用に適用されます。

デフォルトテナンシーの Linux/Unix プラットフォームでのリージョン リザーブドインスタンス もまたインスタンスサイズの柔軟性を提供し、リザーブドインスタンス 割引は、サイズを問わず、そのインスタンスタイプのインスタンス使用に適用されます。

注記

インスタンスサイズの柔軟性は、特定のアベイラビリティゾーンに購入された リザーブドインスタンス には適用されず、また、Windows、Windows with SQL Standard、Windows with SQL Server Enterprise、Windows with SQL Server Web、RHEL、および SLES リザーブドインスタンス には適用されません。

インスタンスサイズの柔軟性は、インスタンスサイズの正規化係数によって決定されます。割引は、予約したインスタンスサイズによって、同じインスタンスタイプの実行しているインスタンスに完全、または部分的に適用されます。この場合、一致する必要がある属性はインスタンスタイプ、テナンシー、プラットフォームのみです。

以下の表は、インスタンスタイプ内のさまざまなサイズおよび対応する 1 時間ごとの正規化係数の一覧です。このスケールは、リザーブドインスタンス の割引料金がインスタンスタイプの正規化された使用に適用するために使用されます。

インスタンスサイズ 正規化係数

nano

0.25

micro

0.5

small

1

medium

2

large

4

xlarge

8

2xlarge

16

4xlarge

32

8xlarge

64

9xlarge

72

10xlarge

80

16xlarge

128

18xlarge

144

32xlarge

256

たとえば、t2.medium インスタンスには 2 の正規化係数があります。米国東部(バージニア北部) でt2.medium デフォルトテナンシー Amazon Linux/Unix リザーブドインスタンスを購入し、このリージョンのアカウントで 2 つの t2.small インスタンスを実行している場合、料金上の利点はどちらのインスタンスにも完全に適用されます。

 リージョン リザーブドインスタンス の適用

または、米国東部(バージニア北部) リージョンのアカウントで実行している 1 つの t2.large インスタンスがある場合、料金上の利点はこのインスタンスの使用の 50% に適用されます。

 リージョン リザーブドインスタンス の適用

注記

正規化係数は、リザーブドインスタンス の変更時にも適用されます。詳細については、「リザーブドインスタンス の変更」を参照してください。

リザーブドインスタンス の適用例

リザーブドインスタンス の適用方法を以下のシナリオで示します。

例 シナリオ 1: 単一アカウントの リザーブドインスタンス

アカウント A で以下のオンデマンドインスタンスを実行しているとします。

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 4 つのデフォルトテナンシーの m3.large Linux インスタンス

  • us-east-1b アベイラビリティーゾーンで 2 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Amazon Linux インスタンス

  • us-east-1c アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシーの c4.xlarge Amazon Linux インスタンス

アカウント A で以下の リザーブドインスタンス を購入するとします。

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 4 つのデフォルトテナンシーの m3.large Linux リザーブドインスタンス (キャパシティーの予約あり)

  • us-east-1 で 4 つのデフォルトテナンシーの m4.large Amazon Linux リザーブドインスタンス

  • us-east-1 で 1 つのデフォルトテナンシーの c4.large Amazon Linux リザーブドインスタンス

リザーブドインスタンス の利点は以下のように適用されます。

  • 4 つの m3.large リザーブドインスタンス の割引とキャパシティーの予約は、属性 (インスタンスサイズ、リージョン、プラットフォーム、テナンシー) が一致する 4 つの m3.large インスタンスによって使用されます。

  • m4.largeリザーブドインスタンス は、デフォルトテナンシーの Amazon Linux リザーブドインスタンス であるため、アベイラビリティーゾーンおよびインスタンスサイズの柔軟性を提供します。

    1 つの m4.large は、4 つの正規化された単位/時間に相当します。

    4 つの m4.large リザーブドインスタンス を購入したので、合計で 16 の正規化された単位/時間 (4x4) に相当します。アカウント A で実行している 2 つの m4.xlarge インスタンスは、16 の正規化された単位/時間 (2x8) に相当します。この場合、4 つの m4.large リザーブドインスタンス は、2 つの m4.xlarge インスタンスの使用時間全体に対して請求のメリットを提供します。

  • us-east-1 の c4.large リザーブドインスタンス は、デフォルトテナンシーの Amazon Linux リザーブドインスタンス であるため、アベイラビリティーゾーンおよびインスタンスサイズの柔軟性を提供し、c4.xlarge インスタンスに適用されます。c4.large インスタンスは 4 つの正規化された単位/時間に相当し、c4.xlarge インスタンスは 8 つの正規化された単位/時間に相当します。

    この場合、c4.large リザーブドインスタンス は、c4.xlarge インスタンスの使用の一部に対してメリットを提供します。これは、この c4.large リザーブドインスタンス は 4 つの正規化された単位/時間に相当しますが、c4.xlarge インスタンスは 8 つの正規化された単位/時間を必要とするためです。したがって、c4.large リザーブドインスタンス の請求割引は、c4.xlarge の使用の 50% に適用されます。c4.xlarge の残りの使用はオンデマンド料金で課金されます。

例 シナリオ 2: 連結アカウントのリージョン リザーブドインスタンス

リザーブドインスタンス は、最初に購入アカウント内の使用に適用され、次に組織内の他のアカウントの該当する使用に適用されます。詳細については、「リザーブドインスタンス および一括請求」を参照してください。サイズの柔軟性を提供するリザーブドインスタンスの場合、ファミリー内のインスタンスサイズに関係なく リザーブドインスタンス が適用されます。リザーブドインスタンスの割引は、AWS 請求システムで最初に検出された該当する使用に対して適用されます。次の例が、この説明に役立つ場合があります。

アカウント A (購入しているアカウント) で以下のオンデマンドインスタンスを実行しているとします。

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 2 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Linux インスタンス

  • us-east-1b アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシーの m4.2xlarge Linux インスタンス

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 2 つのデフォルトテナンシーの c4.xlarge Linux インスタンス

  • us-east-1b アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシーの c4.2xlarge Linux インスタンス

別のユーザーがアカウント B— 連結アカウントで以下のオンデマンドインスタンスを実行しています。

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 2 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Linux インスタンス

アカウント A で以下の リザーブドインスタンス を購入するとします。

  • us-east-1 アベイラビリティーゾーンで 4 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Linux リザーブドインスタンス

  • us-east-1 アベイラビリティーゾーンで 2 つのデフォルトテナンシーの c4.xlarge Linux リザーブドインスタンス

リザーブドインスタンス の利点は以下のように適用されます。

  • 4 つの m4.xlarge リザーブドインスタンス の割引は、アカウント A の 2 つの m4.xlarge インスタンスとアカウント A の 1 つの m4.2xlarge インスタンスで利用されます。3 つすべてのインスタンスは属性 (インスタンスファミリー、リージョン、プラットフォーム、テナンシー) が一致します。キャパシティーの予約はありません。

  • 2 つの c4.xlarge リザーブドインスタンス の割引は、属性 (インスタンスファミリー、リージョン、プラットフォーム、テナンシー) が一致する、2 つの c4.xlarge インスタンスまたは 1 つの c4.2xlarge インスタンスに適用されます。どちらに適用されるかは、どちらが請求システムで最初に使用が検出されるかによります。特定のインスタンスサイズが優先されることはありません。キャパシティーの予約はありません。

例 シナリオ 3: 連結アカウントのゾーン リザーブドインスタンス

通常、アカウントで所有されている リザーブドインスタンス が、そのアカウントでの使用に最初に適用されます。ただし、組織の他のアカウントに特定のアベイラビリティーゾーン (ゾーン リザーブドインスタンス) の未使用のリザーブドインスタンスがある場合は、これらがアカウントで所有されているリージョン リザーブドインスタンス より先に適用されます。これは、リザーブドインスタンスの使用率を最大限に高めて請求額を下げるための処置です。請求の目的では、組織内のすべてのアカウントが 1 つのアカウントとして扱われます。次の例が、この説明に役立つ場合があります。

アカウント A (購入しているアカウント) で以下のオンデマンドインスタンスを実行しているとします。

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Linux インスタンス

ユーザーが連結アカウント B で以下のオンデマンドインスタンスを実行しているとします。

  • us-east-1b アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Linux インスタンス

アカウント A で以下の リザーブドインスタンス を購入するとします。

  • us-east-1 アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Linux リザーブドインスタンス

ユーザーが連結アカウント C で以下の リザーブドインスタンス も購入するとします。

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシー リザーブドインスタンス の m4.xlarge Linux インスタンス

リザーブドインスタンス の利点は以下のように適用されます。

  • アカウント C で所有されている m4.xlarge リザーブドインスタンス の割引はアカウント A の m4.xlarge の使用に適用されます。

  • アカウント A で所有されている m4.xlarge リザーブドインスタンス の割引はアカウント B の m4.xlarge の使用に適用されます。

  • アカウント A で所有されている リザーブドインスタンス は、最初にアカウント A での使用に適用されます。アカウント C で所有されている リザーブドインスタンス は使用されず、アカウント B での使用はオンデマンド料金で課金されます。

詳細については、「リザーブドインスタンス in the Billing and Cost Management Report」を参照してください。