メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

請求メリットおよびお支払い方法

すべてのリザーブドインスタンスの料金は、オンデマンドインスタンスの料金から割引された額になります。アベイラビリティーゾーンに割り当てられたリザーブドインスタンスでは、キャパシティーが予約されます。キャパシティーの予約が不要な場合は、特定のリージョンのリザーブドインスタンス (リージョンリザーブドインスタンス) を購入できます。リージョンリザーブドインスタンスは、アベイラビリティーゾーンおよびインスタンスサイズの柔軟性を提供します。この柔軟性により、リザーブドインスタンスの割引料金を簡単に利用できます。

リザーブドインスタンスの適用

リザーブドインスタンスは、提供タイプ (スタンダードまたはコンバーティブル) に関係なく適用方法は同じであり、仕様 (テナンシーやプラットフォームなど) が一致する実行中のオンデマンドインスタンスに自動的に適用されます。特定のアベイラビリティーゾーンに割り当てられたリザーブドインスタンスでは、そのアベイラビリティーゾーンの一致するインスタンスの使用に対してリザーブドインスタンス割引が適用されます。

すべてのリージョンリザーブドインスタンスでは、アベイラビリティーゾーンの柔軟性を利用できます。これに加えて、デフォルトテナンシーが設定されている Linux/UNIX プラットフォームのリージョンリザーブドインスタンスでは、インスタンスサイズの柔軟性も利用できます。アベイラビリティーゾーンの柔軟性により、リージョン内のすべてのアベイラビリティーゾーンにおけるインスタンスの使用に対してリザーブドインスタンス割引が適用されます。インスタンスサイズの柔軟性により、インスタンスタイプ内のインスタンスの使用に対して、サイズを問わず、リザーブドインスタンス割引が適用されます。

注記

インスタンスサイズの柔軟性は、デフォルトテナンシーが設定されている Linux/Unix のリージョンリザーブドインスタンスに対してのみ提供されます。インスタンスサイズの柔軟性は、Windows、Windows with SQL Standard、Windows with SQL Server Enterprise、Windows with SQL Server Web、RHEL、および SLES リザーブドインスタンスには適用されません。

たとえば、us-east-1a のアベイラビリティーゾーンで、デフォルトテナンシーの c4.xlarge Linux/Unix スタンダードリザーブドインスタンスを 2 つ購入すると、us-east-1a のアベイラビリティーゾーンで実行している 2 つまでのデフォルトテナンシーの c4.xlarge Linux/Unix インスタンスでリザーブドインスタンス割引を利用できます。実行中のインスタンスの仕様 (テナンシー、プラットフォーム、アベイラビリティーゾーン、インスタンスタイプ、およびインスタンスサイズ) は、リザーブドインスタンスの仕様と一致する必要があります。

米国東部(バージニア北部) でデフォルトテナンシーの c4.xlarge Amazon Linux/Unix リザーブドインスタンスを 4 つ購入すると、米国東部(バージニア北部) のすべてのアベイラビリティーゾーンで、アカウントのあらゆるサイズの c4 インスタンスに対してリザーブドインスタンス割引が自動的に適用されます。この場合、一致する必要がある仕様はインスタンスタイプ、テナンシー、プラットフォームのみです。

以下の表は、インスタンスタイプ内のさまざまなサイズおよび対応する正規化係数の一覧です。インスタンスサイズの柔軟性では、このスケールを使用して、リザーブドインスタンスの割引料金がインスタンスタイプの正規化された使用に適用されます。

正規化係数は、スタンダードリザーブドインスタンスの変更時にも適用されます。詳細については、「スタンダードリザーブドインスタンスの変更」を参照してください。

インスタンス size 正規化係数

nano

0.25

micro

0.5

small

1

medium

2

large

4

xlarge

8

2xlarge

16

4xlarge

32

8xlarge

64

10xlarge

80

32xlarge

256

リザーブドインスタンスの適用方法

リザーブドインスタンスの適用方法を以下のシナリオで示します。

シナリオ 1

お客様は、アカウント A で以下のオンデマンドインスタンスを実行しています。

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 4 つのデフォルトテナンシーの m3.large Linux インスタンス

  • us-east-1b アベイラビリティーゾーンで 2 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Amazon Linux インスタンス

  • us-east-1c アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシーの c4.xlarge Amazon Linux インスタンス

お客様がアカウント A で以下のリザーブドインスタンスを購入するとします。

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 4 つのデフォルトテナンシーの m3.large Linux リザーブドインスタンス (キャパシティーの予約あり)

  • us-east-1 で 4 つのデフォルトテナンシーの m4.large Amazon Linux リザーブドインスタンス

  • us-east-1 で 1 つのデフォルトテナンシーの c4.large Amazon Linux リザーブドインスタンス

リザーブドインスタンスの利点は以下のように適用されます。

  • 4 つの m3.large リザーブドインスタンスの割引とキャパシティーの予約は、属性 (インスタンスサイズ、リージョン、プラットフォーム、テナンシー) が一致する 4 つの m3.large インスタンスによって使用されます。

  • m4.largeリザーブドインスタンスは、デフォルトテナンシーの Amazon Linux リザーブドインスタンスであるため、アベイラビリティーゾーンおよびインスタンスサイズの柔軟性を提供します。

    1 つの m4.large は、4 つの正規化された単位/時間に相当します。

    お客様は、4 つの m4.large リザーブドインスタンスを購入しているため、合計で 16 の正規化された単位/時間 (4x4) に相当します。アカウント A で実行している 2 つの m4.xlarge インスタンスは、16 の正規化された単位/時間 (2x8) に相当します。この場合、4 つの m4.large リザーブドインスタンスは、2 つの m4.xlarge インスタンスの使用時間全体に対して請求のメリットを提供します。

  • us-east-1 の c4.large リザーブドインスタンスは、デフォルトテナンシーの Amazon Linux リザーブドインスタンスであるため、アベイラビリティーゾーンおよびインスタンスサイズの柔軟性を提供し、c4.xlarge インスタンスに適用されます。c4.large インスタンスは 4 つの正規化された単位/時間に相当し、c4.xlarge インスタンスは 8 つの正規化された単位/時間に相当します。

    この場合、c4.large リザーブドインスタンスは、c4.xlarge インスタンスの使用の一部に対してメリットを提供します。これは、c4.large リザーブドインスタンスは 4 つの正規化された単位/時間に相当しますが、c4.xlarge インスタンスは 8 つの正規化された単位/時間に相当するためです。したがって、c4.large リザーブドインスタンスの請求割引は、c4.xlarge の使用の 50% に適用されます。c4.xlarge の残りの使用はオンデマンド料金で課金されます。

Linux/Unix のリージョンリザーブドインスタンスは、インスタンスファミリー内のリージョン、テナンシー、プラットフォームが一致するすべての使用に適用されます。リザーブドインスタンスは、最初に購入アカウント内の使用に適用され、次に組織内の他のアカウントの該当する使用に適用されます。サイズの柔軟性を提供するリザーブドインスタンスの場合、ファミリー内のインスタンスサイズに関係なくリザーブドインスタンスが適用されます。リザーブドインスタンスの割引は、AWS 請求システムで最初に検出された該当する使用に対して適用されます。次の例が、この説明に役立つ場合があります。

シナリオ 2

お客様は、アカウント A で以下のオンデマンドインスタンスを実行しています。

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 2 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Linux インスタンス

  • us-east-1b アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシーの m4.2xlarge Linux インスタンス

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 2 つのデフォルトテナンシーの c4.xlarge Linux インスタンス

  • us-east-1b アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシーの c4.2xlarge Linux インスタンス

お客様は、アカウント B (連結アカウント) で以下のオンデマンドインスタンスを実行しています。

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 2 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Linux インスタンス

お客様がアカウント A で以下のリザーブドインスタンスを購入するとします。

  • us-east-1 アベイラビリティーゾーンで 4 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Linux リザーブドインスタンス

  • us-east-1 アベイラビリティーゾーンで 2 つのデフォルトテナンシーの c4.xlarge Linux リザーブドインスタンス

リザーブドインスタンスの利点は以下のように適用されます。

  • 4 つの m4.xlarge リザーブドインスタンスの割引は、アカウント A の 2 つの m4.xlarge インスタンスとアカウント A の 1 つの m4.2xlarge インスタンスで利用されます。3 つすべてのインスタンスは属性 (インスタンスファミリー、リージョン、プラットフォーム、テナンシー) が一致します。キャパシティーの予約はありません。

  • 2 つの c4.xlarge リザーブドインスタンスの割引は、属性 (インスタンスファミリー、リージョン、プラットフォーム、テナンシー) が一致する、2 つの c4.xlarge インスタンスまたは 1 つの c4.2xlarge インスタンスに適用されます。どちらに適用されるかは、どちらが請求システムで最初に使用が検出されるかによります。特定のインスタンスサイズが優先されることはありません。キャパシティーの予約はありません。

通常、アカウントで所有されているリザーブドインスタンスが、そのアカウントでの使用に最初に適用されます。ただし、組織の他のアカウントに未使用の該当するゾーンリザーブドインスタンスがある場合は、これらがアカウントで所有されているリージョンリザーブドインスタンスより先に適用されます。これは、リザーブドインスタンスの使用率を最大限に高めて請求額を下げるための処置です。請求の目的では、組織内のすべてのアカウントが 1 つのアカウントとして扱われます。次の例が、この説明に役立つ場合があります。

シナリオ 3

お客様は、アカウント A で以下のインスタンスを実行しています。

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Linux インスタンス

お客様は、別の連結アカウント B で以下のインスタンスを実行しています。

  • us-east-1b アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Linux インスタンス

お客様がアカウント A で以下のリザーブドインスタンスを購入するとします。

  • us-east-1 アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Linux リザーブドインスタンス

お客様はアカウント C で以下のリザーブドインスタンスも購入するとします。

  • us-east-1a アベイラビリティーゾーンで 1 つのデフォルトテナンシーの m4.xlarge Linux リザーブドインスタンス

リザーブドインスタンスの利点は以下のように適用されます。

  • アカウント C で所有されている m4.xlarge リザーブドインスタンスの割引はアカウント A の m4.xlarge の使用に適用されます。

  • アカウント A で所有されている m4.xlarge リザーブドインスタンスの割引はアカウント B の m4.xlarge の使用に適用されます。

  • アカウント A で所有されているリザーブドインスタンスは、最初にアカウント A での使用に適用されます。アカウント C で所有されているリザーブドインスタンスは使用されず、アカウント B での使用はオンデマンド料金で課金されます。

詳細については、「Reserved Instances in the Billing and Cost Management Report」を参照してください。

リザーブドインスタンスの支払いオプションの選択

リザーブドインスタンスには 3 種類の支払いオプションがあります。

  • 前払いなし – 使用量にかかわらず、期間内のすべての時間は割引された時間料金で請求され、前払い料金は必要ありません。このオプションは、1 年契約のスタンダードリザーブドインスタンスと 3 年契約のコンバーティブルリザーブドインスタンスでのみ選択できます。

    注記

    前払いなしのリザーブドインスタンスは、予約の全期間について毎月支払いを行う契約義務に基づいています。そのため、前払いなしのリザーブドインスタンスを購入するアカウントには、問題のない請求履歴が必須となります。

  • 一部前払い – 料金の一部を前払いする必要があり、期間内の残りの時間は、使用量にかかわらず、割引された時間料金で請求されます。

  • すべて前払い – 期間の開始時に全額が支払われ、使用時間数に関係なく、残りの期間にその他のコストは生じません。

時間単位請求について

リザーブドインスタンスは、選択した期間内の 1 時間ごとに請求されます。インスタンスが実行中であるかどうかは関係しません。インスタンス状態ごとの違いと、その違いが請求時間に与える影響について理解しておくことは重要です。詳細については、「インスタンスのライフサイクル」を参照してください。

リザーブドインスタンス請求のメリットは、1 時間あたり 1 つのインスタンス時間にのみ適用されます。インスタンス時間は、インスタンスが起動されてから 60 分間継続したときか、インスタンスが停止または終了されたときのいずれか早い方に開始します。1 時間は、深夜 0 時から深夜 0 時まで動作する標準的な 24 時間時計と定義され、24 時間に分割されます (たとえば、1:00:00 ~ 1:59:59 が 1 時間です)。

新しいインスタンス時間は、インスタンスが連続する 60 分間実行された後、またはインスタンスが停止して起動された場合に開始します。インスタンスを再起動しても、実行中のインスタンス時間はリセットされません。

たとえば、1 時間の間にインスタンスが停止されて起動され、さらに 2 時間実行を継続した場合、最初の 1 時間 (再起動の前まで) が割引リザーブドインスタンス料金で課金されます。次のインスタンス時間 (再起動の後) は、オンデマンド料金で課金され、次に 2 インスタンス時間は割引リザーブドインスタンス料金で課金されます。

リザーブドインスタンスの使用率レポート セクションには、オンデマンドインスタンスを実行した場合と比較したコスト削減を図解するサンプルレポートがあります。リザーブドインスタンスについてのよくある質問には、表示価格の計算例があります。

リザーブドインスタンス割引料金範囲について

割引料金範囲が適用されると、そのアカウントは、以降、その範囲レベル内で行われるすべてのリザーブドインスタンス購入の前払い料金および時間単位使用料に対して、自動的に割引を受けます。割引を受けるためには、リージョンのリザーブドインスタンスの表示価格が 500,000 USD 以上である必要があります。

注記

料金範囲割引は現在、コンバーティブルリザーブドインスタンスの購入には適用されません。

リザーブドインスタンスの料金割引の計算

リージョンのすべてのリザーブドインスタンスの合計表示価格を計算することによって、アカウントの料金範囲を決定できます。各予約の時間当たりの定期料金を各期間内の残り時間に掛けて、購入時に AWS マーケティングウェブサイトに表示される割引されていない前払い料金 (固定料金) を加算します。表示価格は割引前料金 (一般料金) に基づいているため、従量制割引の適用を受けた場合またはリザーブドインスタンスを購入した後の値下げ分は反映されません。

Copy
List value = fixed price + (undiscounted recurring hourly price * hours in term)

AWS マネジメントコンソールを使用してリザーブドインスタンスの固定料金を表示するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. 右上の [Show/Hide] を選択して、[Fixed Price] 列を表示します。

リザーブドインスタンスの固定料金をコマンドラインを使用して表示するには

料金範囲の一括請求

一括請求アカウントはリージョン内のメンバーアカウントの表示価格を集計します。一括請求アカウントのすべてのアクティブなリザーブドインスタンスの表示価格が割引料金範囲に達すると、以降 (その一括請求アカウントの表示価格が割引価格範囲のしきい値を超えている限り)、一括請求アカウント内のアカウントで購入されたリザーブドインスタンスには割引が適用されます。詳細については、「リザーブドインスタンスと一括請求 (コンソリデーティッドビリング) 」を参照してください。

割引範囲での購入

リザーブドインスタンスを購入すると、割引料金範囲に該当する部分のリザーブドインスタンスに対応する割引があれば、Amazon EC2 によって自動的に適用されます。特に何かを行う必要はなく、どの Amazon EC2 ツールを使用しても購入できます。詳細については、「リザーブドインスタンスマーケットプレイスを利用した購入」を参照してください。

注記

リザーブドインスタンスの購入は、割引料金範囲を判断できる唯一の購入方法です。割引は Amazon EC2 のリザーブドインスタンスの購入にのみ適用されます。

リージョンでのアクティブなリザーブドインスタンスの表示価格が割引料金範囲に該当した場合、そのリージョンでのリザーブドインスタンスは、以降、すべての購入が割引料金で課金されます。リージョンのリザーブドインスタンスの 1 回の購入でしきい値を超える場合は、そのご購入分のうち、割引範囲のしきい値を超える部分が割引になります。購入プロセス中に作成された一時的なリザーブドインスタンス ID の詳細については「購入料金範囲」を参照してください。

表示価格が割引範囲の金額を下回った場合は (一部のリザーブドインスタンスの有効期限が切れた場合など)、以降、そのリージョンで購入されるリザーブドインスタンスには割引が適用されません。ただし、もともと割引料金範囲で購入されたリザーブドインスタンスに対しては、引き続き割引が適用されます。

リザーブドインスタンスを購入すると、次の 4 つのいずれかの状況になります。

  • 割引なし – 1 つのリージョンでのリザーブドインスタンスの購入が、まだ割引しきい値より下である。

  • 一部割引 – 1 つのリージョンでのリザーブドインスタンスの購入により、最初の割引範囲のしきい値を超える。割引なしが 1 つ以上の予約に適用され、割引料金が残りの予約に適用されます。

  • 完全割引 – リージョン内の購入全体が 1 つの割引範囲に完全に含まれ、適切に割引されます。

  • 2 つの割引料金 – 1 つのリージョンでのリザーブドインスタンスの購入が、下の割引範囲から上の割引範囲まで及ぶ。2 つの異なる料金が課金されます。1 つ以上の予約により低い割引率が適用され、残りの予約により高い割引率が適用されます。

現在の料金範囲の制限

現在、リザーブドインスタンスの料金範囲には以下の制限が適用されます。

  • リザーブドインスタンスの料金範囲およびそれに関連する割引は、Amazon EC2 リザーブドインスタンスの購入にのみ適用されます。

  • リザーブドインスタンス料金範囲は、SQL Server Standard または SQL Server Web を使用する Windows 用のリザーブドインスタンスには適用されません。

  • 料金範囲に基づく割引の一部として購入されたリザーブドインスタンスは、リザーブドインスタンスマーケットプレイス で販売することはできません。詳細については、リザーブドインスタンスマーケットプレイス ページを参照してください。

購入料金範囲

割引料金範囲に到達した場合、その購入に対して複数のエントリが表示されます。通常の料金が課金される部分と、割引料金が適用されて課金される部分です。

リザーブドインスタンスサービスによって複数のリザーブドインスタンス ID が生成されます。これは、割引が適用されない範囲と割引範囲、または複数の割引範囲に購入がまたがるためです。範囲内の予約のセットにはそれぞれ ID があります。この結果、購入 CLI コマンドまたは API アクションによって返される ID は、新しいリザーブドインスタンスの実際の ID とは異なるものになります。

リザーブドインスタンスと一括請求 (コンソリデーティッドビリング)

購入アカウントが、1 つの一括請求の支払いアカウントに請求される一連のアカウントの一部である場合、リザーブドインスタンスの料金面でのメリットを広範囲に利用できます。すべてのサブアカウントの時間単位の使用量が月次で支払いアカウントに集約されます。さまざまな役割を持つチームやグループがある企業にとっては特に便利です。したがって、請求書の計算には通常のリザーブドインスタンスのロジックが適用されます。詳しくは、AWS Billing and Cost Management ユーザーガイド の「一括請求 (コンソリデーティッドビリング)」を参照してください。

一括請求アカウントに適用されるリザーブドインスタンス料金範囲の割引の詳細については、「Amazon EC2 リザーブドインスタンス」を参照してください。

明細書 (請求書) を読む

AWS マネジメントコンソール の [Billing & Cost Management] ページを参照して、アカウントへの請求および料金を知ることができます。このページにアクセスするには、アカウント名の横の矢印を選択します。

  • [Dashboard] ページには、アカウントに課された料金が表示されます。これには、前払い料金、1 回払い料金、および繰り返し課金が含まれます。料金の要約と詳細なリストの両方を取得できます。

  • リザーブドインスタンスマーケットプレイスのサードパーティーのリザーブドインスタンスの前払い料金は、[AWS Marketplace Charges] セクションに表示され、その横に販売者名が表示されます。これらのリザーブドインスタンスのすべての定期料金または使用量は、[AWS Service Charges] セクションに表示されます。

  • [Detail] セクションには、アベイラビリティーゾーン、インスタンスタイプ、コスト、インスタンス数などのリザーブドインスタンスに関する情報が含まれています。

料金をオンラインで表示できるほか、料金情報を示す PDF をダウンロードすることもできます。