メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Amazon EC2 とは

Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)クラウドでサイズが変更できるコンピューティングキャパシティを提供します。Amazon EC2 の使用により、ハードウェアに事前投資する必要がなくなり、アプリケーションをより速く開発およびデプロイできます。Amazon EC2 を使用すると、必要な数(またはそれ以下)の仮想サーバーを起動でき、セキュリティおよびネットワーキングを構成でき、ストレージを管理できます。Amazon EC2 により、要件変更や需要増に対応して拡張または縮小できるため、トラフィック予測が不要になります。

クラウドコンピューティングの詳細については、「クラウドコンピューティングとは」を参照してください。

Amazon EC2 の機能

Amazon EC2 には次の機能があります。

  • インスタンスと呼ばれる仮想コンピューティング環境

  • サーバーに必要なビットをパッケージ化した(オペレーティングシステムおよび追加のソフトウェアを含む)、Amazon マシンイメージ(AMI)と呼ばれる、インスタンス用に事前に設定されたテンプレート。

  • インスタンスタイプと呼ばれる、インスタンス用の CPU、メモリ、ストレージ、ネットワーキングキャパシティのさまざまな構成

  • キーペアを使用したインスタンス用の安全なログイン情報(AWS はパブリックキーを保存し、ユーザーはプライベートキーを安全な場所に保存します)。

  • インスタンスストアボリュームと呼ばれる、インスタンスを停止または終了するときに削除される一時データ用のストレージボリューム

  • Amazon EBS ボリュームと呼ばれる、Amazon Elastic Block Store(Amazon EBS)を使用したデータ用の永続的ストレージボリューム

  • リージョンおよびアベイラビリティゾーンと呼ばれる、インスタンスや Amazon EBS ボリュームなどのリソース用の複数の物理的な場所

  • セキュリティグループを使用してインスタンスに到達可能で、プロトコル、ポート、ソース IP 範囲を指定できるファイアウォール

  • Elastic IP アドレスと呼ばれる、動的クラウドコンピューティング用の静的な IP アドレス

  • タグと呼ばれ、作成して Amazon EC2 リソースに割り当てることができるメタデータ

  • 残りの AWS クラウドから論理的に分離され、ユーザー独自のネットワークにオプションで接続できる、仮想プライベートクラウド(VPC)と呼ばれる仮想ネットワーク

Amazon EC2 の機能詳細については、Amazon EC2 製品ページを参照してください。

AWS でのウェブサイトの実行の詳細については、「ウェブサイトとウェブサイトホスティング」を参照してください。

Amazon EC2 の使用を開始する方法

最初に必要なことは、Amazon EC2 を使用するようにセットアップすることです。セットアップが終了したら、Amazon EC2 の使用開始チュートリアルを完了する準備が整います。Amazon EC2 の機能について詳細情報が必要なときは、技術ドキュメントを参照できます。

AWS がお客様に最適かどうかご質問がある場合は、AWS セールスまでお問い合わせください。Amazon EC2 について質問がある場合は、Amazon EC2 forum をご利用ください。

インスタンスやボリュームなど、Amazon EC2 のリソースは Amazon EC2 を使用して直接プロビジョニングできます。また、AWS の他のサービスを使用して Amazon EC2 リソースをプロビジョニングすることもできます。詳細については、次のドキュメントを参照してください。

受信アプリケーショントラフィックを複数のインスタンスに自動的に分散するには、Elastic Load Balancing を使用します。詳細については、「Elastic Load Balancing ユーザーガイド」を参照してください。

インスタンスと Amazon EBS ボリュームの基本的な統計情報をモニタリングするには、Amazon CloudWatch を使用します。詳細については、「Amazon CloudWatch 開発者ガイド」を参照してください。

アカウントの Amazon EC2 API 宛ての呼び出し(AWS マネジメントコンソール、コマンドラインツール、その他のサービスによって行われる呼び出しを含む)をモニタリングするには、AWS CloudTrail を使用します。詳細については、AWS CloudTrail User Guide を参照してください。

クラウドで管理されたリレーショナルデータベースを取得するには、Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)を使用してデータベースインスタンスを起動します。EC2 インスタンス上でデータベースをセットアップできますが、Amazon RDS には、ソフトウェアのパッチ処理、バックアップ、バックアップの保存など、データベース管理タスクを処理できるという利点があります。詳細については、「Amazon Relational Database Service 開発者ガイド」を参照してください。

Amazon EC2 へのアクセス

Amazon EC2 には、Amazon EC2 コンソールというウェブベースのユーザーインターフェイスがあります。AWS アカウントにサインアップ済みの場合は、AWS マネジメントコンソールにサインインし、コンソールのホームページから [EC2] を選択することで、Amazon EC2 コンソールにアクセスできます。

コマンドラインインターフェイスを使用する場合は、以下の選択肢があります。

AWS コマンドラインインターフェイス(CLI)

一連のさまざまな AWS 製品用のコマンドを提供し、Windows、Mac、および Linux でサポートされています。開始するには、AWS Command Line Interface ユーザーガイド を参照してください。Amazon EC2 のコマンドの詳細については、「AWS Command Line Interface Reference」の「ec2」を参照してください。

AWS Tools for Windows PowerShell

PowerShell 環境でスクリプトを記述するユーザー向けに、さまざまな AWS 製品用のコマンドが用意されています。開始するには、「AWS Tools for Windows PowerShell ユーザーガイド」を参照してください。Amazon EC2 のコマンドレットに関する詳細は、「AWS Tools for Windows PowerShell Reference」を参照してください。

Amazon EC2 はクエリ API を提供します。このリクエストは、HTTP 動詞(GET または POST)とクエリパラメータ Action で記述する HTTP または HTTPS リクエストです。Amazon EC2 用の API アクションの詳細については、「Amazon EC2 API Reference」の「Actions」を参照してください。

HTTP または HTTPS を介してリクエストを送信する代わりに、言語固有の API を使用してアプリケーションを構築することを希望する場合に備えて、AWS には、ソフトウェア開発者向けのライブラリ、サンプルコード、チュートリアル、その他のリソースが用意されています。これらのライブラリには、リクエストの暗号化署名、リクエストの再試行、エラーレスポンスの処理などのタスクを自動化する基本機能が用意されているので、開発を簡単に始められます。詳細については、AWS の SDK およびツールを参照してください。

Amazon EC2 の料金表

AWS にサインアップすると、AWS 無料利用枠を利用して、Amazon EC2 を無料で使い始めることができます。

Amazon EC2 では、インスタンス用に次の購入オプションが用意されています。

オンデマンドインスタンス

時間単位で使用するインスタンスに対して支払いを行い、長期的な確約や前払い金は不要です。

リザーブドインスタンス

インスタンスに対して低額の一括前払いを行い、1 年または 3 年間それを予約することで、そのインスタンスを実行する時間料金を大幅に削減できます。

スポットインスタンス

特定のインスタンスタイプを実行するためにお客様が支払いたい最大時間料金を指定することができます。スポット価格は需要と供給に基づいて変動しますが、お客様が指定した上限価格を超えた支払いが発生することはありません。スポット価格が上限価格を超えた場合、Amazon EC2 はスポットインスタンスをシャットダウンします。

Amazon EC2 の課金および特定の料金の詳細な一覧については、「Amazon EC2 料金表」を参照してください。

プロビジョニングされたサンプル環境の費用を計算するには、「AWS エコノミクスセンター」を参照してください。

請求書を確認するには、AWS アカウントアクティビティページを参照してください。請求書には、料金の明細が記載された使用状況レポートへのリンクが記載されています。AWS アカウント請求の詳細については、「AWS Account Billing」を参照してください。

AWS の請求、アカウント、イベントについてご質問がある場合は、AWS サポートにお問い合わせください

AWS 環境のコスト、セキュリティ、およびパフォーマンスを最適化できるサービスである Trusted Advisor の概要については、AWS Trusted Advisor を参照してください。

PCI DSS への準拠

Amazon EC2 は、マーチャントまたはサービスプロバイダーによるクレジットカードデータの処理、ストレージ、および伝送をサポートしており、Payment Card Industry(PCI)Data Security Standard(DSS)に準拠していることが確認されています。PCI DSS の詳細(AWS PCI Compliance Package のコピーをリクエストする方法など)については、「PCI DSS レベル 1」を参照してください。