メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

インスタンスのプレイスメントとホストのアフィニティについて

プレイスメント制御は、インスタンスレベルとホストレベルの両方のレベルで行われます。

インスタンスの自動プレイスメント

自動プレイスメントを使用すると、起動したインスタンスを特定のホストで起動するか、設定が適合する任意のホストで起動するかを管理できます。これについてのデフォルト設定は [Off] です。これは、割り当てる Dedicated Host で許容するのは、一意のホスト ID が指定されている host テナンシーインスタンスの起動のみであることを意味します。インスタンスの自動プレイスメントが [Off] に設定されているホストでは、ホスト ID を指定せずに起動したインスタンスを起動することはできません。

ホストのアフィニティ

ホストのアフィニティは、インスタンスと Dedicated Host の間に関係を作成します。アフィニティが host に設定されている場合は、特定のホストで起動したインスタンスが停止しても、常に同じホストで再開されます。これは、ターゲットを絞った起動にもターゲットを絞らない起動にも適用されます。

アフィニティが default に設定されているときにインスタンスを停止して再起動した場合、インスタンスは使用可能な任意のホストで再起動できますが、そのインスタンスが最後に実行された Dedicated Host での起動が (ベストエフォートベースで) 試行されます。

アフィニティを host から default に、またはその逆に変更することで、インスタンスと Dedicated Host との関係を変更できます。詳細については、「インスタンスのテナント属性の変更」を参照してください。

インスタンスの自動プレイスメントとホストアフィニティの変更

Amazon EC2 コンソール、API、または CLI を使用して、インスタンスのプレイスメント制御を管理できます。

インスタンスのプレイスメント設定を変更するには、インスタンスを停止してから、インスタンスのプレイスメント設定を編集します。

注記

インスタンスを停止して再開する場合は、同じ Dedicated Host で再開されるとは限りません。

インスタンスのプレイスメント設定を編集するには (任意の利用可能なホスト)

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. [Instances] ページで、 編集するインスタンスを選択します。

  3. [Actions]、[Instance State]、[Stop] の順に選択します。

  4. [Actions]、[Instance Settings]、[Modify Instance Placement] の順に選択します。

  5. インスタンスのテナンシーを [Launch this instance on a Dedicated host] に変更します。

  6. [This instance can run on any one of my Hosts] を選択します。インスタンスは、自動プレイスメントが有効になっている任意の Dedicated Host で起動されます。

  7. [Save] を選択して続行します。

  8. インスタンスのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Instance State]、[Start] の順に選択します。

インスタンスのプレイスメント設定を編集するには (特定の Dedicated Host)

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. [Instances] ページで、 編集するインスタンスを選択します。

  3. [Actions]、[Instance State]、[Stop] の順に選択します。

  4. [Actions]、[Instance Settings]、[Modify Instance Placement] の順に選択します。

  5. インスタンスのテナンシーを [Launch this instance on a Dedicated host] に変更します。

  6. [This instance can only run on the selected Host] を選択します。[Target Host] の値を選択し、インスタンスを利用可能な任意のホストに配置するか、特定のホストに配置するかを選択します。

  7. [Save] を選択して続行します。

  8. インスタンスのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Instance State]、[Start] の順に選択します。

インスタンスのホストアフィニティの変更

インスタンスにホストとのアフィニティが不要になった場合は、インスタンスを停止し、アフィニティを [default] に変更します。これにより、インスタンスとホストの間の永続性が削除されます。ただし、インスタンスを再起動した場合、同じ Dedicated Host で起動されることもあります (アカウントでの Dedicated Host の利用状況により、ベストエフォートベースで決定されます)。ただし、インスタンスをもう一度停止した場合、同じホストでは再開されません。