メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

インスタンスへの Amazon EBS ボリュームのアタッチ

同じアベイラビリティーゾーンにあるいずれかのインスタンスに、EBS ボリュームをボリュームとしてアタッチできます。

前提条件

  • 使用するデバイス名を決定します。詳細については、「Linux インスタンスでのデバイスの名前付け」を参照してください。

  • インスタンスにアタッチできるボリューム数を決定します。詳細については、「インスタンスボリューム数の制限」を参照してください。

  • ボリュームが暗号化されている場合、Amazon EBS 暗号化 をサポートするインスタンスだけにアタッチできます。詳細については、「サポートされるインスタンスタイプ」を参照してください。

  • ボリュームに AWS Marketplace 製品コードがある場合は、次のようになります。

    • ボリュームは停止されたインスタンスにのみアタッチできます。

    • ボリューム上に存在する AWS Marketplace コードをサブスクライブしている必要があります。

    • インスタンスの構成 (インスタンスタイプ、オペレーティングシステム) は、その特定の AWS Marketplace コードをサポートするものでなければなりません。たとえば、Windows インスタンスからのボリュームを Linux インスタンスにアタッチすることはできません。

    • AWS Marketplace 製品コードがボリュームからインスタンスにコピーされます。

To attach an EBS volume to an instance using the console

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. In the navigation pane, choose Volumes.

  3. Select a volume and choose Actions, Attach Volume.

  4. In the Attach Volume dialog box, start typing the name or ID of the instance to attach the volume to for Instance, and select it from the list of suggestion options (only instances that are in the same Availability Zone as the volume are displayed).

  5. You can keep the suggested device name, or enter a different supported device name.

    重要

    The block device driver for the instance assigns the actual volume name when mounting the volume, and the name assigned can be different from the name that Amazon EC2 recommends.

  6. Choose Attach.

  7. Connect to your instance and make the volume available. For more information, see Amazon EBS ボリュームを使用できるようにする.

コマンドラインを使用して、EBS ボリュームをインスタンスにアタッチするには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。