メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Linux の EBS ボリュームのサイズ、IOPS、またはタイプの変更

現行世代の Amazon EBS ボリュームが現行世代の EC2 インスタンスタイプにアタッチされている場合は、それをデタッチすることなく、ボリュームサイズの増加、ボリュームタイプの変更、または (io1 ボリュームの場合) IOPS パフォーマンスの調整を行うことができます。これらの変更は、デタッチしたボリュームにも適用できます。現行世代のインスタンスタイプの詳細については、「現行世代のインスタンス」を参照してください。

前の世代のインスタンスタイプを使用している場合や、ボリュームの変更を試みているときにエラーが発生した場合は、「付録: EBS ボリュームを変更するためのインスタンスの起動と停止」の手順に従います。

一般的に、ボリュームの変更には以下のステップが必要です。

  1. 変更コマンドを発行します。詳細については、コンソールからの EBS ボリュームの変更 および コマンドラインからの EBS ボリュームの変更 を参照してください。

  2. 変更の進行状況をモニタリングします。詳細については、「ボリューム変更の進行状況のモニタリング」を参照してください。

  3. ボリュームのサイズが変更された場合、増加されたストレージ容量を利用するには、ボリュームのファイルシステムを拡張します。詳細については、「ボリュームサイズ変更後の Linux ファイルシステムの拡張」を参照してください。

さらに、Amazon CloudWatch EventsAWS CloudFormation を使用して、ボリュームの変更に関連付けられたアクションを自動化できます。

ボリュームの設定を変更するための料金は発生しません。変更を起動すると新しいボリューム設定料金が課金されます。詳細については、「Amazon EBS 料金表」ページの「Amazon Elastic Block Store」セクションを参照してください。

重要

重要なデータを含むボリュームを変更する前に、変更をロールバックする必要がある場合に備えて、ボリュームのスナップショットを作成するのがベストプラクティスです。EBS スナップショットの詳細については、「Amazon EBS スナップショットの作成」を参照してください。