メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Elastic IP アドレス

Elastic IP アドレスは、動的なクラウドコンピューティングのために設計された静的 IP アドレスです。Elastic IP アドレスは、AWS アカウントに関連付けられます。Elastic IP アドレスを使用すると、アドレスをアカウント内の別のインスタンスに迅速に再マップして、インスタンスやソフトウェアのエラーを隠すことができます。

Elastic IP アドレスには、インターネットからアクセス可能なパブリック IP アドレスです。インスタンスにパブリック IP アドレスがない場合、Elastic IP アドレスとインスタンスを関連付けてインターネットとの通信を有効にすることができます (ローカルコンピュータからインスタンスに接続するなど)。

Elastic IP アドレスの基本

Elastic IP アドレスの基本的な特徴を次に示します。

  • Elastic IP アドレスを使用するには、まずアカウントに 1 つ割り当ててから、それをインスタンスまたはネットワークインターフェースに関連付けます。

  • Elastic IP アドレスをインスタンスまたはそのプライマリネットワークインターフェースに関連付けると、インスタンスのパブリック IP アドレス (既に割り当てられていた場合) が Amazon のパブリック IP アドレスのプールに戻されます。パブリック IP アドレスを再利用することはできません。詳細については、「パブリック IP アドレスと外部 DNS ホスト名」を参照してください。

  • リソースから Elastic IP アドレスの関連付けを解除し、別のリソースと関連付けることができます。

  • 関連付けが解除された Elastic IP アドレスは、明示的に解放するまでアカウントに割り当てられたままです。

  • Elastic IP アドレスを効率的に使用するため、Elastic IP アドレスが実行中のインスタンスに関連付けられていない場合や、停止しているインスタンスやアタッチされていないネットワークインターフェイスに関連付けられている場合は、時間毎に小額の料金が請求されます。インスタンスを実行しているときは、インスタンスに関連付けられた 1 つの Elastic IP アドレスに対して料金は発生しませんが、インスタンスに関連付けられた追加の Elastic IP アドレスがある場合、その追加分に対しては料金が発生します。詳細については、Amazon EC2 料金表を参照してください。

  • Elastic IP アドレスはリージョン別に専用になっています。

  • パブリック IP アドレスが前回割り当てられたインスタンスに Elastic IP アドレスを関連付けると、インスタンスのパブリック DNS ホスト名は、Elastic IP アドレスに一致するように変更されます。

  • パブリック DNS ホスト名を解決すると、インスタンスのパブリック IP アドレスまたは Elastic IP アドレス (インスタンスのネットワークの外部の場合)、およびインスタンスのプライベート IP アドレス (インスタンスのネットワーク内からの場合) となります。

アカウントで EC2-Classic がサポートされている場合、Elastic IP アドレスの使用方法と動作は EC2-Classic と EC2-VPC で異なる可能性があります。詳細については、「EC2-Classic と EC2-VPC の Elastic IP アドレスの相違点」を参照してください。

EC2-Classic と EC2-VPC の Elastic IP アドレスの相違点

アカウントで EC2-Classic がサポートされている場合、EC2-Classic プラットフォームで使用する Elastic IP アドレスのプールと、EC2-VPC プラットフォームで使用する別のプールがあります。VPC で使用するために割り当てた Elastic IP アドレスを EC2-Classic のインスタンスに関連付けることや、その逆を行うことはできません。ただし、EC2-Classic プラットフォームで使用するために割り当てた Elastic IP アドレスを EC2-VPC プラットフォームに移行することはできます。Elastic IP アドレスを別のリージョンに移行することはできません。EC2-Classic と EC2-VPC の詳細については、「サポートされているプラットフォーム」を参照してください。

Elastic IP アドレスを EC2-Classic のインスタンス、デフォルトの VPC、または起動時にパブリック IP を eth0 ネットワークインターフェースに割り当てたデフォルト以外の VPC のインスタンスに関連付けた場合、インスタンスの現在のパブリック IP アドレスはパブリック IP アドレスプールに戻されます。インスタンスから Elastic IP アドレスの関連付けを解除すると、数分内に自動的に新しいパブリック IP アドレスがインスタンスに割り当てられます。ただし、2 つ目のネットワークインターフェースを VPC のインスタンスに関連付けた場合、そのインスタンスには自動的に新しいパブリック IP アドレスは割り当てられません。パブリック IP アドレスについては、「パブリック IP アドレスと外部 DNS ホスト名」を参照してください。

Elastic IP アドレスと VPC のインスタンスの使用に関する詳細は、Amazon VPC ユーザーガイド の「Elastic IP アドレス」を参照してください。

次の表は、EC2-Classic の Elastic IP アドレスと EC2-VPC の Elastic IP アドレスの違いをまとめたものです。プライベート IP アドレスとパブリック IP アドレスの違いの詳細については、「EC2-Classic と EC2-VPC の IP アドレスの違い」を参照してください。

特徴EC2-ClassicEC2-VPC

Elastic IP アドレスの割り当て

Elastic IP アドレスを割り当てた場合は EC2-Classic で使用しますが、Elastic IP アドレスを EC2-VPC プラットフォームに移行することもできます。詳細については、「EC2-Classic から EC2-VPC への Elastic IP アドレスの移行」を参照してください。

関連付けた Elastic IP アドレスは、VPC 内でのみ使用できます。

Elastic IP アドレスを関連付ける

Elastic IP アドレスはインスタンスに関連付けます。

Elastic IP アドレスは Elastic ネットワークインターフェイス(ENI)のプロパティの 1 つです。Elastic IP アドレスをインスタンスに割り当てるには、そのインスタンスにアタッチされている ENI を更新します。詳細については、「Elastic Network Interface(ENI)」を参照してください。

Elastic IP アドレスの関連付けを解除する

既に別のインスタンスに関連付けられている Elastic IP アドレスを関連付けようとすると、アドレスは自動的に新しいインスタンスに関連付けられます。

アカウントで EC2-VPC のみをサポートしている場合、既に別のインスタンスに関連付けられている Elastic IP アドレスを関連付けようとすると、アドレスは自動的に新しいインスタンスに関連付けられます。EC2-Classic で VPC を使用している場合、既に別のインスタンスに関連付けられている Elastic IP アドレスを関連付けようとすると、再関連付けを許可している場合にのみ成功します。

インスタンスの停止

インスタンスを停止した場合、Elastic IP アドレスの関連付けが解除されます。インスタンスを再開する際に Elastic IP アドレスを再関連付けする必要があります。

インスタンスを停止した場合、Elastic IP アドレスのマッピングは維持されます。

複数の IP アドレスを割り当てる

インスタンスは単一のプライベート IP アドレスと対応する Elastic IP アドレスのみをサポートします。

インスタンスは複数の IP アドレスをサポートし、それぞれの IP アドレスに対応する Elastic IP アドレスを設定できます。詳細については、「複数のプライベート IP アドレス」を参照してください。

EC2-Classic から EC2-VPC への Elastic IP アドレスの移行

アカウントで EC2-Classic がサポートされている場合、EC2-Classic プラットフォームで使用するために割り当てた Elastic IP アドレスを、同じリージョン内の EC2-VPC プラットフォームに移行することができます。これは、リソースを EC2-Classic から VPC に移行するのに役立ちます。たとえば、VPC で新しいウェブサーバーを起動した後、EC2-Classic でウェブサーバーに使用していたのと同じ Elastic IP アドレスを新しい VPC ウェブサーバーに使用できます。

Elastic IP アドレスを EC2-VPC に移行した後、EC2-Classic プラットフォームで使用することはできません。ただし、必要に応じて、EC2-Classic に復元することができます。Elastic IP アドレスを EC2-Classic に復元した後は、再度移行するまで EC2-VPC で使用することはできません。Elastic IP アドレスは EC2-Classic から EC2-VPC にのみ移行できます。もともと EC2-VPC で使用するために割り当てられていた Elastic IP アドレスを EC2-Classic に移行することはできません。

Elastic IP アドレスを移行する場合、インスタンスに関連付けないでください。インスタンスからの Elastic IP アドレスの関連付け解除の詳細については、「Elastic IP アドレスの関連付け解除と別のインスタンスへの再関連付け」を参照してください。

アカウントに設定できる数であれば、EC2-Classic Elastic IP アドレスはいくつでも移行できます。ただし、Elastic IP アドレスを EC2-VPC に移行すると、EC2-VPC の Elastic IP アドレス制限にカウントされます。制限を超過した場合、Elastic IP アドレスを移行することはできません。同様に、Elastic IP アドレスを EC2-Classic に復元すると、EC2-Classic の Elastic IP アドレス制限にカウントされます。詳細については、「Elastic IP アドレスの制限」を参照してください。

24 時間以内にアカウントに割り当てられた Elastic IP アドレスを移行することはできません。

詳細については、「Elastic IP アドレスの移動」を参照してください。

Elastic IP アドレスの操作

以下のセクションでは、Elastic IP アドレスの使用方法について説明します。

Elastic IP アドレスの割り当て

Elastic IP アドレスは、Amazon EC2 コンソールまたはコマンドラインを使用して割り当てることができます。アカウントが EC2-Classic をサポートしている場合、EC2-Classic または EC2-VPC で使用するためのアドレスを割り当てることができます。

コンソールを使用して、EC2-VPC で使用する elastic IP アドレス(EIP)を割り当てるには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/)にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

  3. [新しいアドレスの割り当て] を選択します。

  4. (EC2-Classic アカウント)[Allocate New Address] ダイアログボックスで、[EIP used in] から [VPC] を選択し、さらに [Yes, Allocate] を選択します。確認ダイアログボックスを閉じます。

  5. (VPC アカウント)[Yes, Allocate] を選択し、確認ダイアログボックスを閉じます。

コンソールを使用して、EC2-Classic で使用する Elastic IP アドレスを割り当てるには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/)にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

  3. [新しいアドレスの割り当て] を選択します。

  4. [EC2] を選択し、[Yes, Allocate] を選択します。確認ダイアログボックスを閉じます。

コマンドラインを使用して Elastic IP アドレスを割り当てるには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

Elastic IP アドレスの説明

Elastic IP アドレスは、Amazon EC2 またはコマンドラインを使用して記述することができます。

コンソールを使用して Elastic IP アドレスを記述するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/)にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IPs] を選択します。

  3. リソース属性リストからフィルタを選択して検索を開始します。単一の検索に複数のフィルタを使用できます。

コマンドラインを使用して Elastic IP アドレスを記述するには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

Elastic IP アドレスを実行中のインスタンスに関連付ける

Elastic IP アドレスは、Amazon EC2 コンソールまたはコマンドラインを使用してインスタンスに関連付けることができます。

(VPC のみ) Elastic IP アドレスをインスタンスに関連付けてインターネットとの通信を有効にする場合、インスタンスがパブリックサブネットに属していることも確認する必要があります。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドインターネットゲートウェイを参照してください。

コンソールを使用して Elastic IP アドレスをインスタンスに関連付けるには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/)にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IPs] を選択します。

  3. Elastic IP アドレスを選び、[Actions] を選択してから [Associate Address] を選択します。

  4. [Associate Address] ダイアログボックスで、[Instance] からインスタンスを選択し、[Associate] を選択します。

コマンドラインを使用して Elastic IP アドレスを関連付けるには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

Elastic IP アドレスの関連付け解除と別のインスタンスへの再関連付け

Amazon EC2 コンソールまたはコマンドラインを使用して、Elastic IP アドレスの関連付けを解除し、再度関連付けることができます。

コンソールを使用して elastic IP アドレス(EIP)の関連付けを解除して再び関連付けるには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/)にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IPs] を選択します。

  3. Elastic IP アドレスを選び、[Actions] を選択してから [Disassociate Address] を選択します。

  4. 確認を求めるメッセージが表示されたら、[Yes, Disassociate] を選択します。

  5. 前の手順で関連付けを解除したアドレスを選択します。[Actions] で [Associate Address] を選択します。

  6. [Associate Address] ダイアログボックスで、[Instance] から新しいインスタンスを選択し、[Associate] を選択します。

コマンドラインを使用して Elastic IP アドレスを別のインスタンスに関連付けるには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

コマンドラインを使用して Elastic IP アドレスを関連付けるには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

Elastic IP アドレスの移動

現在のところ、Elastic IP アドレスを EC2-VPC に移行または EC2-Classic に復元する際、Amazon EC2、Query API、AWS SDK、または AWS CLI のみを使用できます。

Elastic IP アドレスを移動または復元するコマンドを実行すると、Elastic IP アドレスの移行プロセスには数分かかる場合があります。Elastic IP アドレスがまだ移動中であるか、移動が完了したかを確認するには、describe-moving-addresses コマンドを使用します。

Elastic IP アドレスが 5 分以上移動状態の場合、http://aws.amazon.com/premiumsupport/にお問い合わせください。

Amazon EC2 クエリ API または AWS CLI を使用して Elastic IP アドレスを移動するには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

Amazon EC2 クエリ API または AWS CLI を使用して Elastic IP アドレスを EC2-Classic に復元するには、

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

Amazon EC2 クエリ API または AWS CLI を使用してアドレスの移動ステータスを表示するには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

EC2-VPC で移行された elastic IP アドレス(EIP)の割り当て ID を取得するには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

Elastic IP アドレスを解放する

Elastic IP アドレスが不要になった場合は、解放することをお勧めします(この Elastic IP アドレスをインスタンスに関連付けることはできません)。EC2-Classic で使用するために割り当てられているがインスタンスに関連付けられていない Elastic IP アドレスに対しては料金が発生します。

Amazon EC2 コンソールまたはコマンドラインを使用して、Elastic IP アドレスを解放することができます。

コンソールを使用して Elastic IP アドレスを解放するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/)にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IPs] を選択します。

  3. Elastic IP アドレスを選び、[Actions] を選択してから [Release Addresses] を選択します。プロンプトが表示されたら、[Yes, Release] を選択します。

コマンドラインを使用して Elastic IP アドレスを解放するには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

電子メールアプリケーションでの逆引き DNS の使用

インスタンスから第三者に電子メールを送信する場合、1 つ以上の Elastic IP アドレスをプロビジョニングして提供しておくことをお勧めします。 AWS は、ISP およびインターネットアンチスパム組織と協力して、これらのアドレスから送信された E メールにスパムのフラグが付く可能性を減らしています。

また、E メールの送信に使用される Elastic IP アドレスに静的逆引き DNS レコードを割り当てると、アンチスパム組織により E メールにスパムのフラグが付くことを避けられることがあります。逆引き DNS レコードを作成できるようになる前に、その Elastic IP アドレスを参照する、対応するフォワード DNS レコード(レコードタイプ A)が存在している必要があることにご注意ください。

逆引き DNS レコードが Elastic IP アドレスに関連付けられている場合、その Elastic IP アドレスはアカウントにロックされ、レコードが削除されるまでアカウントから解放することはできません。

E メール送信制限を解除したり、Elastic IP アドレスを提供して DNS レコードを予約するには、「E メール送信制限解除申請」ページを参照してください。

Elastic IP アドレスの制限

デフォルトでは、すべての AWS アカウントでリージョンあたり 5 つの Elastic IP アドレスまでに制限されています。これは、パブリック (IPv4) インターネットアドレスが数に限りのあるパブリックリソースであるためです。インスタンスに障害が発生した場合にアドレスを他のインスタンスに再マップする機能のために主に Elastic IP アドレスを使用し、他のすべてのノード間通信には DNS ホスト名を使用することを強くお勧めします。

ご利用のアーキテクチャーで追加の Elastic IP アドレスが必要な場合、Amazon EC2 Elastic IP アドレスリクエストフォームに記入してください。追加アドレスの必要性を理解できるように、当社はお客様にユースケースの説明をお願いします。