メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Linux AMI の検索

インスタンスを起動する前に、使用する AMI を選択する必要があります。AMI を選択するときに、起動するインスタンスに関して、次の要件を検討します。

  • リージョン

  • オペレーティングシステム

  • アーキテクチャ: 32 ビット (i386) または 64 ビット (x86_64)

  • ルートデバイスタイプ: Amazon EBS またはインスタンスストア

  • プロバイダ: Amazon Web Services、Oracle、IBM、Microsoft、またはコミュニティ

Windows AMI の検索方法については、Windows インスタンスの Amazon EC2 ユーザーガイド の「Windows AMI を見つける」を参照してください。

Amazon EC2 コンソールを使用した Linux AMI の検索

Amazon EC2 コンソールを使用して Linux AMI を検索できます。[Images] ページを使用してすべての利用可能な AMI を検索できます。また、コンソールを使用してインスタンスを起動する場合は、[Quick Launch] タブでよく使用されている AMI を選択できます。

[Images] ページを使用して Linux AMI を検索するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションバーから、リージョンを選択します。お客様は場所に関係なく、使用できるリージョンをどれでも選択できます。これは、お客様がインスタンスを起動するリージョンです。

  3. ナビゲーションペインで [AMIs] を選択します。

  4. (オプション) [Filter] オプションを使用して、一覧表示された AMI を興味のある AMI に限定します。たとえば、AWS で指定されたすべての Linux AMI を表示するには、[Public images] を選択します。検索バーを選択し、メニューから [Owner]、[Amazon images] の順に選択します。 検索バーをもう一度選択し、[Platform] を選択します。次に、表示されたリストからオペレーティングシステムを選択します。

  5. (オプション) [Show/Hide Columns] アイコンを選択して、ルートデバイスタイプなど、表示するイメージ属性を選択します。 あるいは、一覧から AMI を選択し、[Details] タブにそのプロパティを表示できます。

  6. AMI を選択する前に、その AMI が Instance Store-Backed と Amazon EBS-Backed のどちらであるかを確認し、その違いを認識しておくことが重要です。詳細については、「ルートデバイスのストレージ」を参照してください。

  7. この AMI からインスタンスを起動するには、インスタンスを選択し、[Launch] を選択します。 コンソールを使用したインスタンスの起動の詳細については、「AMI からのインスタンスの起動」を参照してください。まだインスタンスを起動する準備が整っていない場合は、後で使用するために AMI ID (ami-xxxxxxxx) を書き留めておきます。

インスタンスを起動するときに Linux AMI を検索するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. コンソールダッシュボードで、[Launch Instance] を選択します。

  3. [Choose an Amazon Machine Image (AMI)] ページの [Quick Start]タブで、よく使用されている AMI の 1 つを一覧から選択します。必要な AMI が表示されていない場合は、[AWS Marketplace] または [Community AMIs] タブを選択して他の AMI を検索します。

AWS CLI を使用した AMI の検索

コマンドラインパラメータを使用して、関心のある AMI のタイプのみを表示できます。たとえば、次のように describe-images コマンドを使用して、お客様または Amazon が所有しているパブリックな AMI を検索できます。

Copy
aws ec2 describe-images --owners self amazon

Amazon EBS-Backed AMI のみを表示するには、前のコマンドに次のフィルタを追加します。

Copy
--filters "Name=root-device-type,Values=ebs"

ニーズに合った AMI を見つけたら、その ID を書き留めます。ID の形式は ami-xxxxxxxx です。この AMI を使用して、インスタンスを起動できます。詳細については、AWS Command Line Interface ユーザーガイド の「AWS CLI を使用したインスタンスの起動」を参照してください。