メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

AWS Marketplace インスタンスの起動

AWS Marketplace 製品を受信登録し、Amazon EC2 起動ウィザードを使用して、この製品の AMI からインスタンスを起動できます。有料の AMI の詳細については、有料 AMI を参照してください。起動後に受信登録をキャンセルするには、初めに受信登録から、実行されているすべてのインスタンスを削除する必要があります。詳細については、「AWS Marketplace サブスクリプションの管理」を参照してください。

起動ウィザードを使用して AWS Marketplace からインスタンスを起動するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. Amazon EC2 ダッシュボードから、[Launch Instance] を選択します。

  3. [Choose an Amazon Machine Image (AMI)] ページで、左の [AWS Marketplace] カテゴリを選択します。カテゴリを参照するか、検索機能を使用して適切な AMI を見つけます。[Select] を選択して製品を選択します。

  4. ダイアログに、選択した製品の概要が表示されます。価格情報と、ベンダーが提供したその他の情報を表示できます。準備が完了したら、[Continue] を選択します。

    注記

    AMI でインスタンスを起動するまで、製品の使用料は発生しません。ウィザードの次のページでは、インスタンスタイプの選択が求められるため、サポートされているインスタンスタイプの料金をメモしておいてください。追加の税金が製品に適用される場合があります。

  5. [Choose an Instance Type] ページで、起動するインスタンスのハードウェア設定とサイズを選択します。終了したら、[Next: Configure Instance Details] を選択します。

  6. ウィザードの次のページでは、インスタンスの設定、ストレージの追加、およびタグの追加を行うことができます。設定できるさまざまなオプションの詳細については、インスタンスの作成 を参照してください。[Configure Security Group] ページが表示されるまで、[Next] を選択します。

    製品に関するベンダーの仕様にしたがって、新しいセキュリティグループが作成されます。セキュリティグループには、Linux の SSH (ポート 22) または Windows の RDP (ポート 3389) ですべての IPv4 アドレス (0.0.0.0/0) を許可するルールが含まれる場合があります。これらのルールを調整して、特定のアドレスまたはアドレスの範囲のみが、これらのポート経由でインスタンスにアクセスできるようにすることをお勧めします。

    準備ができたら、[Review and Launch] を選択します。

  7. [Review Instance Launch] ページで、インスタンスを起動しようとしている AMI の詳細と、ウィザードでセットアップするその他の設定の詳細をチェックします。準備ができたら、[Launch] を選択してキーペアを選択または作成し、インスタンスを起動します。

  8. 受信登録した製品によっては、インスタンスの起動には数分以上かかります。インスタンスが起動する前に、まず製品に登録されます。クレジットカードの詳細に問題がある場合は、アカウントの詳細を更新するように求められます。起動確認のページが表示されたら、[View Instances] を選択して [Instances] ページに移動します。

    注記

    インスタンスが実行されている限り、アイドル状態であっても、受信登録費用が発生します。インスタンスが停止している場合でも、ストレージに対して課金されることがあります。

  9. インスタンスの状態が [running] の場合、そのインスタンスに接続することができます。そのためには、一覧でインスタンスを選択し、[Connect] を選択します。ダイアログの指示にしたがいます。インスタンスへの接続の詳細については、「Linux インスタンスへの接続」を参照してください。

    重要

    インスタンスにログインするには、特定のユーザー名を使用しなければならない場合があるため、ベンダーの使用手順を慎重に確認してください。受信登録の詳細へのアクセスについては、AWS Marketplace サブスクリプションの管理 を参照してください。

API と CLI を使用した AWS Marketplace AMI インスタンスの起動

API またはコマンドラインツールを使用して、AWS Marketplace 製品からインスタンスを起動するには、まず製品に登録していることを確認します。次の方法を使用して、製品の AMI ID でインスタンスを起動できます。

方法 ドキュメント

AWS CLI

run-instances コマンドを使用するか、詳細について「インスタンスの起動」を参照してください。

AWS Tools for Windows PowerShell

New-EC2Instance コマンドを使用するか、詳細についてWindows PowerShell を使用した Amazon EC2 インスタンスの起動を参照してください。

クエリ API RunInstancesリクエストを使用します。