メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

テンプレートとして既存のインスタンスを使用してインスタンスを起動

Amazon EC2 コンソールには、現在のインスタンスを他のインスタンスを起動するテンプレートとして使用できるようにする、[Launch More Like This] ウィザードオプションが用意されています。このオプションでは、Amazon EC2 起動ウィザードで、選択されたインスタンスから自動的に特定の設定が入力されます。

注記

[Launch More Like This] ウィザードオプションでは、選択されたインスタンスは複製されません。一部の設定が複製されるのみです。インスタンスのコピーを作成するには、最初にインスタンスから AMI を作成して、AMI からさらに多くのインスタンスを起動します。

次の設定詳細は、選択されたインスタンスから起動ウィザードにコピーされます。

  • AMI ID

  • インスタンスタイプ

  • アベイラビリティーゾーン、または選択されたインスタンスがある VPC とサブネット

  • パブリック IPv4 アドレス。選択されたインスタンスの IPv4 アドレスが現在パブリック IPv4 アドレスの場合、選択されたインスタンスのパブリック IPv4 アドレスのデフォルト設定に関係なく、新しいインスタンスはパブリック IPv4 アドレスを受け取ります。パブリック IPv4 アドレスの詳細については、「パブリック IPv4 アドレスと外部 DNS ホスト名」を参照してください。

  • プレイスメントグループ (該当する場合)

  • 該当する場合は、インスタンスに関連付けられた IAM ロール

  • シャットダウン動作の設定 (停止または終了)

  • 終了保護設定 (true または false)

  • CloudWatch モニタリング (有効または無効)

  • Amazon EBS 最適化設定 (true または false)

  • VPC (共有または専用) に起動する場合は、テナンシー設定

  • 該当する場合は、カーネル ID および RAM ディスク ID

  • ユーザーデータ (指定された場合)

  • 該当する場合は、インスタンスに関連付けられたタグ

  • インスタンスに関連付けられたセキュリティグループ

次の設定の詳細は選択されたインスタンスからコピーされず、代わりにウィザードがデフォルトの設定または動作を適用します。

  • (VPC のみ) ネットワークインターフェイスの数: デフォルトでは、1 つのネットワークインターフェイス、つまりプライマリネットワークインターフェイス (eth0) です。

  • ストレージ: デフォルトのストレージ設定は AMI およびインスタンスタイプによって決まります。

現在のインスタンスをテンプレートとして使用するには

  1. [インスタンス] ページで、使用するインスタンスを選択します。

  2. [Actions] を選択し、[Launch More Like This] を選択します。

  3. [Review Instance Launch] ページで起動ウィザードが開きます。インスタンスの詳細をチェックし、適切な [Edit] リンクをクリックして、必要な変更を行うことができます。

    準備ができたら、[Launch] を選択してキーペアを選択し、インスタンスを起動します。