メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

ソフトウェアの管理 (Linux インスタンスの場合)

Amazon Linux のベースのディストリビューションには、基本的なサーバー操作に必要なソフトウェアパッケージとユーティリティが数多く含まれています。ただし、さまざまなソフトウェアリポジトリでさらに多くのソフトウェアパッケージを利用できます。また、ソースコードから、さらに多くのパッケージソースコードを作成できます。

ソフトウェアを最新の状態に維持することが重要です。Linux ディストリビューションの多くのパッケージは頻繁に更新されます。これにより、バグが修正され、機能が追加されて、セキュリティ上の弱点に対する防御措置が行われます。詳細については、「インスタンスソフトウェアの更新」を参照してください。

デフォルトで、Amazon Linux インスタンスは、amzn-mainamzn-updates の 2 つのリポジトリを有効にして起動します。これらのリポジトリには、Amazon Web Services が更新するさまざまなパッケージがありますが、別のリポジトリに含まれるパッケージをインストールしたい場合があるかもしれません。詳細については、「リポジトリの追加」を参照してください。有効なリポジトリでパッケージを探す方法については、ソフトウェアパッケージを見つける を参照してください。Amazon Linux インスタンスにソフトウェアをインストールする方法については、ソフトウェアパッケージのインストール を参照してください。

リポジトリに保管されているソフトウェアパッケージで、すべてのソフトウェアが利用できるわけではありません。一部のソフトウェアは、そのソースコードからインスタンスでコンパイルする必要があります。詳細については、「ソフトウェアのコンパイル準備」を参照してください。

Amazon Linux インスタンスは、yum パッケージマネージャを利用してソフトウェアを管理します。yum パッケージマネージャはソフトウェアをインストール、削除、更新し、各パッケージのすべての依存関係を管理できます。Ubuntu のような Debian ベースの Linux ディストリビューションは、apt-get コマンドと dpkg パッケージマネージャを使用するため、次のセクションの yum の例は、このようなディストリビューションには該当しません。