メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

自動モニタリングと手動モニタリング

AWS では、Amazon EC2 のモニタリングに使用できるさまざまなツールを提供しています。これらのツールの中には、自動モニタリングを設定できるものもあれば、手操作を必要とするものもあります。

自動モニタリングツール

次に示す自動化されたモニタリングツールを使用すると、Amazon EC2 の監視が行われ、問題が検出されたときにレポートが返されます。

  • [System Status Checks] – インスタンスを使用する際に必要な AWS システムをモニタリングして、AWS システムが正常に実行されていることを確認します。これらのチェックでは、修復において AWS が関係するインスタンスの問題が検出されます。システムステータスチェックが失敗した場合、AWS によって問題が修正されるのを待つか、自分自身で (たとえば、インスタンスを停止、再起動、終了、置換するなどによって) 問題を解決できます。システムステータスチェックの失敗の原因となる問題には、次のようなものがあります。

    • ネットワーク接続の喪失

    • システム電源の喪失

    • 物理ホストのソフトウェアの問題

    • ネットワーク到達可能性に影響する、物理ホスト上のハードウェアの問題

    詳細については、「インスタンスのステータスチェック」を参照してください。

  • [Instance Status Checks] – 個々のインスタンスのソフトウェアとネットワークの設定をモニタリングします。これらのチェックでは、ユーザーが関与して修復する必要のある問題が検出されます。インスタンスステータスチェックが失敗した場合、通常は自分自身で (たとえば、インスタンスを再起動する、オペレーティングシステムを修正するなどによって) 問題に対処する必要があります。インスタンスステータスチェックの失敗の原因となる問題には、次のようなものがあります。

    • 失敗したシステムステータスチェック

    • 誤って設定されたネットワークまたは起動設定

    • メモリの枯渇

    • 破損したファイルシステム

    • 互換性のないカーネル

    詳細については、「インスタンスのステータスチェック」を参照してください。

  • [Amazon CloudWatch Alarms] – 指定された期間にわたって単一のメトリクスを監視し、複数の期間にわたり既定のしきい値に関連するメトリクス値に基づいて 1 つ以上のアクションを実行します。アクションは、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックまたは Auto Scaling ポリシーに送信される通知です。アラームは、持続している状態変化に対してのみアクションを呼び出します。CloudWatch アラームは、単に特定の状態にあるというだけでアクションを呼び出すわけではありません。状態が変わり、それが指定した数の期間にわたって持続している必要があります。詳細については、「CloudWatch を使用したインスタンスのモニタリング」を参照してください。

  • Amazon CloudWatch Events - AWS サービスを自動化し、システムイベントに自動的に応答します。AWS サービスからのイベントはほぼリアルタイムに CloudWatch イベント に提供されます。ユーザーが記述したルールとイベントが一致したときに実行する自動化されたアクションを指定できます。詳細については、「Amazon CloudWatch Events とは?」を参照してください。

  • [Amazon CloudWatch Logs] - Amazon EC2 インスタンス、AWS CloudTrail、またはその他のソースのログファイルの監視、保存、アクセスができます。詳細については、「Amazon CloudWatch Logs とは?」を参照してください。

  • [Amazon EC2 Monitoring Scripts] - インスタンスのメモリ、ディスク、スワップファイルの使用状況をモニタリングできる Perl スクリプトです。詳細については、「Amazon EC2 Linux インスタンスのメモリとディスクのメトリクスのモニタリング」を参照してください。

  • [AWS Management Pack for System Center Operations Manager] – Amazon EC2 インスタンスと、これらのインスタンス内で稼働する Microsoft Windows または Linux オペレーティングシステムをリンクします。AWS マネジメントパックは Microsoft System Center Operations Manager 向けの拡張パックです。データセンターの指定されたコンピュータ (監視ノードと呼びます) と Amazon ウェブ サービス API を使用して、AWS リソースに関する情報をリモートで検出して収集します。詳細については、「Microsoft System Center 用 AWS Management Pack」を参照してください。

手動モニタリングツール

Amazon EC2 のモニタリングにおけるもう 1 つの重要な部分は、モニタリングスクリプト、ステータスチェック、および CloudWatch アラームで網羅されていない項目を手動でモニタリングすることです。Amazon EC2 および CloudWatch のコンソールダッシュボードには、Amazon EC2 環境の状態が一目でわかるビューが表示されます。

  • Amazon EC2 ダッシュボードには次の内容が表示されます。

    • リージョンごとのサービス状態とスケジュールされたイベント

    • インスタンスの状態

    • ステータスチェック

    • アラームステータス

    • インスタンスメトリクスの詳細 (ナビゲーションペインで、[Instances] をクリックし、インスタンスを選択して、[Monitoring] タブをクリックします)

    • ボリュームメトリクスの詳細 (ナビゲーションペインの [Volumes] をクリックし、ボリュームを選択して、[Monitoring] タブをクリックします)

  • Amazon CloudWatch ダッシュボードには、次の内容が表示されます。

    • 現在のアラームとステータス

    • アラームとリソースのグラフ

    • サービス状態ステータス

    さらに、CloudWatch を使用して次のことが行えます。

    • Amazon EC2 モニタリングデータをグラフ化して、問題のトラブルシューティングを行い、傾向を確認する

    • AWS リソースのすべてのメトリクスを検索して、参照する

    • 問題があることを通知するアラームを作成/編集する

    • アラームおよび AWS リソースが一目でわかる概要を表示する