メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Amazon EC2 Run Command を使用した SSM エージェントの更新

インスタンスで実行している Amazon EC2 SSM エージェントを更新するには、AWS-UpdateSSMAgent ドキュメントを使用できます。最新バージョンに更新することも、古いバージョンにダウングレードすることもできます。コマンドを実行すると、システムは該当するバージョンを AWS からダウンロードし、インストールして、コマンドの実行前に存在していたバージョンをアンインストールします。このプロセスの実行中にエラーが発生すると、システムはコマンドの実行前のサーバーバージョンにロールバックし、コマンドステータスにはコマンドの失敗が示されます。

注記

この手順には Amazon SNS 通知の Run Command を設定する情報は含まれません。通知を返すコマンドを実行する方法については、「コマンドがステータスを変更したときに Amazon SNS 通知を取得する」を参照してください。

Run Command を使用して SSM エージェントを更新するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Run Command] を選択します。

  3. [Run a command] を選択します。

  4. [Command document] で、[AWS-UpdateSSMAgent] を選択します。

  5. [Target instances] で、コマンドを実行するインスタンスを選択します。このリストに表示されていないインスタンスは、Run Command 用に適切に設定されていない場合があります。詳細については、「Systems Manager の前提条件」を参照してください。

  6. (オプション) [Version] で、インストールする SSM エージェントのバージョンを入力します。エージェントの古いバージョンをインストールすることもできます。バージョンを指定しないと、最新バージョンのサービスがインストールされます。

  7. (オプション) 以前のバージョンの SSM エージェントをインストールするには、[Allow Downgrade] で [true] を選択します。このオプションを選択した場合は、以前のバージョン番号を指定する必要があります。[false] を選択すると、最新バージョンのサービスのみがインストールされます。

  8. [Comment] で、コマンドのリストで各コマンドを識別するために役立つ情報を提供することをお勧めします。

  9. [Timeout (seconds)] で、Run Command からインスタンスに到達しようとして、到達できずにコマンドの実行が失敗したと見なされるまでの秒数を入力します。最小は 30 秒、最大は 30 日、デフォルトは 10 分です。

  10. [S3 bucket] で、コマンド出力の S3 バケット名を入力します。

    重要

    Amazon EC2 コンソールでは、Run Command の [Output] ページは、2500 文字を超えると切り捨てられます。Run Command を使用してコマンドを実行する前に、Amazon S3 バケットを設定します。コマンド出力が 2500 文字を超えた場合は、Amazon S3 バケットで完全な出力を表示できます。詳細については、「バケットの作成」を参照してください。

  11. [S3 key prefix] で、S3 バケットのサブフォルダ名を入力します。サブフォルダを使用すると、複数のインスタンスに対して複数のコマンドを実行する場合に、Run Command の出力を整理できます。

AWS CLI を使用してコマンドを実行する方法については、「AWS CLI を使用した Amazon EC2 Run Command のチュートリアル」または SSM CLI リファレンスを参照してください。

コマンドをキャンセルする

コマンドの状態が Pending または Executing であるとサービスに示されている間は、コマンドのキャンセルを試行できます。ただし、まだコマンドがこれらの状態のいずれかであっても、コマンドが終了し、その基盤であるプロセスが停止することは保証されません。

コマンドをキャンセルするには コンソールを使用する

  1. ナビゲーションペインで、[Run Command] を選択します。

  2. キャンセルするコマンド呼び出しを選択します。

  3. [Actions]、[Cancel Command] の順に選択します。

AWS CLI を使用してコマンドをキャンセルするには

次の コマンドを使用します。

Copy
aws ssm cancel-command --command-id "command ID" --instance-ids "instance ID"

キャンセルしたコマンドのステータスについては、「コマンドのステータスとモニタリング」を参照してください。

コマンド出力の表示

以下の手順を使用して、EC2 コンソールでコマンド実行結果を表示します。

コマンド出力を表示するには

  1. Amazon EC2 コンソールで、リストからコマンドを選択します。

  2. [Output] タブを選択します。

  3. [View Output] を選択します。

      Amazon EC2 コンソールからの Run Command 出力へのアクセス
  4. コマンド出力ページには、コマンドの実行結果が表示されます。

     Run Command 出力の例