メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

状態マネージメント

Systems Manager State Manager は、Amazon EC2 およびハイブリッドインフラストラクチャを定義された状態に保つプロセスを自動化する、安全でスケーラブルなサービスです。State Manager を使用して、インスタンスがスタートアップ時に特定のソフトウェアでブートストラップされたり、セキュリティポリシーに従って設定されたり、Windows ドメインに結合されたり、ライフサイクルを通じて特定のソフトウェア更新でパッチを適用されたりするように設定できます。また、State Manager を使用して、インスタンスのライフサイクル中の異なる時刻に Linux シェルスクリプトまたは Windows PowerShell スクリプトを実行できます。

State Manager は、すべての関連付けの実行の監査証跡を保持するため、AWS CloudTrail と統合されます。

Windows ユーザー向けの情報

Windows インスタンスの Amazon EC2 ユーザーガイドの「状態マネージメント」を参照してください。

仕組み

最初に、Systems Manager コマンドまたはポリシードキュメントで、マネージドインスタンスに適用する状態を指定します (たとえば、ブートストラップするアプリケーションや、指定するネットワーク設定)。これらのドキュメントは JSON で記述され、単にドキュメントと呼ばれます。次に、AWS CLI または Amazon EC2 コンソールを使用してターゲットにドキュメントをバインドします。インスタンス ID または EC2 タグを対象にすることができます。対象にするドキュメントのバインドは、関連付けと呼ばれます。インスタンスを特定のポリシードキュメントに関連付けると、定義したスケジュールに従って関連付けられたドキュメントで定義された状態が State Manager によって再適用されるため、インスタンスが目的の状態に保たれます。

State Manager の開始方法

State Manager の使用を開始するには、以下のタスクを完了します。

タスク 追加情報

マネージドインスタンスの SSM エージェントを最新バージョンに更新します。

Amazon EC2 Run Command を使用した SSM エージェントの更新

オンプレミスサーバーと VM を Systems Manager 用に設定します。設定後は、マネージドインスタンスと呼ばれます。

ハイブリッド環境での Systems Manager のセットアップ

Systems Manager の前提条件を確認します。

Systems Manager の前提条件

インスタンスで実行するアクションを定義するポリシードキュメントを作成します。

Systems Manager ドキュメントの作成

関連付けを作成し、インスタンスに適用します。

State Manager の関連付け

関連情報