メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Amazon EC2 使用状況レポート

Amazon EC2 で提供されている使用状況レポートを使用すると、インスタンスの使用状況を詳細に分析できます。使用状況レポートのデータは、毎日複数回更新されます。レポートは、AWS アカウント、リージョン、アベイラビリティーゾーン、オペレーティングシステム、インスタンスタイプ、購入オプション、テナンシー、およびタグでフィルタリングできます。

アカウントの使用状況およびコストデータを取得するには、そのアカウントの認証情報を持っており、アカウントのリソースおよびタグ付きの請求明細レポートを有効にする必要があります。一括請求 (コンソリデーティッドビリング) を使用している場合、支払いアカウントとすべてのリンクされているアカウントのデータを表示するには、支払いアカウントにログインする必要があります。一括請求については、Pay Bills for Multiple Accounts with Consolidated Billing を参照してください。

使用可能なレポート

生成できるレポートは次のとおりです。

レポートにアクセスするには、AWS マネジメントコンソール を開きます。ナビゲーションペインで、[Reports] を選択し、表示するレポートを選択します。

使用状況レポートをセットアップする

開始する前に、以下の手順に示すように、リソースおよびタグ付きの請求明細レポートを有効にします。この手順を完了したら、インスタンスの使用状況データの収集を開始します。請求明細レポートを既に有効にしている場合は、有効にしてから収集している使用状況データにアクセスできます。

重要

これらの手順を完了するには、AWS アカウント認証情報を使用してログインする必要があります。IAM ユーザー認証情報を使用してログインした場合、これらの手順を完了することはできません。

請求明細レポートを有効にするには

  1. 使用状況データを受け取るために既存の Amazon S3 バケットを選択します。請求書データが含まれているので、このバケットへのアクセス権を必ず管理してください (これらのファイルを保存しておく必要はありません。実際には、不要になったらすぐに削除してかまいません)。バケットがない場合は、以下のようにして作成します。

    1. Amazon S3 コンソールを開きます。

    2. [Create Bucket] を選択します。

    3. [Create a Bucket] ダイアログボックスで、バケット名 (username-ec2-usage-data など) を入力し、リージョンを選択して [Create] を選択します。バケット名の要件の詳細については、Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイドCreating a Bucket を参照してください。

  2. https://console.aws.amazon.com/billing/home?# にある Billing and Cost Management コンソールを開きます。

  3. ナビゲーションペインで [Preferences] を選択します。

  4. [Receive Billing Reports] を選択します。

  5. [Save to S3 Bucket] で Amazon S3 バケットの名前を指定します。

  6. [Receive Billing Reports] で、[sample policy] を選択します。サンプルポリシーをコピーします。サンプルポリシーは、指定したバケット名を使用しています。

  7. Amazon S3 バケットに対して、使用状況データを公開するための AWS アクセス許可を付与します。

    1. 別のブラウザタブで、Amazon S3 コンソールを開きます。バケットを選択して、[Properties] を選択し、[Permissions] を展開します。[Permissions] セクションで、[Add bucket policy] を選択します。サンプルポリシーをテキストエリアに貼り付けて、[Save] を選択します。[Permissions] セクションで、[Save] を選択します。

    2. サンプルポリシーのブラウザタブに戻り、[Verify] を選択します。

  8. [Report] で、[Detailed billing report with resources and tags] を選択します。

  9. [Save preferences] を選択します。

    注記

    レポートにデータが表示されるまで、最大 1 日かかる場合があります。

インスタンスは、タグを使用して分類できます。インスタンスにタグを付加してから、これらのタグに基づくレポートを有効にする必要があります。

タグによる使用状況レポートを有効にするには

  1. インスタンスにタグを付加します。最良の結果を得るために、レポートに使用する各タグをそれぞれのインスタンスに必ず追加してください。インスタンスにタグを付加する方法の詳細については、Amazon EC2 リソースにタグを付ける を参照してください。

  2. https://console.aws.amazon.com/billing/home?# にある Billing and Cost Management コンソールを開きます。

  3. ナビゲーションペインで [Preferences] を選択します。

  4. [Report] で、[Manage report tags] を選択します。

  5. ページに作成したタグのリストが表示されます。インスタンスの使用状況データのフィルタリングまたはグループ化に使用するタグを選択し、[Save] をクリックします。選択しないタグはすべて、インスタンスの使用状況レポートから自動的に除外されます。

    注記

    これらの変更は、現在の月のデータのみに適用されます。これらの変更が有効になるまで、最大 1 日かかる場合があります。

IAM ユーザーに Amazon EC2 使用状況レポートへのアクセス権を付与する

デフォルトでは、IAM ユーザーは Amazon EC2使用状況レポートにアクセスできません。IAM ユーザーにこれらのレポートへのアクセス許可を付与する IAM ポリシーを作成する必要があります。

次のポリシーでは、ユーザーは両方の Amazon EC2 使用状況レポートを表示できます。

Copy
{ "Version": "2012-10-17", "Statement":[{ "Effect": "Allow", "Action": "ec2-reports:*", "Resource": "*" } ] }

次のポリシーでは、ユーザーはインスタンスの使用状況レポートを表示できます。

Copy
{ "Version": "2012-10-17", "Statement":[{ "Effect": "Allow", "Action": "ec2-reports:ViewInstanceUsageReport", "Resource": "*" } ] }

次のポリシーでは、ユーザーはリザーブドインスタンスの使用率レポートを表示できます。

Copy
{ "Version": "2012-10-17", "Statement":[{ "Effect": "Allow", "Action": "ec2-reports:ViewReservedInstanceUtilizationReport", "Resource": "*" } ] }

詳細については、IAM ユーザーガイド の「アクセス権限とポリシー」を参照してください。