メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

スポットインスタンスの制限

スポットインスタンスリクエストには以下の制限が適用されます。

サポートされていないインスタンスタイプ

次のインスタンスタイプは、スポットではサポートされません。

  • T2

  • HS1

スポットインスタンスタイプは、すべてのリージョンで利用可能とは限りません。リージョンでサポートされるインスタンスタイプを表示するには、[Spot Instance Pricing] に移動し、リージョンを選択します。

スポットリクエスト制限

デフォルトでは、アカウントの制限はリージョンごとに 20 個のスポットインスタンスです。 スポットインスタンスを終了してもリクエストはキャンセルしない場合、Amazon EC2 がその終了を検出してリクエストを終了するまで、リクエストはこの制限に対してカウントされます。

スポットインスタンスの制限は動的です。 新規のアカウントの場合、制限が 20 個未満で開始することがありますが、時間とともに増加します。 また、アカウントに特定のスポットインスタンスタイプの制限がある場合があります。 スポットインスタンスリクエストを送信したときに Max spot instance count exceeded エラーが表示された場合は、AWS サポートセンターに移動して、制限の引き上げリクエストフォームを送信できます。 [Use Case Description] には、スポットインスタンスリクエストの制限を緩和する必要がある理由を記載してください。

スポット入札価格制限

スポットインスタンスの入札価格制限は、オンデマンド価格の 10 倍です。この制限は、コストを抑制することを目的としています。

スポットフリートの制限

スポットフリートによって起動されるインスタンスには、Amazon EC2 の通常の制限 (スポット入札価格制限、インスタンス制限、容量制限など) が適用されます。また、以下の制限も適用されます。

  • リージョンあたりのアクティブなスポットフリートの数: 1,000

  • 群あたりの起動仕様の数: 50

  • 起動仕様内のユーザーデータのサイズ: 16 KB

  • スポットフリートごとのターゲット容量: 3,000

  • リージョン内のすべてのスポットフリートにおけるターゲット容量: 5,000

  • スポットフリートリクエストは、リージョンにまたがることはできません。

  • スポットフリートリクエストは、同じアベイラビリティーゾーンから複数の異なるサブネットにまたがることはできません。