メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Windows インスタンス用ユーザーガイド

Windows インスタンスの時刻を設定する

サーバータスクとプロセスの多くには、一貫して正確な時間参照が不可欠です。システムログのほとんどにタイムスタンプが含まれています。これを利用すれば、問題が発生した時刻とイベントの発生順序を判断できます。AWS CLI、または AWS SDK を使用してインスタンスからリクエストを行う場合、これらのツールによって自動的にリクエストに署名されます。インスタンスの日時が正しく設定されていない場合、署名の日付がリクエストの日付と一致しないことがあり、その場合は AWS によってリクエストが却下されます。Windows インスタンスでは協定世界時 (UTC) を使用することをお勧めします。ただし、必要な場合は別のタイムゾーンも使用できます。

時間帯の変更

Windows インスタンスは、デフォルトで UTC タイムゾーンに設定されます。ローカルタイムゾーンまたはネットワークの他の部分のタイムゾーンに対応する時刻に変更できます。

インスタンスの時間帯を変更するには

  1. インスタンスで、コマンドプロンプトウィンドウを開きます。

  2. インスタンスで使用する時間帯を特定します。タイムゾーンの一覧を取得するには、tzutil /l というコマンドを使用します。このコマンドは、利用可能なすべてのタイムゾーンの一覧を次の形式で返します。

    Copy
    display name time zone ID
  3. インスタンスに割り当てるタイムゾーン ID を見つけます。

  4. 次のコマンドを使用して、インスタンスにタイムゾーンを割り当てます。

    Copy
    C:\> tzutil /s "Pacific Standard Time"

    新しいタイムゾーンは即座に反映されます。

ネットワークタイムプロトコル (NTP) の構成

Windows インスタンスは、time.windows.com NTP サーバーを使用してシステム時刻を設定します。ただし、必要に応じて他の NTP サーバーを使用するように変更することもできます。たとえば、インターネットアクセスをしない Windows インスタンスがある場合、プライベートネットワーク内の NTP サービスを使用するように設定できます。インスタンスのセキュリティグループは、ポート 123 (NTP) でアウトバウンド UDP トラフィックを許可する必要があります。このセクションでは、インスタンスの NTP 設定を確認し変更する方法を示します。

NTP 設定を確認するには

  1. インスタンスで、コマンドプロンプトウィンドウを開きます。

  2. 次のコマンドを入力して、現在の NTP 設定を取得します。

    Copy
    C:\> w32tm /query /configuration

    このコマンドは、Windows インスタンスの現在の設定を返します。

  3. (オプション) 次のコマンドを入力して、現在の設定のステータスを取得します。

    Copy
    C:\> w32tm /query /status

    このコマンドは、インスタンスと NTP サーバーを同期した最終時刻やポーリング間隔などの情報を返します。

NTP 設定を変更するには

  1. コマンドプロンプトウィンドウで、次のコマンドを実行します。

    Copy
    C:\> w32tm /config /manualpeerlist:comma-delimited list of NTP servers /syncfromflags:manual /update

    ここで comma-delimited list of NTP servers は、インスタンスで使用する NTP サーバーのリストです。

  2. 次のコマンドを使用して新しい設定を確認します。

    Copy
    C:\> w32tm /query /configuration

Windows Server 2008 以降の時刻設定を設定する

Windows インスタンスの時刻を変更するときは、システムを再起動してもその時刻が維持されるようにする必要があります。そうでない場合、インスタンスを再起動すると、再び UTC 時間が使用されます。Windows Server 2008 以降の場合、RealTimeIsUniversal レジストリキーを追加することで時刻設定を維持することができます。

RealTimeIsUniversal レジストリキーを設定するには

  1. インスタンスで、コマンドプロンプトウィンドウを開きます。

  2. 次のコマンドを使用してレジストリキーを追加します。

    Copy
    C:\> reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation" /v RealTimeIsUniversal /d 1 /t REG_DWORD /f
  3. 2013 年 2 月 22 日以前に作成された Windows Server 2008 AMI (Windows Server 2008 R2 以外) を使用している場合、Microsoft の修正プログラム KB2800213 がインストールされていることを確認する必要があります。この hotfix がインストールされていない場合は、インストールします。この hotfix は、RealTimeIsUniversal キーが原因で、夏時間の期間および暦年の開始日 (1 月 1 日) に Windows の CPU 使用率が 100% になるという既知の問題を解決します。

    Windows Server 2008 R2 (Windows Server 2008 以外) を実行する AMI を使用する場合は、Microsoft の修正プログラム KB2922223 がインストールされていることを確認する必要があります。この hotfix がインストールされていない場合は、インストールします。この hotfix は、RealTimeIsUniversal キーが原因でシステムの CMOS クロックが更新されないという既知の問題を解決します。

  4. (オプション) 次のコマンドを使用して、インスタンスでキーが正常に保存されたことを確認します。

    Copy
    C:\> reg query "HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation" /s

    このコマンドは TimeZoneInformation レジストリキーのサブキーを返します。次のように、リストの最後に RealTimeIsUniversal キーが表示されます。

    Copy
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation Bias REG_DWORD 0x1e0 DaylightBias REG_DWORD 0xffffffc4 DaylightName REG_SZ @tzres.dll,-211 DaylightStart REG_BINARY 00000300020002000000000000000000 StandardBias REG_DWORD 0x0 StandardName REG_SZ @tzres.dll,-212 StandardStart REG_BINARY 00000B00010002000000000000000000 TimeZoneKeyName REG_SZ Pacific Standard Time DynamicDaylightTimeDisabled REG_DWORD 0x0 ActiveTimeBias REG_DWORD 0x1a4 RealTimeIsUniversal REG_DWORD 0x1

Windows Server 2003 の時刻設定を設定する

Windows Server 2003 を実行しているインスタンスのタイムゾーンを変更するときは、システムを再起動してもその時刻が維持されるようにする必要があります。そうでない場合、インスタンスを再起動すると、タイムゾーンとして再び UTC 時間が使用されるようになり、時刻オフセットに応じて時刻がずれることになります。Citrix PV ドライバを更新することで、時刻設定を維持することができます。詳細については、「Windows AMI での PV ドライバのアップグレード」を参照してください。

Citrix PV ドライバを更新すると、サービスの起動時に、仮想マシンサービス用の Citrix ツールによってインスタンスの時刻が設定されます。

Windows オペレーティングシステムが時間を調整および管理する方法とうるう秒の追加の詳細については、以下のトピックを参照してください。