メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Windows インスタンス用ユーザーガイド

Windows インスタンスの時刻を設定する

サーバータスクとプロセスの多くには、一貫して正確な時間参照が不可欠です。システムログのほとんどにタイムスタンプが含まれています。これを利用すれば、問題が発生した時刻とイベントの発生順序を判断できます。AWS CLI、または AWS SDK を使用してインスタンスからリクエストを行う場合、これらのツールによって自動的にリクエストに署名されます。インスタンスの日時が正しく設定されていない場合、署名の日付がリクエストの日付と一致しないことがあり、その場合は AWS によってリクエストが却下されます。Windows インスタンスでは協定世界時 (UTC) を使用することをお勧めします。ただし、必要な場合は別のタイムゾーンも使用できます。

時間帯の変更

Windows インスタンスは、デフォルトで UTC タイムゾーンに設定されます。ローカルタイムゾーンまたはネットワークの他の部分のタイムゾーンに対応する時刻に変更できます。

To change the time zone on an instance

  1. From your instance, open a Command Prompt window.

  2. Identify the time zone to use on the instance. To get a list of time zones, use the following command: tzutil /l. This command returns a list of all available time zones, using the following format:

    display name
    time zone ID
  3. Locate the time zone ID to assign to the instance.

  4. Assign the time zone to the instance by using the following command:

    Copy
    tzutil /s "Pacific Standard Time"

    The new time zone should take effect immediately.

ネットワークタイムプロトコル (NTP) の構成

Windows インスタンスは、time.windows.com NTP サーバーを使用してシステム時刻を設定します。ただし、必要に応じて他の NTP サーバーを使用するように変更することもできます。たとえば、インターネットアクセスをしない Windows インスタンスがある場合、プライベートネットワーク内の NTP サービスを使用するように設定できます。インスタンスのセキュリティグループは、ポート 123 (NTP) でアウトバウンド UDP トラフィックを許可する必要があります。このセクションでは、インスタンスの NTP 設定を確認し変更する方法を示します。

To verify the NTP configuration

  1. From your instance, open a Command Prompt window.

  2. Get the current NTP configuration by typing the following command:

    Copy
    w32tm /query /configuration

    This command returns the current configuration settings for the Windows instance.

  3. (Optional) Get the status of the current configuration by typing the following command:

    Copy
    w32tm /query /status

    This command returns information such as the last time the instance synced with the NTP server and the poll interval.

To change the NTP configuration

  1. From the Command Prompt window, run the following command:

    Copy
    w32tm /config /manualpeerlist:comma-delimited list of NTP servers /syncfromflags:manual /update

    Where comma-delimited list of NTP servers is the list of NTP servers for the instance to use.

  2. Verify your new settings by using the following command:

    Copy
    w32tm /query /configuration

Windows Server 2008 以降の時刻設定を設定する

Windows インスタンスの時刻を変更するときは、システムを再起動してもその時刻が維持されるようにする必要があります。そうでない場合、インスタンスを再起動すると、再び UTC 時間が使用されます。Windows Server 2008 以降の場合、RealTimeIsUniversal レジストリキーを追加することで時刻設定を維持することができます。

To set the RealTimeIsUniversal registry key

  1. From the instance, open a Command Prompt window.

  2. Use the following command to add the registry key:

    Copy
    reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation" /v RealTimeIsUniversal /d 1 /t REG_DWORD /f
  3. If you are using a Windows Server 2008 AMI (not Windows Server 2008 R2) that was created before February 22, 2013, you should verify that the Microsoft hotfix KB2800213 is installed. If this hotfix is not installed, install it. This hotfix resolves a known issue in which the RealTimeIsUniversal key causes the Windows CPU to run at 100% during Daylight savings events and the start of each calendar year (January 1).

    If you are using an AMI running Windows Server 2008 R2 (not Windows Server 2008), you must verify that the Microsoft hotfix KB2922223 is installed. If this hotfix is not installed, install it. This hotfix resolves a known issue in which the RealTimeIsUniversal key prevents the system from updating the CMOS clock.

  4. (Optional) Verify that the instance saved the key successfully using the following command:

    Copy
    reg query "HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation" /s

    This command returns the subkeys for the TimeZoneInformation registry key. You should see the RealTimeIsUniversal key at the bottom of the list, similar to the following:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation
        Bias                            REG_DWORD     0x1e0
        DaylightBias                    REG_DWORD     0xffffffc4
        DaylightName                    REG_SZ        @tzres.dll,-211
        DaylightStart                   REG_BINARY    00000300020002000000000000000000
        StandardBias                    REG_DWORD     0x0
        StandardName                    REG_SZ        @tzres.dll,-212
        StandardStart                   REG_BINARY    00000B00010002000000000000000000
        TimeZoneKeyName                 REG_SZ        Pacific Standard Time
        DynamicDaylightTimeDisabled     REG_DWORD     0x0
        ActiveTimeBias                  REG_DWORD     0x1a4
        RealTimeIsUniversal             REG_DWORD     0x1

Windows Server 2003 の時刻設定を設定する

Windows Server 2003 を実行しているインスタンスのタイムゾーンを変更するときは、システムを再起動してもその時刻が維持されるようにする必要があります。そうでない場合、インスタンスを再起動すると、タイムゾーンとして再び UTC 時間が使用されるようになり、時刻オフセットに応じて時刻がずれることになります。Citrix PV ドライバーを更新することで、時刻設定を維持することができます。詳細については、「Windows AMI での PV ドライバーのアップグレード」を参照してください。

Citrix PV ドライバーを更新すると、サービスの起動時に、仮想マシンサービス用の Citrix ツールによってインスタンスの時刻が設定されます。

Windows オペレーティングシステムが時間を調整および管理する方法とうるう秒の追加の詳細については、以下のトピックを参照してください。