メニュー
Amazon Simple Queue Service
開発者ガイド

Amazon SQS のバッチ API アクション

2009-02-01 API バージョンの Amazon SQS では、ReceiveMessage アクションでのみバッチ処理がサポートされます (1 つの呼び出しで複数のメッセージが処理されます)。

2011-10-01 API バージョンの Amazon SQS から、バッチ機能を使用してメッセージを送信および削除し、メッセージの可視性タイムアウトを変更することができます。

  • 最大 10 通のメッセージを一度に送信するには、SendMessageBatch アクションを使用します。

  • 1 つの API 呼び出しを使用して最大 10 通のメッセージを削除するには、DeleteMessageBatch アクションを使用します。

  • 最大 10 通のメッセージの可視性タイムアウト値を変更するには、ChangeMessageVisibilityBatch アクションを使用します。

コストを削減するには、新しい Amazon SQS バッチアクションをサポートする Query API またはソフトウェアデプロイキット (SDK) のバッチ機能を活用します。

Note

Amazon SQS コンソールは、バッチ API アクションをサポートしていません。

次の 3 つのバッチ API アクションの詳細と例については、Amazon Simple Queue Service API Reference を参照してください。

SendMessageBatch の最大メッセージサイズ

SendMessageBatch では、最大 262,144 バイト (256 KB) のメッセージを送信できます。ただし、SendMessageBatch への 1 つの呼び出しで送信するすべてのメッセージの合計サイズ 262,144 バイト (256 KB) を超えることはできません。