メニュー
Amazon CloudWatch
ユーザーガイド

Amazon CloudWatch アラームの作成

CloudWatch アラームを作成できます。これは、アラームの状態が変わったときに Amazon Simple Notification Service メッセージを送信します。アラームは、指定期間にわたって単一のメトリクスを監視し、その値と複数期間に対するしきい値との比較結果に基づいて 1 つ以上のアクションを実行します。アクションとは、Amazon Simple Notification Service トピックまたは Auto Scaling ポリシーに送信される通知のことです。アラームは、持続している状態変化に対してのみアクションを呼び出します。CloudWatch アラームは、単に特定の状態にあるというだけでアクションを呼び出すわけではありません。状態が変わり、それが指定した数の期間にわたって持続している必要があります。

状態変化に伴いアラームによって呼び出されるアクションの内容は、そのアラームに関連付けられたアクションの種類によって異なります。Auto Scaling ポリシーの通知の場合、アラームは、状態が変わってその状態が持続している期間ごとにアクションを呼び出します。Amazon Simple Notification Service 通知では、アクションが呼び出されるのは 1 回だけです。

アラームには次の 3 つの状態があります。

  • OK – メトリクスの値が、定義されたしきい値を下回っている。

  • ALARM – メトリクスの値が、定義されたしきい値を上回っている。

  • INSUFFICIENT_DATA – アラームが開始直後であるか、メトリクスが利用できないか、データが不足していてアラームの状態を判定できない。

下の図では、アラームのしきい値は 3 に、評価期間は 3 に設定されています。つまり、最も古い期間が超過し、その他の期間が 3 つの期間の時間枠内で超過または不足している場合、アラームによってアクションが呼び出されます。この図では、第 3 期間から第 5 期間にかけて発生しており、アラームの状態は ALARM になっています。第 6 期間で、値はしきい値を下回り、状態は OK に戻ります。後で、第 9 期間中にしきい値に再度超過がありますが、それ以前の期間は OK です。そのため、アラームの状態は OK のままです。

アラームのしきい値によるアラームのトリガー

Note

CloudWatch は、指定したアクションのテストや検証は行いません。また、存在しないアクションの呼び出しから生じる Auto Scaling や SNS のエラーも検出しません。アクションが存在していることを確認してください。

アラームでよく使用する機能

  • AWS アカウントにつき最大 5,000 のアラームを作成できます。アラームを作成または更新するには、PutMetricAlarm API 機能(mon-put-metric-alarm コマンド)を使用します。

  • DescribeAlarms API(mon-describe-alarms コマンド)を用いて、現在設定しているアラームのいずれかまたはすべてを一覧表示したり、特定の状態にあるアラームを一覧表示したりできます。さらに、時間レンジで一覧をフィルタできます。

  • アラームを無効にするには DisableAlarmActions API(mon-disable-alarm-actions コマンド)を、有効にするには EnableAlarmActions API(mon-enable-alarm-actions コマンド)を使用します。

  • アラームの動作をテストするには、SetAlarmState API(mon-set-alarm-state コマンド)を使用して任意の状態に設定します。この一時的な状態変更が持続するのは、次のアラーム比較が行われるときまでです。

  • カスタムメトリクスを作成する前に、PutMetricAlarm API 関数(mon-put-metric-alarm コマンド)を使用してアラームを作成できます。アラームを有効にするには、メトリクス名前空間およびメトリクス名に加えて、カスタムメトリクスのディメンションをすべてアラームの定義に含める必要があります。

  • アラームの履歴を見るには DescribeAlarmHistory API(mon-describe-alarm-history コマンド)を使用します。CloudWatch は、アラーム履歴を 2 週間保存します。各状態変化に、固有のタイムスタンプが付きます。まれに、1 つの状態変化に対して複数の通知が履歴に残されることがあります。タイムスタンプによって、固有の状態変化を確認できます。

Note

特定の状況では、AWS リソースが CloudWatch にメトリクスデータを送信していないことがあります。

たとえば、Amazon EBS は、Amazon EC2 インスタンスに追加されていない利用可能なボリュームに関するメトリクスデータを送信しないことがあります。これは、そのボリュームでモニタリングするメトリクスの動作がないためです。そのようなメトリクスにアラームを設定すると、状態が Insufficient Data に変わることがあります。これは、単にリソースが動作していない状態を示すもので、必ずしも問題があることを意味しているわけではありません。