メニュー
Amazon CloudWatch
ユーザーガイド

CloudWatch ダッシュボードの時間範囲または時間形式を変更する

ダッシュボードデータを表示するための時間範囲を分、時間、日、週において変更できます。ダッシュボードを表示する時間形式をローカルまたは UTC 時間形式に変更することもできます。

注記

100 に近い数、またはそれ以上の数の高解像度メトリクスを含むグラフでダッシュボードを作成する場合は、ダッシュボードの優れたパフォーマンスを確保するため、時間範囲を 1 時間以内に設定することをお勧めします。高解像度メトリクスの詳細については、「高解像度のメトリクス」を参照してください。

ダッシュボードで時間範囲を変更する方法

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Dashboards] を選択し、ダッシュボードを選択します。

  3. 次のいずれかを行ってください。

    • 1 時間から 1 週間までの期間の、あらかじめ定義された範囲 (1 時間、3 時間、12 時間、1 日、3 日、1 週間) から 1 つを選択します。

    • [custom]、[Relative] を選択します。1 分から 15 か月の期間から、あらかじめ定義された範囲を 1 つ選択します。

    • [custom]、[Absolute] を選択します。カレンダーの指定またはテキストフィールドを使用して時間範囲を指定します。

注記

集約期間が [Auto] に設定されている間にグラフの時間範囲を変更すると、CloudWatch により期間が変更される可能性があります。期間を手動で設定するには、[Actions] を選択し、[Period:] に新しい値を選択します。

ダッシュボードの時間形式を変更する方法

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Dashboards] を選択し、ダッシュボードを選択します。

  3. [custom] を選択します。

  4. 左上で、[UTC] または [ローカルタイムゾーン] を選択します。