メニュー
Amazon EC2 Container Service
開発者ガイド (API Version 2014-11-13)

Amazon ECS リソースのクリーンアップ

特定の Amazon ECS クラスターでの実験または使用が終了したら、使用していないリソースに対する料金が発生しないように、それに関連付けられたリソースをクリーンアップする必要があります。

タスク、サービス、クラスター、コンテナインスタンスなど、一部の Amazon ECS リソースは、Amazon ECS コンソールを使用してクリーンアップします。Amazon EC2 インスタンス、Elastic Load Balancing ロードバランサー、Auto Scaling グループなど他のリソースは、Amazon EC2 コンソールで手動でクリーンアップするか、それを作成した AWS CloudFormation スタックを削除することでクリーンアップする必要があります。

サービスをスケールダウンする

クラスターにサービスが含まれる場合、クリーンアップ中に Amazon ECS によってコンテナインスタンスで新しいタスクが開始されないように、サービスのタスクの必要数を 0 にスケールダウンする必要があります。「サービスの更新」の手順に従って、[Number of tasks] フィールドに 0 を入力します。

または、次の AWS CLI コマンドを使用して、サービスをスケールダウンできます。必ず、スケールダウンする各サービスのリージョン名、クラスター名、サービス名を置き換えてください。

Copy
$ aws --region us-west-2 ecs update-service --cluster default --service service_name --desired-count 0

サービスを削除する

クラスターを削除する前に、クラスター内のサービスを削除する必要があります。サービスを 0 タスクにスケールダウンしてから削除できます。クラスター内の各サービスについて、「サービスの削除」の手順に従って削除します。

または、次の AWS CLI コマンドを使用してサービスを削除します。必ず、削除する各サービスのリージョン名、クラスター名、サービス名を置き換えてください。

Copy
$ aws --region us-west-2 ecs delete-service --cluster default --service service_name

コンテナインスタンスの登録を解除する

クラスターを削除する前に、クラスター内部のコンテナインスタンスの登録を解除する必要があります。クラスター内の各コンテナインスタンスについて、「コンテナインスタンスの登録解除」の手順に従って登録を解除します。

または、次の AWS CLI コマンドを使用して、コンテナインスタンスを登録解除できます。必ず、登録解除する各コンテナインスタンスのリージョン名、クラスター名、コンテナインスタンス ID を置き換えてください。

Copy
$ aws --region us-west-2 ecs deregister-container-instance --cluster default --container-instance container_instance_id --force

クラスターを削除する

Amazon ECS クラスターからアクティブなリソースを削除したら、そのクラスターを削除できます。以下の手順を使用してクラスターを削除します。

クラスターを削除するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ecs/ にある Amazon ECS コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションバーから、クラスターのリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Clusters] を選択します。

  4. [Clusters] ページで、削除するクラスターの右上隅にある [x] をクリックします。

     ECS クラスター

  5. [Yes, Delete] を選択してクラスターを削除します。

または、次の AWS CLI コマンドを使用してクラスターを削除します。必ず、削除する各クラスターのリージョン名およびクラスター名を置き換えてください。

Copy
$ aws --region us-west-2 ecs delete-cluster --cluster default

AWS CloudFormation スタックを削除する

次のコンソールの初回実行ウィザードで Amazon ECS リソースを作成した場合、リソースは AWS CloudFormation スタックに含まれています。このスタックに関連付けられた残りの AWS リソースをすべて削除することで、完全にクリーンアップできます。CloudFormation スタックを削除すると、EC2 インスタンスが終了し、Auto Scaling グループ、Elastic Load Balancing ロードバランサー、およびクラスターに関連付けられた Amazon VPC サブネットおよびインターネットゲートウェイが削除されます。

AWS CloudFormation スタックを削除するには

  1. AWS CloudFormation コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudformation/) を開きます。

  2. ナビゲーションバーから、クラスターが作成されたリージョンを選択します。

  3. Amazon ECS リソースに関連付けられているスタックを選択します。[Stack Name] 値は EC2ContainerService-default で始まります。

  4. [Delete Stack] を選択した後、[Yes, Delete] を選択してスタックリソースを削除します。