メニュー
Amazon EC2 Container Service
開発者ガイド (API Version 2014-11-13)

サービスの削除

実行中のタスクがなく、タスクの必要数がゼロの場合は、サービスを削除できます。サービスによってアクティブにタスクが管理されている場合、タスクを削除することはできないため、サービスのタスクの必要数を 0 に更新する必要があります。詳細については、「サービスの更新」を参照してください。

注記

サービスを削除するときに、クリーンアップが必要なタスクがまだ実行中の場合、サービスステータスは ACTIVE から DRAINING に移行し、そのサービスはコンソールまたは ListServices API オペレーションで表示されなくなります。それらのタスクが停止した後、サービスステータスは DRAINING から INACTIVE に移行します。DRAINING または INACTIVE ステータスのサービスは DescribeServices API オペレーションで引き続き表示できます。ただし後で、INACTIVE ステータスのサービスは、Amazon ECS によって保存されたレコードからクリーンアップされて削除され、それらのサービスに対する DescribeServices API オペレーションからは ServiceNotFoundException エラーが返されます。

空のサービスを削除するには、以下の手順を実行します。

空のサービスを削除するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ecs/ にある Amazon ECS コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションバーで、クラスターのあるリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Clusters] を選択します。

  4. [Clusters] ページで、サービスが存在するクラスターの名前を選択します。

  5. [Cluster : name] ページで、[Services] を選択します。

  6. 削除するサービスの左側にあるチェックボックスをオンにし、[Delete] を選択します。

    注記

    サービスを削除する前に、必要なタスクまたは実行中のタスクの数をゼロにする必要があります。

  7. [Yes, Delete] を選択して、サービスの削除を確定します。