メニュー
Amazon EC2 Container Service
開発者ガイド (API Version 2014-11-13)

コンテナインスタンスの登録解除

コンテナインスタンスの使用を終了する場合は、そのインスタンスをクラスターから登録解除できます。

登録解除後、コンテナインスタンスは新しいタスクを受けることができなくなります。登録解除するときにコンテナインスタンスでタスクが実行されている場合、インスタンスを終了するかタスクが他の手段で停止するまで、これらのタスクは実行されたままになります。ただし、これらのタスクは孤立しています (Amazon ECS によるモニタリングや情報収集の対象外になります)。コンテナインスタンス上の孤立したタスクが Amazon ECS サービスに含まれる場合、サービススケジューラは、可能であれば、別のコンテナインスタンスでそのタスクの別のコピーを開始します。Classic Load Balancer または Application Load Balancer ターゲットグループに登録されている孤立したサービスタスクのコンテナはすべて登録解除されます。これらはロードバランサーまたはターゲットグループの設定に従って接続のドレインが開始されます。

登録解除後に、コンテナインスタンスを別の用途に使用する予定の場合は、登録解除前に、コンテナインスタンスで実行中のすべてのタスクを停止する必要があります。これにより、孤立したタスクによってリソースが消費されなくなります。

重要

各コンテナインスタンスには、それぞれに固有の状態情報があるため、1 つのクラスターから登録解除して別のクラスターに再登録しないでください。コンテナインスタンスリソースを再配置するには、1 つのクラスターからコンテナインスタンスを終了し、新しいクラスター内の Amazon ECS に最適化された最新の AMI で、新しいコンテナインスタンスを起動することをお勧めします。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド の「インスタンスの終了」、および「Amazon ECS コンテナインスタンスの起動」を参照してください。

コンテナインスタンスを登録解除すると、インスタンスがクラスターから削除されますが、EC2 インスタンスは終了しません。インスタンスの使用を終了する場合は、Amazon EC2 コンソールでインスタンスを終了し、課金が停止されるようにしてください。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「インスタンスの終了」を参照してください。

注記

接続された Amazon ECS コンテナエージェントを使用して実行中のコンテナインスタンスを終了する場合は、エージェントによってクラスターからインスタンスが自動的に登録解除されます。停止したコンテナインスタンス、またはエージェントから切断されたインスタンスは終了時に自動的に登録解除されません。

コンテナインスタンスを登録解除するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ecs/ にある Amazon ECS コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションバーから、コンテナインスタンスが存在するリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Clusters] を選択し、コンテナインスタンスをホストするクラスターを選択します。

  4. [Cluster : name] ページで、[ECS Instances] を選択します。

     [ECS Instances] タブ
  5. 登録解除するコンテナインスタンスの ID を選択します。

  6. [Container Instance : id] ページで、[Deregister] を選択します。

  7. 登録解除メッセージを確認し、[Yes, Deregister] を選択します。

  8. コンテナインスタンスの使用を終了する場合は、基になる Amazon EC2 インスタンスを終了します。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「インスタンスの終了」を参照してください。

    注記

    インスタンスが Auto Scaling グループまたは AWS CloudFormation スタックによって維持されている場合は、Auto Scaling グループまたは AWS CloudFormation スタックを更新することでインスタンスを終了します。この方法で終了しないと、その終了後、Auto Scaling グループによってインスタンスが再び作成されます。