メニュー
Amazon EC2 Container Service
開発者ガイド (API Version 2014-11-13)

Amazon ECS コンテナエージェントの更新

場合によっては、バグの修正や新機能を取得するために Amazon ECS コンテナエージェントを更新する必要があります。Amazon ECS コンテナエージェントの更新によって、コンテナインスタンスで実行中のタスクやサービスが中断されることはありません。エージェントを更新するプロセスは、コンテナインスタンスが Amazon ECS 対応 AMI で起動されたか、別のオペレーティングシステムで起動されたかによって異なります。

Amazon ECS コンテナエージェントバージョンの確認

コンテナインスタンスで実行中のコンテナエージェントのバージョンをチェックして、更新が必要かどうかを確認できます。Amazon ECS コンソールのコンテナインスタンスビューにエージェントバージョンが表示されます。以下の手順を使用してエージェントバージョンを確認します。

コンソールで、Amazon ECS コンテナエージェントが最新バージョンで実行されているかどうかを確認するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ecs/ にある Amazon ECS コンソールを開きます。

  2. [Clusters] ページで、確認するコンテナインスタンスをホストするクラスターを選択します。

  3. [Cluster : cluster_name] ページで、[ECS Instances] を選択します。

  4. コンテナインスタンスの [Agent version] 列に注目します。コンテナインスタンスで古いエージェントバージョンを使用している場合、コンソールにアラートメッセージが表示され、古いエージェントバージョンにフラグが設定されます。

     コンテナインスタンスのエージェントバージョン

    エージェントバージョンが 1.14.1 の場合、最新のコンテナエージェントが実行されています。エージェントバージョンが 1.14.1 を下回る場合、次の手順でコンテナエージェントを更新できます。

    重要

    Amazon ECS に最適化された AMI で Amazon ECS エージェントバージョンを v1.0.0 より古いバージョンから更新するには、現行のコンテナインスタンスを終了し、Amazon ECS に最適化された最新の AMI で新しいインスタンスを起動することをお勧めします。Amazon ECS に最適化されたプレビューバージョンの AMI を使用しているコンテナインスタンスは削除し、最新の AMI に置き換える必要があります。詳細については、「Amazon ECS コンテナインスタンスの起動」を参照してください。

Amazon ECS コンテナエージェント詳細分析 API を使用して、コンテナインスタンス自体からエージェントバージョンを確認することもできます。詳細については、「Amazon ECS コンテナエージェントの詳細分析」を参照してください。

詳細分析 API を使用して、Amazon ECS コンテナエージェントで最新バージョンが実行されているかどうかを確認するには

  1. SSH 経由でコンテナインスタンスにログインします。

  2. 詳細分析 API をクエリします。

    Copy
    [ec2-user ~]$ curl -s 127.0.0.1:51678/v1/metadata | python -mjson.tool { "Cluster": "default", "ContainerInstanceArn": "arn:aws:ecs:us-west-2:<aws_account_id>:container-instance/4d3910c1-27c8-410c-b1df-f5d06fab4305", "Version": "Amazon ECS Agent - v1.14.1 (467c3d7)" }

    注記

    詳細分析 API は Version 情報を Amazon ECS コンテナエージェントのバージョン v1.0.0 に追加しました。詳細分析 API をクエリして Version が存在しない場合、または詳細分析 API 自体がエージェントに存在しない場合は、実行しているバージョンが v0.0.3 以前であり、更新する必要があります。