メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

自動検出の利点

自動検出には、次の利点があります。

  • キャッシュクラスター内のノード数を増やすと、新しいノードは、設定エンドポイントと他のすべてのノードに自身を登録します。キャッシュクラスターからノードを削除すると、削除対象のノードが自身の登録を解除します。いずれの場合も、クラスター内の他のすべてのノードが、最新のキャッシュノードメタデータで更新されます。

  • キャッシュノードの障害は自動的に検出されます。障害が発生したノードは、自動的に置き換えられます。

    注記

    ノードの交換が完了するまで、そのノードは正常になりません。

  • クライアントプログラムは、設定エンドポイントにのみ接続する必要があります。その後、自動検出ライブラリはクラスター内の他のすべてのノードに接続します。

  • クライアントプログラムは、1 分に 1 回クラスターをポーリングします (この間隔は必要に応じて調整できます)。クラスター設定の変更がある場合 (新しいノードや削除されたノードなど)、クライアントは更新されたメタデータリストを受け取ります。その後、クライアントは必要に応じてそれらのノードに接続したり、それらのノードから切断したりします。

自動検出は、すべての ElastiCache Memcached キャッシュクラスターで有効になります。この機能を使用するためにキャッシュノードを再起動する必要はありません。