メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

ノードの自動検出 (Memcached)

Memcached エンジンを実行するクラスターの場合、ElastiCache では自動検出がサポートされます。自動検出は、クライアントプログラムが、キャッシュクラスター内のすべてのノードを識別し、それらのすべてのノードへの接続を開始して維持する機能です。

注記

自動検出は、Amazon ElastiCache Memcached で実行されているキャッシュクラスターに追加されます。Redis (クラスターモードが有効) クラスターは、元々自動検出に対応しています。

自動検出によって、アプリケーションは手動で個々のキャッシュノードに接続する必要はありません。その代わり、アプリケーションは Memcached のノードの 1 つに接続してノードのリストを取得します。そのリストからアプリケーションはクラスターの残りのノードを発見して、それらにも接続できます。アプリケーションで個々のキャッシュノードエンドポイントをハードコードする必要はありません。

クラスター内のすべてのキャッシュノードには、他のすべてのノードに関するメタデータのリストが保持されます。このメタデータは、クラスターにノードが追加または削除されるたびに更新されます。