メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

Redis のメトリクス

次の表は、ElastiCache が提供するメトリクスを示します。ReplicationLag を除き、これらのメトリクスは、Redis info コマンドから算出されます。各メトリクスは、キャッシュノードレベルで算出されます。

Redis info コマンドの詳細は、Redis コマンドのウェブサイトを参照してください。

以下の資料も参照してください。

メトリクス 説明 単位
BytesUsedForCache Redis によって割り当てられた総バイト数。 Bytes
CacheHits 成功したキー検索の数。 カウント
CacheMisses 失敗したキー検索の数。 カウント
CurrConnections クライアントの接続数 (リードレプリカからの接続を除く)。 カウント
Evictions maxmemory の制限のため排除されたキーの数。 カウント
HyperLogLogBasedCmds HyperLogLog ベースのコマンドの総数。これは、Redis commandstats 統計に基づき、すべての pf 方のコマンド (pfaddpfcountpfmerge) を合計することで算出されます。 カウント
NewConnections この期間内にサーバーによって受け入れられた接続の総数。 カウント
Reclaimed キーの有効期限切れイベントの総数。 カウント
ReplicationBytes レプリカがアタッチされたプライマリについては、ReplicationBytes は、プライマリがすべてのレプリカに対して送信するバイト数を報告します。このメトリクスは、レプリケーショングループに対する書き込み負荷を表します。レプリカおよびスタンドアロンのプライマリについては、ReplicationBytes は常に 0 です。 Bytes
ReplicationLag このメトリクスは、リードレプリカとして実行中のノードにのみ適用できます。レプリカのプライマリノードからの変更適用の進行状況を秒で表します。 Seconds
SaveInProgress このバイナリメトリクスは、バックグラウンド保存 (分岐または分岐なし) が進行中の場合は常に 1 を返し、それ以外の場合は 0 を返します。バックグラウンド保存プロセスは一般に、スナップショットおよび同期の際に使用されます。これらのオペレーションによりパフォーマンスが低下する可能性があります。 SaveInProgress メトリクスを使用して、パフォーマンスが低下した原因がバックグラウンド保存プロセスであるかどうかを診断できます。 カウント

これらは特定の種類のコマンドの集計で、info commandstats から算出されています。

メトリクス 説明 単位
CurrItems クラスターの項目の数。これは、Redis keyspace 統計に基づき、キー空間全体のすべてのキーを合計することで算出されます。 カウント
GetTypeCmds get の種類のコマンドの総数。これは、Redis commandstats 統計に基づき、get 型のすべてのコマンド (getmgethget など) を合計することで算出されます。 カウント
HashBasedCmds ハッシュベースのコマンドの総数。これは、Redis commandstats 統計に基づき、1 つ以上のハッシュに対して実行されるすべてのコマンドを合計することで算出されます。 カウント
KeyBasedCmds キーベースのコマンドの総数。これは、Redis commandstats 統計に基づき、1 つ以上のキーに対して実行されるすべてのコマンドを合計することで算出されます。 カウント
ListBasedCmds リストベースのコマンドの総数。これは、Redis commandstats 統計に基づき、1 つ以上のリストに対して実行されるすべてのコマンドを合計することで算出されます。 カウント
SetBasedCmds セットベースのコマンドの総数。これは、Redis commandstats 統計に基づき、1 つ以上のセットに対して実行されるすべてのコマンドを合計することで算出されます。 カウント
SetTypeCmds set の種類のコマンドの総数。これは、Redis commandstats 統計に基づき、set 型のすべてのコマンド (sethset など) を合計することで算出されます。 カウント
SortedSetBasedCmds ソートされたセットベースのコマンドの総数。これは、Redis commandstats 統計に基づき、1 つ以上のソートされたセットに対して実行されるすべてのコマンドを合計することで算出されます。 カウント
StringBasedCmds 文字列ベースのコマンドの総数。これは、Redis commandstats 統計に基づき、1 つ以上の文字列に対して実行されるすべてのコマンドを合計することで算出されます。 カウント