メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

ElastiCache ノード

ノードは、Amazon ElastiCache デプロイを構成する最小単位の要素です。これは、安全なネットワークに接続された RAM の固定サイズの断片です。各ノードでは、クラスターの作成時に選択された項目に応じて、Memcached または Redis が実行されます。各ノードはそれぞれ Domain Name Service (DNS) 名とポートを持っています。それぞれ関連付けられている異なるメモリ量で、複数のタイプの ElastiCache ノードがサポートされています。

デプロイメントに必要なノードインスタンスタイプは、クラスターで必要なデータ量と使用するエンジンの両方の影響を受けます。一般的に、シャーディングがサポートされていることから Memcached のデプロイメントではより多くの小さなノードがあり、Redis では少数の大きなノードタイプがあります。使用するノードサイズの詳細な説明については、「Memcached クラスターのノードサイズの選択Redis クラスターのノードサイズの選択」を参照してください。

他の ElastiCache ノードのオペレーション

ノードを含めた追加のオペレーション:

Redis のノードとシャード

シャード (API/CLI: ノードグループ) は、ノードの階層的配列であり、各ノードはクラスターにラップされます。シャードはレプリケーションをサポートします。シャード内では、1 つのノードが読み取り/書き込みのプライマリノードとなります。他のすべてのノードは、プライマリノードの読み取り専用のレプリカとなります。Redis バージョン 3.2 以降では、クラスター (API/CLI: レプリケーショングループ) を複数のシャードで構成できるため、Redis (クラスターモードが有効) クラスター内でデータを分割できます。

次の図は、Redis (クラスターモードが無効) クラスターと Redis (クラスターモードが有効) クラスターの違いを示しています。

 イメージ: Redis (クラスターモードが無効) と Redis (クラスターモードが有効) のシャード (API/CLI: ノードグループ)

Redis (クラスターモードが無効) でも Redis (クラスターモードが有効) でもシャードを介したレプリケーションがサポートされます。API オペレーションの DescribeReplicationGroups (CLI: describe-replication-groups) を使うと、ノードグループとそれを構成するメンバーノード、ノードグループ内での各ノードの役割などを確認できます。

Redis クラスターの作成時には、クラスタリングを有効にするかどうかを指定します。Redis (クラスターモードが無効) クラスターを構成するシャードは 1 つに限られます。このシャードは、読み取り専用のレプリカノードを追加 (最大 5 つ) または削除することで、水平にスケールできます。詳細については「ElastiCache レプリケーション (Redis)」、「Redis クラスターへのリードレプリカの追加」または「リードレプリカの削除」を参照してください。Redis (クラスターモードが無効) クラスターは、ノードタイプを変更することで垂直にもスケールできます。詳細については、「レプリカノードを含む Redis のクラスターのスケーリング」を参照してください。

Redis (クラスターモードが有効) クラスターを作成する際は 1 〜 15 個のシャードを指定します。Redis (クラスターモードが無効) クラスターとは異なり、現段階では、Redis (クラスターモードが有効) クラスターを作成した後でその構造を変更したり、ノードやシャードを追加または削除したりすることはできません。ノードを追加または削除したり、ノードタイプを変更したりする場合は、クラスターを新たに作成する必要があります。

新しいクラスターを作成する際は、古いクラスターのシャード数と同じである限り、古いクラスターのデータをシードできるため、新しいクラスターが空のまま開始されることはありません。これは、ノードタイプまたはエンジンバージョンの変更が必要な場合に便利です。詳細については、「手動バックアップの作成」および「クラスターのサイズ変更 (オプション) によるバックアップからの復元」を参照してください。

このページの内容: