メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

DNS 名と基になっている IP

Memcached クライアントと Redis クライアントには、キャッシュデータが保存されているサーバーのアドレスとポートが含まれるサーバーリストが保持されています。ElastiCache を使用すると、DescribeCacheClusters API (または、describe-cache-clusters コマンドラインユーティリティ) により、サーバーリストに使用できる完全修飾 DNS エントリとポート番号が返されます。

重要

キャッシュノードエンドポイントに接続するときは、クライアントアプリケーションがキャッシュノードの DNS 名を頻繁に解決するように設定することが重要です。

VPC インストール

キャッシュノードが障害から復帰した場合に、キャッシュノードの DNS 名と IP アドレスの両方が同じままかどうかを ElastiCache が確認します。

非 VPC インストール

ElastiCache は、障害発生時にキャッシュノードが復元されても、キャッシュノードの DNS 名が変わらないようにします。ただし、基になっているキャッシュノードの IP アドレスは変更される可能性があります。

ほとんどの Memcached および Redis クライアントライブラリでは、永続的なキャッシュノード接続がデフォルトでサポートされるため、ElastiCache を使用するときは永続的なキャッシュノード接続の使用をお勧めします。クライアント側の DNS キャッシュが複数の場所 (クライアントライブラリ、言語ランタイム、クライアントオペレーティングシステムなど) で行われる場合があります。各レイヤーのアプリケーション設定を確認して、キャッシュノードの IP アドレスを頻繁に解決するようにしてください。