メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

Redis クラスター内のノードへの接続

注記

現時点では、レプリケーションとリードレプリカをサポートするクラスター (API/CLI: レプリケーショングループ) は、Redis を実行するクラスターでのみサポートされています。

クラスターの場合、ElastiCache には個々のノードの接続情報を取得するためのコンソール、CLI、および API インターフェイスが用意されています。

読み取り専用アクティビティの場合、アプリケーションはクラスター内のいずれのノードにも接続できます。ただし、書き込みアクティビティの場合、アプリケーションから直接ノードに接続する代わりに、アプリケーションからクラスターのプライマリエンドポイント (Redis (クラスターモードが無効)) または設定エンドポイント (Redis (クラスターモードが有効)) に接続することをお勧めします。これにより、リードレプリカをプライマリロールに昇格させることでクラスターを再設定することにした場合でも、アプリケーションは常に正しいノードを見つけることができます。

クラスター内のクラスターへの接続 ((コンソール))

エンドポイントとポート番号を調べるには

レプリケーショングループのクラスターへの接続 (AWS CLI)

キャッシュノードのエンドポイントとポート番号を調べるには

レプリケーショングループの名前を指定して、describe-replication-groups コマンドを使用します。

Copy
aws elasticache describe-replication-groups my-repgroup

このコマンドでは、次のような出力が生成されます。

Copy
REPLICATIONGROUP my-repgroup My replication group available CLUSTERID my-redis-primary CLUSTERID my-replica-1 NODEGROUP 0001 my-repgroup.f310xz.ng.0001.cache.amazonaws.com 6379 available NODEGROUPMEMBER my-redis-primary 0001 my-redis-primary.f310xz.0001.cache.amazonaws.com 6379 us-west-2a primary NODEGROUPMEMBER my-replica-1 0001 my-replica-1.f310xz.0001.cache.amazonaws.com 6379 us-west-2b replica

レプリケーショングループのクラスターへの接続 (ElastiCache API)

キャッシュノードのエンドポイントとポート番号を調べるには

以下のパラメータを使って DescribeReplicationGroups を呼び出します。

ReplicationGroupId = レプリケーショングループの名前。

Copy
https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com / ?Action=DescribeCacheClusters &ReplicationGroupId=repgroup01 &Version=2014-09-30 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20140421T220302Z &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Date=20140421T220302Z &X-Amz-SignedHeaders=Host &X-Amz-Expires=20140421T220302Z &X-Amz-Credential=<credential> &X-Amz-Signature=<signature>