メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

クラスターの作成 (コンソール): Memcached

Memcached エンジンを使用している場合、Amazon ElastiCache では、複数のノード間でのデータの水平分割がサポートされます。Memcached によって自動検出が有効になるため、各ノードのエンドポイントを手動で追跡する必要はなくなります。Memcached によって各ノードのエンドポイントは追跡されて、ノードの追加と削除に応じてエンドポイントのリストが更新されます。アプリケーションとクラスターのやり取りで必要になるのは、設定エンドポイントのみになります。自動検出の詳細については、「ノードの自動検出 (Memcached) 」を参照してください。

ElastiCache コンソールを使用して Memcached クラスターを作成するには:

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon ElastiCache コンソール (https://console.aws.amazon.com/elasticache/) を開きます。

  2. 右上隅にあるドロップダウンから、このクラスターを起動するリージョンを選択します。

  3. 左のナビゲーションペインから、[Memcached] を選択します。

  4. [Create] を選択します。

  5. [Cluster engine] で、[Memcached] を選択します。Memcached を選択すると、次のような Memcached クラスターが作成されます。ノードの数は、ステップ 5.f で選択するノードの数によって決まります (最大 20)。

    イメージ: データ分割がある Memcached クラスター

    データ分割がある Memcached クラスター

  6. [Memcached settings] セクションに入力します。

    1. [Name] ボックスに、クラスターの名前を入力します。

      クラスターの命名上の制約

      • 1~20 文字の英数字またはハイフンを使用する必要があります。

      • 先頭は文字にする必要があります。

      • 連続する 2 つのハイフンを含めることはできません。

      • 末尾をハイフンすることはできません。

    2. [Engine version compatibility] で、このクラスターで実行する Memcached エンジンバージョンを選択します。以前のバージョンを実行する特定の理由がある場合を除いて、最新のバージョンを選択することをお勧めします。

      重要

      最新のエンジンバージョンにアップグレードできます。詳細については、「エンジンバージョンのアップグレード」を参照してください。Memcached エンジンバージョンの変更は、クラスターのデータを消失する破壊的なプロセスです。

    3. [Port] の値は、デフォルトポート (11211) のままにしておきます。理由があって異なるポートを使用する場合は、そのポート番号を入力します。

    4. [Parameter group] で、デフォルトのパラメータグループを選択するか、このクラスターで使用するパラメータグループを選択します。または、[Create new] を選択して、このクラスターで使用する新しいパラメータグループを作成します。

      パラメータグループはクラスターのランタイムパラメーターを制御します。パラメータグループの詳細については、「Memcached 固有のパラメータ」および「パラメーターグループを作成する」を参照してください。

    5. [Node type] で、下向き矢印 ( )をクリックします。[Change node type] ダイアログボックスで、必要なノードタイプの [Instance family] を選択し、このクラスターで使用するノードタイプを選択して [Save] を選択します。

      詳細については、「ノードサイズの選択」を参照してください。

    6. [Number of Nodes] で、このクラスターに必要なノードの数を選択します。クラスターのノード間でデータをパーティション化します。

      ノード数を後で変更する必要がある場合、水平スケーリングは Memcached を使用すれば非常に簡単です。詳細については、「Memcached のスケーリング」を参照してください。

  7. [Advanced Memcached settings] をクリックし、セクションに入力します。

    1. [Subnet group] で、このクラスターに適用するサブネットを選択します。

      詳細については、「サブネットおよびサブネットグループ」を参照してください。

    2. このクラスターに対して [Availability zone(s)] を選択する方法を指定します。これには 2 つのオプションがあります。

      • [No preference] – ElastiCache によってクラスターのノードごとにアベイラビリティーゾーンが選択されます。

      • [Specify availability zones] – クラスターのノードごとにアベイラビリティーゾーンを指定します。

        アベイラビリティーゾーンの指定を選択した場合は、ノードごとにノード名の右にあるリストからアベイラビリティーゾーンを選択します。

        ノードごとに異なるアベイラビリティーゾーンを指定して耐障害性を向上させることをお勧めします。詳細については、「アベイラビリティーゾーンの障害の軽減」を参照してください。

      詳細については、「リージョンとアベイラビリティーゾーンの選択」を参照してください。

    3. [Security groups] で、このクラスターに適用するセキュリティグループを選択します。

      詳細については、「ElastiCache とセキュリティグループ」を参照してください。

    4. [Maintenance window] は、ElastiCache がクラスターのシステムメンテナンスを毎週スケジュールする時間の長さ (通常は 1 時間単位) です。ElastiCache がメンテナンスの日時を選択することを許可するか ([No preference])、自分で日時と期間を選択できます ([Specify maintenance window])。[Specify maintenance window] を選択した場合は、メンテナンス期間の [Start day]、[Start time]、[Duration] (時間単位) を選択します。すべての時刻は協定世界時 (UCT) です。

      詳細については、「メンテナンス時間」を参照してください。

    5. [Notifications] で、既存の Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックを選択するか、[Manual ARN input] を選択してトピックの Amazon リソースネーム (ARN) を入力します。Amazon SNS では、インターネットに接続されたスマートデバイスに通知をプッシュできます。デフォルトでは、通知は無効になります。詳細については、「https://aws.amazon.com/sns/」を参照してください。

  8. すべてのエントリと選択を確認し、戻って必要な修正を加えます。準備が完了したら、[Create] を選択してクラスターを起動します。

クラスターのステータスが [available] になり次第、Amazon EC2 にアクセス権を付与して接続し、使用を開始できます。詳細については、「ステップ 4: アクセスを許可する」および「ステップ 5: クラスターのノードに接続する」を参照してください。

重要

クラスターが使用可能になった直後から、クラスターがアクティブである間は (実際に使用していない場合でも)、時間に応じた料金が発生します。このクラスターに対する課金を中止するには、クラスターを削除する必要があります。「クラスターの削除」を参照してください。