メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

Redis (クラスターモードが無効) クラスターの作成 (コンソール)

ElastiCache は、Redis エンジンを使用する場合にレプリケーションをサポートします。データが Redis 読み取り/書き込みプライマリクラスターに書き込まれるときと、読み取り専用セカンダリクラスターに伝達されるときのレイテンシーをモニタリングするため、ElastiCache は特殊なキー ElastiCacheMasterReplicationTimestamp をクラスターに追加します。このキーは、現在の協定世界時 (UCT) の時刻です。Redis クラスターが後でレプリケーショングループに追加される可能性があるため、このキーは、最初はレプリケーショングループのメンバーではない Redis クラスターであっても、すべての Redis クラスターに含まれます。レプリケーショングループの詳細については、「ElastiCache レプリケーション (Redis)」を参照してください。

スタンドアロン Redis (クラスターモードが無効) クラスターを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon ElastiCache コンソール (https://console.aws.amazon.com/elasticache/) を開きます。

  2. 右上隅にあるドロップダウンから、このクラスターを起動するリージョンを選択します。

  3. 左のナビゲーションペインから、[Redis] を選択します。

  4. [Create] を選択します。

  5. [Cluster engine] で、[Redis] を選択し、[Cluster Mode enabled (Scale Out)] チェックボックスをオフにします。

  6. [Redis settings] セクションに入力します。

    1. [Name] ボックスに、クラスターの名前を入力します。

      クラスターの命名上の制約

      • 1~20 文字の英数字またはハイフンを使用する必要があります。

      • 先頭は文字にする必要があります。

      • 連続する 2 つのハイフンを含めることはできません。

      • 末尾をハイフンすることはできません。

    2. [Description] ボックスに、このクラスターの説明を入力します。

    3. [Engine version compatibility] で、このクラスターで実行する Redis 用 ElastiCache エンジンバージョンを選択します。以前のバージョンを実行する特定の理由がある場合を除いて、最新のバージョンを選択することをお勧めします。

      重要

      より新しいバージョンのエンジンにはアップグレードできますが (「エンジンバージョンのアップグレード」を参照)、既存のクラスターを削除して新しく作成し直さない限り、以前のバージョンのエンジンにはダウングレードできません。

      新しいバージョンの Redis ほど、より良く安定したユーザーエクスペリエンスを提供しているため、ElastiCache コンソールの使用時に Redis バージョン 2.6.13、2.8.6、および 2.8.19 は廃止されました。これらの Redis バージョンは使用しないことをお勧めします。これらのいずれかを使用する必要がある場合は、AWS CLI または ElastiCache API を使用します。

      詳細については、次のトピックを参照してください。

      AWS CLI ElastiCache API

      クラスターの作成

      キャッシュクラスターの作成 (AWS CLI)

      このアクションを使用して、クラスターモードが有効になったレプリケーショングループを作成することはできません。

      キャッシュクラスターの作成 (ElastiCache API)

      このアクションを使用して、クラスターモードが有効になったレプリケーショングループを作成することはできません。

      クラスターの変更

      キャッシュクラスターの変更 (AWS CLI)

      このアクションを使用して、クラスターモードが有効になったレプリケーショングループを作成することはできません。

      キャッシュクラスターの変更 (ElastiCache API)

      このアクションを使用して、クラスターモードが有効になったレプリケーショングループを作成することはできません。

      レプリケーショングループの作成

      レプリカを持つ Redis (クラスターモードが無効) クラスターの最初からの作成 (AWS CLI)

      レプリカを持つ Redis (クラスターモードが有効) クラスターの最初からの作成 (AWS CLI)

      レプリカを持つ Redis (クラスターモードが無効) クラスターの最初からの作成 (ElastiCache API)

      レプリカを持つ Redis (クラスターモードが有効) クラスターの最初からの作成 (ElastiCache API)

      レプリケーショングループの変更

      レプリケーショングループの変更 (AWS CLI)

      このアクションを使用して、クラスターモードが有効になったレプリケーショングループを作成することはできません。

      レプリケーショングループの変更 (ElastiCache API)

      このアクションを使用して、クラスターモードが有効になったレプリケーショングループを作成することはできません。

    4. 転送中のデータを暗号化するために、[Encryption] で [Yes] を選択します。

    5. [Encryption] で [Yes] を選択すると、ユーザーが Redis コマンドを実行するときにパスワードの入力を要求できます。コマンドの実行時にパスワードを要求するには、以下の手順を実行します。

      1. [AUTH] リストから [Yes] を選択します。

      2. [AUTH token] ボックスにパスワードを入力します。

    6. [Port] の値は、デフォルトポート (6379) のままにしておきます。理由があって異なるポートを使用する場合は、そのポート番号を入力します。

    7. [Parameter group] で、このクラスターで使用するパラメータグループを選択するか、[Create new] を選択して、このクラスターで使用する新しいパラメータグループを作成します。

      パラメータグループはクラスターのランタイムパラメーターを制御します。パラメータグループの詳細については、「Redis 固有のパラメータ」および「パラメーターグループを作成する」を参照してください。

    8. [Node type] で、下向き矢印 ( )をクリックします。[Change node type] ダイアログボックスで、必要なノードタイプの [Instance family] を選択し、このクラスターで使用するノードタイプを選択して [Save] を選択します。

      詳細については、「ノードサイズの選択」を参照してください。

    9. [Number of replicas] で、このクラスターに必要なリードレプリカの数を選択します。

      [None] を選択すると、[description] フィールドと [Multi-AZ with Auto-Failover] フィールドが消え、クラスターは次のように表示されます。

      イメージ: レプリカノードを選択しないで作成した Redis (クラスターモードが無効) クラスター

      レプリカノードを選択しないで作成した Redis (クラスターモードが無効) クラスター

      1 つまたは複数のレプリカを選択した場合、作成したクラスターは次のように表示されます。

      イメージ: レプリカノードを選択して作成した Redis (クラスターモードが無効) クラスター

      レプリカノードを選択して作成した Redis (クラスターモードが無効) クラスター

  7. [Advanced Redis settings] を選択し、セクションに入力します。

    1. 1 つまたは複数のレプリカを選択すると、[Multi-AZ with Auto-Failover] が使用可能になります。[Multi-AZ with Auto-Failover] を使用することを強くお勧めします。詳細については、「Redis 実行時の障害の軽減」を参照してください。

    2. [Subnet group] で、このクラスターに適用するサブネットを選択します。

      詳細については、「サブネットおよびサブネットグループ」を参照してください。

    3. このクラスターに対して [Availability zone(s)] を選択する方法を指定します。これには2つのオプションがあります。

      • [No preference] – ElastiCache によってクラスターのノードのアベイラビリティーゾーンが選択されます。

      • [Specify availability zones] – ノードが一覧表示され、ノード名の右にあるリストからアベイラビリティーゾーンを選択して、クラスターのノードごとにアベイラビリティーゾーンを指定できます。

      詳細については、「リージョンとアベイラビリティーゾーンの選択」を参照してください。

    4. [Security groups] で、このクラスターに必要なセキュリティグループを選択します。

      詳細については、「ElastiCache とセキュリティグループ」を参照してください。

    5. .RDB ファイルからクラスターにデータをシードする場合は、[Seed RDB file S3 location] ボックスに .RDB ファイルの Amazon S3 の場所を入力します。

      詳細については、「外部で作成されたバックアップによる新しいクラスターのシード (Redis)」を参照してください。

    6. 自動バックアップを定期的にスケジュールする場合は、[Enable automatic backups] を選択し、さらに自動バックアップを保持して自動的に削除するまでの日数を入力します。自動バックアップを定期的にスケジュールしない場合は、[Enable automatic backups] チェックボックスをオフにします。どちらの場合でも、手動バックアップを作成して手動で削除するオプションを常に利用できます。

      Redis のバックアップと復元の詳細については、「ElastiCache バックアップと復元の管理 (Redis)」を参照してください。

    7. [Maintenance window] は、ElastiCache がクラスターのシステムメンテナンスを毎週スケジュールする時間の長さ (通常は 1 時間単位) です。ElastiCache がメンテナンスの日時を選択することを許可するか ([No preference])、自分で日時と期間を選択できます ([Specify maintenance window])。[Specify maintenance window] を選択した場合は、メンテナンス期間の [Start day]、[Start time]、[Duration] (時間単位) を選択します。すべての時刻は協定世界時 (UCT) です。

      詳細については、「メンテナンス時間」を参照してください。

    8. [Notifications] で、既存の Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックを選択するか、ARN の手動入力を選択してトピックの Amazon リソースネーム (ARN) を入力します。Amazon SNS では、インターネットに接続されたスマートデバイスに通知をプッシュすることができます。デフォルトでは、通知は無効になります。詳細については、「https://aws.amazon.com/sns/」を参照してください。

  8. すべてのエントリと選択を確認し、戻って必要な修正を加えます。準備が完了したら、[Create] を選択してクラスターを起動します。

クラスターのステータスが [available] になり次第、Amazon EC2 にアクセス権を付与して接続し、使用を開始できます。詳細については、「ステップ 4: アクセスを許可する」および「ステップ 5: クラスターのノードに接続する」を参照してください。

重要

クラスターが使用可能になった直後から、クラスターがアクティブである間は (実際に使用していない場合でも)、時間に応じた料金が発生します。このクラスターに対する課金を中止するには、クラスターを削除する必要があります。「クラスターの削除」を参照してください。