メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

クラスターの作成

Amazon ElastiCache クラスターの起動時に、使用するエンジンとして Memcached または Redis を選択できます。Redis エンジンには Redis (クラスターモードが無効) と Redis (クラスターモードが有効) の 2 種類があります。どちらのエンジンがニーズに合っているかを確認するには、このガイドの「エンジンとバージョン」を参照してください。

このセクションでは、ElastiCache コンソール、AWS CLI、または ElastiCache API を使用してスタンドアロンクラスターを作成する方法について説明します。

開始する前にこれらの質問の答えを知ることで、クラスター作成の参考になります。

  • どのエンジンを使用しますか。

    エンジンとエンジンバージョンの比較については、「エンジンとバージョン」を参照してください。

  • どのノードインスタンスタイプが必要ですか。

    インスタンスのノードタイプを選択する際のガイダンスについては、「ノードサイズの選択」を参照してください。

  • VPC または Amazon VPC でクラスターを起動しますか。

    重要

    Amazon VPC でクラスターを起動する場合、クラスターの作成を開始する前に同じ VPC でサブネットグループを作成する必要があります。詳細については、「サブネットおよびサブネットグループ」を参照してください。

    Amazon VPC を起動するメリットは、ElastiCache は Amazon EC2 を使って AWS 内からアクセスするように設計されていますが、クラスターが Amazon VPC にあれば、AWS 外部からアクセスを提供できることにあります。詳細については、「AWS 外部からの ElastiCache リソースへのアクセス」を参照してください。

  • パラメーター値をカスタマイズする必要がありますか。

    パラメーター値をカスタマイズする場合は、カスタムのパラメータグループを作成する必要があります。詳細については、「パラメーターグループを作成する」を参照してください。

    Redis を実行する場合は、reserved-memory または reserved-memory-percent 設定を検討することをお勧めします。詳細については、「予約メモリの管理 (Redis)」を参照してください。

  • 独自のセキュリティグループまたは、VPC セキュリティグループを作成する必要がありますか。

    詳細については、「セキュリティグループ [EC2-Classic]」および「VPC のセキュリティ」を参照してください。

  • 耐障害性をどのようにして導入しますか。

    詳細については、「障害の軽減」を参照してください。