メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

ElastiCache クラスターの変更

クラスターへのノードの追加またはクラスターからのノードの削除以外にも、セキュリティグループの追加、メンテナンスウィンドウやパラメータグループの変更など、既存のクラスターに変更をかける必要がある場合があります。

メンテナンスウィンドウは使用率の最も低い時間帯に設定することをお勧めします。このため、場合によっては変更が必要になります。

クラスターのパラメータグループの変更、またはクラスターのパラメータグループのパラメーター値の変更によるクラスターのパラメーターの変更は、クラスターが再起動された後に適用されます。

クラスターの変更 (コンソール)

クラスターを変更するには (console)

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  2. 右上隅にあるドロップダウンから、目的のリージョンを選択します。

  3. 左のナビゲーションペインで [Redis または [Memcached] を選択します。

    選択したエンジンのクラスターが一覧表示されます。

  4. クラスターの一覧で、変更するクラスターの名前を選択します。Redis (クラスターモードが有効) クラスターで変更できるのは、セキュリティグループ、説明、パラメータグループ、バックアップオプション、メンテナンス期間、および SNS 通知に限られます。

  5. [Modify] を選択します。

    [Modify Cluster] ウィンドウが表示されます。

  6. [Modify Cluster] ウィンドウで、必要な変更を加えます。

    重要

    より新しいバージョンのエンジンにはアップグレードできますが (「エンジンバージョンのアップグレード」を参照)、既存のクラスターを削除して新しく作成し直さない限り、以前のバージョンのエンジンにはダウングレードできません。

    新しいバージョンの Redis ほど、より良く安定したユーザーエクスペリエンスを提供しているため、ElastiCache コンソールの使用時に Redis バージョン 2.6.13、2.8.6、および 2.8.19 は廃止されました。これらの Redis バージョンは使用しないことをお勧めします。これらのいずれかを使用する必要がある場合は、AWS CLI または ElastiCache API を使用します。

    詳細については、次のトピックを参照してください。

    AWS CLI ElastiCache API

    クラスターの作成

    キャッシュクラスターの作成 (AWS CLI)

    このアクションを使用して、クラスターモードが有効になったレプリケーショングループを作成することはできません。

    キャッシュクラスターの作成 (ElastiCache API)

    このアクションを使用して、クラスターモードが有効になったレプリケーショングループを作成することはできません。

    クラスターの変更

    キャッシュクラスターの変更 (AWS CLI)

    このアクションを使用して、クラスターモードが有効になったレプリケーショングループを作成することはできません。

    キャッシュクラスターの変更 (ElastiCache API)

    このアクションを使用して、クラスターモードが有効になったレプリケーショングループを作成することはできません。

    レプリケーショングループの作成

    レプリカを持つ Redis (クラスターモードが無効) クラスターの最初からの作成 (AWS CLI)

    レプリカを持つ Redis (クラスターモードが有効) クラスターの最初からの作成 (AWS CLI)

    レプリカを持つ Redis (クラスターモードが無効) クラスターの最初からの作成 (ElastiCache API)

    レプリカを持つ Redis (クラスターモードが有効) クラスターの最初からの作成 (ElastiCache API)

    レプリケーショングループの変更

    レプリケーショングループの変更 (AWS CLI)

    このアクションを使用して、クラスターモードが有効になったレプリケーショングループを作成することはできません。

    レプリケーショングループの変更 (ElastiCache API)

    このアクションを使用して、クラスターモードが有効になったレプリケーショングループを作成することはできません。

    [Apply Immediately] チェックボックスはノードタイプとエンジンバージョンの変更にのみ適用されます。いずれの変更もすぐに適用する場合は、[Apply Immediately] チェックボックスをオンにします。このチェックボックスがオフになっている場合、エンジンバージョンとノードタイプの変更は次のメンテナンス時間中に適用されます。その他の変更 (メンテナンス期間の変更など) はすぐに適用されます。

  7. [Modify] を選択します。

キャッシュクラスターの変更 (AWS CLI)

AWS CLI modify-cache-cluster オペレーションを使用して既存のクラスターを変更できます。クラスターの設定値を変更するには、クラスターの ID、変更するパラメーター、パラメーターの新しい値を指定します。次の例では、myCluster という名前のクラスターのメンテナンスウィンドウを変更し、変更内容を即座に適用します。

重要

より新しいエンジンバージョンにアップグレードできますが (「エンジンバージョンのアップグレード」を参照)、既存のキャッシュクラスターまたはレプリケーショングループを削除して新たにそれを作成しない限り、以前のエンジンバージョンにダウングレードすることはできません。

Linux, macOS, or Unix 用:

Copy
aws elasticache modify-cache-cluster \ --cache-cluster-id myCluster \ --preferred-maintenance-window sun:23:00-mon:02:00

Windows の場合:

Copy
aws elasticache modify-cache-cluster ^ --cache-cluster-id myCluster ^ --preferred-maintenance-window sun:23:00-mon:02:00

--apply-immediately パラメーターは、ノードタイプとエンジンバージョンの変更、 クラスターのノード数の変更にのみ適用されます。これらの変更のいずれもすぐに適用する場合は、--apply-immediately パラメーターを使用します。これらの変更を次のメンテナンス期間に延期する場合は、--no-apply-immediately パラメーターを使用します。その他の変更 (メンテナンス期間の変更など) はすぐに適用されます。

詳細については、ElastiCache 用 AWS CLI のトピック「modify-cache-cluster」を参照してください。

キャッシュクラスターの変更 (ElastiCache API)

ElastiCache API ModifyCacheCluster オペレーションを使用して既存のクラスターを変更できます。クラスターの設定値を変更するには、クラスターの ID、変更するパラメーター、パラメーターの新しい値を指定します。次の例では、myCluster という名前のクラスターのメンテナンスウィンドウを変更し、変更内容を即座に適用します。

重要

より新しいエンジンバージョンにアップグレードできますが (「エンジンバージョンのアップグレード」を参照)、既存のキャッシュクラスターまたはレプリケーショングループを削除して新たにそれを作成しない限り、以前のエンジンバージョンにダウングレードすることはできません。

読みやすくするために改行が追加されます。

Copy
https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=ModifyCacheCluster &CacheClusterId=myCluster &PreferredMaintenanceWindow=sun:23:00-mon:02:00 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150901T220302Z &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Date=20150202T220302Z &X-Amz-SignedHeaders=Host &X-Amz-Expires=20150901T220302Z &X-Amz-Credential=<credential> &X-Amz-Signature=<signature>

ApplyImmediately パラメーターは、ノードタイプとエンジンバージョンの変更、 クラスターのノード数の変更にのみ適用されます。これらの変更のいずれもすぐに適用する場合は、ApplyImmediately パラメーターを true に設定します。これらの変更を次のメンテナンス期間に延期する場合は、ApplyImmediately パラメーターを false に設定します。その他の変更 (メンテナンス期間の変更など) はすぐに適用されます。

詳細については、ElastiCache API リファレンストピック「ModifyCacheCluster」を参照してください。