メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

Redis (クラスターモードが有効) クラスターの詳細の表示 (コンソール)

ElastiCache コンソール、ElastiCache 用 AWS CLI、または ElastiCache API を使用して、Redis (クラスターモードが有効) クラスターの詳細を表示できます。

次の手順では、ElastiCache コンソールを使用して Redis (クラスターモードが有効) クラスターの詳細を表示する方法を示します。

Redis (クラスターモードが有効) クラスターの詳細を表示するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon ElastiCache コンソール (https://console.aws.amazon.com/elasticache/) を開きます。

  2. 右上隅にあるドロップダウンから、目的のリージョンを選択します。

  3. ElastiCache コンソールのダッシュボードで [Redis] を選択し、いずれかのバージョンの Redis を実行しているすべてのクラスターを一覧表示します。

  4. Redis (クラスターモードが有効) クラスターの詳細を表示するには、クラスター名の左側にあるボックスを選択します。単なる Redis ではなく、Clustered Redis エンジンを実行しているクラスターを必ず選択してください。

    クラスターの下の画面が展開され、クラスターに関する詳細 (クラスターの設定エンドポイントなど) が表示されます。

  5. クラスター内のシャード数とシャードごとのノード数を一覧表示するには、クラスターの名前を選択します。

  6. ノード固有の情報を表示するには

    1. シャードの ID を選択します。

    2. [Nodes] タブを選択します。

      各ノードについて、クラスターからデータを読み取るために必要な各ノードのエンドポイントなどの情報が表示されます。

    3. 1 つまたは複数のノードのメトリクスを表示するには、ノード ID の左側のボックスを選択し、[Time range] からメトリクスの時間範囲を選択します。複数のノードを選択すると、オーバーレイグラフが生成されます。

      イメージ: 2 つの Redis ノードに関する過去 1 時間のメトリクス

      2 つの Redis ノードに関する過去 1 時間のメトリクス