メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

ElastiCache のイベントの表示

ElastiCache は、クラスターのインスタンス、セキュリティグループ、パラメータグループに関連するイベントを記録します。この情報には、イベントの日付と時刻、イベントのソース名とソースタイプ、イベントの説明などがあります。ElastiCache コンソール、AWS CLI describe-events コマンド、または ElastiCache API アクション DescribeEvents を使用して、ログからイベントを簡単に取得できます。

次の手順は、過去 24 時間 (1440 分) のすべての ElastiCache イベントを表示する方法を示しています。

ElastiCache Events (コンソール) の表示

次の手順は、ElastiCache コンソールを使用してイベントを表示します。

ElastiCache コンソールを使用してイベント表示するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで、[Events] を選択します。

    [ Events] 画面に、利用可能なすべてのイベントが一覧されます。リスト内の各行は 1 個のイベントを表し、イベントのソース、イベントの種類 (キャッシュクラスター、キャッシュパラメータグループ、キャッシュセキュリティグループ、キャッシュサブネットグループ、レプリケーショングループ)、イベントの GMT 時間、イベントの説明が表示されます。

    [Filter] を使用して、イベントリストにすべてのイベントを表示するか特定タイプのイベントのみを表示するかを指定できます。

ElastiCache Events (AWS CLI) の表示

AWS CLI を使用して ElastiCache イベントの一覧を生成するには、describe-events コマンドを使用します。オプションパラメーターを使用して、一覧されるイベントのタイプ、イベントの期間、イベント一覧の最大数などを制御できます。

次のコードでは、最大 40 個のキャッシュクラスターイベントを一覧表示します。

Copy
aws elasticache describe-events --source-type cache-cluster --max-items 40

次のコードでは、過去 24 時間 (1440 分) のすべてのイベントを一覧表示します。

Copy
aws elasticache describe-events --duration 1440

describe-events のコマンドによる出力は次のようになります。

{
    "Events": [
        {
            "Date": "2017-03-30T14:39:14.295Z", 
            "Message": "Automatic failover has been turned on for replication group redis12", 
            "SourceIdentifier": "redis12", 
            "SourceType": "replication-group"
        }, 
        {
            "Date": "2017-03-29T22:17:37.781Z", 
            "Message": "Added cache node 0001 in availability zone us-west-2a", 
            "SourceIdentifier": "redis01", 
            "SourceType": "cache-cluster"
        }, 
        {
            "Date": "2017-03-29T22:17:37.769Z", 
            "Message": "Cache cluster created", 
            "SourceIdentifier": "redis01", 
            "SourceType": "cache-cluster"
        }
    ]
}

使用できるパラメータおよび許可されたパラメータ値などの詳細については、「describe-events」を参照してください。

ElastiCache Events (ElastiCache API) の表示

ElastiCache イベントのリストを ElastiCache API を使用して生成するには、DescribeEvents アクションを使用します。オプションパラメーターを使用して、一覧されるイベントのタイプ、イベントの期間、イベント一覧の最大数などを制御できます。

次のコードは、40 個の最新のキャッシュクラスターイベントを一覧します。

Copy
https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=DescribeEvents &MaxRecords=40 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &SourceType=cache-cluster &Timestamp=20150202T192317Z &Version=2015-02-02 &X-Amz-Credential=<credential>

次のコードは、過去 24 時間 (1440 分) のキャッシュクラスターイベントを一覧します。

Copy
https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=DescribeEvents &Duration=1440 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &SourceType=cache-cluster &Timestamp=20150202T192317Z &Version=2015-02-02 &X-Amz-Credential=<credential>

上記のアクションでは、次のような出力が生成されます。

Copy
<DescribeEventsResponse xmlns="http://elasticache.amazonaws.com/doc/2015-02-02/"> <DescribeEventsResult> <Events> <Event> <Message>Cache cluster created</Message> <SourceType>cache-cluster</SourceType> <Date>2015-02-02T18:22:18.202Z</Date> <SourceIdentifier>my-redis-primary</SourceIdentifier> </Event> (...output omitted...) </Events> </DescribeEventsResult> <ResponseMetadata> <RequestId>e21c81b4-b9cd-11e3-8a16-7978bb24ffdf</RequestId> </ResponseMetadata> </DescribeEventsResponse>

使用できるパラメータおよび許可されたパラメータ値などの詳細については、「DescribeEvents」を参照してください。