メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

ステップ 2: クラスターを起動する

続ける前に、「要件を特定する [毎回]」を完了したことを確認してください。

ここで起動するクラスターはライブとなります。サンドボックスで実行されるわけではありません。インスタンスを削除するまで、ElastiCache の標準使用料が発生します。ここで説明する演習を一気に完了し、終了時にクラスターを削除すれば、使用料合計はごくわずかです (通常 1 ドル未満です)。ElastiCache 使用料の詳細については、https://aws.amazon.com/elasticache/ を参照してください。

重要

Amazon VPC でクラスターが起動されます。クラスターの作成を開始する前に、サブネットグループを作成する必要があります。詳細については、「サブネットグループの作成」を参照してください。

スタンドアロン Redis (クラスターモードが無効) クラスターを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon ElastiCache コンソール (https://console.aws.amazon.com/elasticache/) を開きます。

  2. [Get Started Now] を選択します。

    すでに使用可能なクラスターがある場合は、[Launch Cluster] を選択します。

  3. 右上隅にあるドロップダウンから、このクラスターを起動するリージョンを選択します。

  4. [Cluster engine] で、[Redis] を選択します。

  5. [Cluster Mode enabled (Scale Out)] が選択されていないことを確認してください。

  6. [Redis settings] セクションに以下のように入力します。

    1. [Name] ボックスに、クラスターの名前を入力します。

      クラスターの命名上の制約

      • 1~20 文字の英数字またはハイフンを使用する必要があります。

      • 先頭は文字にする必要があります。

      • 連続する 2 つのハイフンを含めることはできません。

      • 末尾をハイフンすることはできません。

    2. [Engine version compatibility] リストから、このクラスターで実行する Redis エンジンバージョンを選択します。以前のバージョンを実行する特定の理由がある場合を除いて、最新のバージョンを選択することをお勧めします。

    3. [Port] の値は、デフォルトポート (6379) のままにしておきます。異なるポートを使用する理由がある場合は、そのポート番号を入力します。

    4. [Parameter group] で、このクラスターで使用するパラメータグループを選択するか、[Create new] を選択して、このクラスターで使用する新しいパラメータグループを作成します。この演習では、[default] のパラメータグループを受け入れます。

      詳細については、「パラメーターグループを作成する」を参照してください。

    5. [Node type] で、このクラスターに使用するノードタイプを選択します。この演習では、上記の表で [t2] インスタンスファミリーを選択してから、[cache.t2.small]、[Save] の順に選択します。

      詳細については、「ノードサイズの選択」を参照してください。

    6. [Number of replicas] から、このクラスターに必要なリードレプリカの数を選択します。この演習ではスタンドアロンクラスターを作成するため、[None] を選択します。

      [None] を選択すると、[Replication group description] フィールドが消えます。

  7. [Advanced Redis settings] を選択し、セクションに以下のように入力します。

    注記

    Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループを作成する場合、[Advanced Redis settings] の詳細はわずかに異なります。Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループを作成するステップバイステップのウォークスルーについては、「レプリカを持つ Redis (クラスターモードが有効) クラスターの最初からの作成」を参照してください。

    1. [Subnet group] リストから、このクラスターに適用するサブネットを選択します。この演習では、[default] を選択します。

      詳細については、「サブネットおよびサブネットグループ」を参照してください。

    2. このクラスターに対して [Availability zone(s)] を選択する方法を指定します。これには 2 つのオプションがあります。

      • [No preference] – ElastiCache がアベイラビリティーゾーンを選択します。

      • Specify availability zones – ユーザーがクラスターに対するアベイラビリティーゾーンを指定します。

      この演習では、[Specify availability zones] を選択してから、[Primary] の下のリストからアベイラビリティーゾーンを選択します。

      詳細については、「リージョンとアベイラビリティーゾーンの選択」を参照してください。

    3. [Security groups] リストから、このクラスターに使用するセキュリティグループを選択します。この演習では、[default] を選択します。

      詳細については、「ElastiCache とセキュリティグループ」を参照してください。

    4. .RDB ファイルからクラスターにデータをシードする場合は、[Seed RDB file S3 location] ボックスに .RDB ファイルの Amazon S3 の場所を入力します。

      詳細については、「外部で作成されたバックアップによる新しいクラスターのシード (Redis)」を参照してください。

    5. これが本稼働クラスターではないため、[Enable automatic backups] チェックボックスはオフにします。

      Redis のバックアップと復元の詳細については、「ElastiCache バックアップと復元の管理 (Redis)」を参照してください。

    6. [Maintenance window] では、ElastiCache によってクラスターに対してスケジュールされる毎週のシステムメンテナンス期間 (通常は 1 時間) を指定します。メンテナンス期間の日時は、ElastiCache によって選択されるようにするか ([No preference])、自分で選択できます ([Specify maintenance window])。[Specify maintenance window] を選択した場合は、メンテナンス期間の [Start day]、[Start time]、[Duration] (時間単位) を指定します。この演習では、[No preference] を選択します。

      詳細については、「メンテナンス時間」を参照してください。

    7. [Notifications] は [Disabled] のままにします。

  8. [Create cluster] を選択してクラスターを起動するか、[Cancel] を選択してオペレーションをキャンセルします。