メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

Amazon ElastiCache の使用開始

クラスターの要件の特定、および独自の AWS アカウントの作成にあたって、このセクションのトピックでは、ElastiCache コンソールを使用した Redis (クラスターモードが無効) クラスターの作成、アクセス権限付与、接続、削除の手順について説明します。

Amazon ElastiCache では、Redis レプリケーショングループを使用することで、高可用性がサポートされています。Redis レプリケーショングループとその作成方法については、「ElastiCache レプリケーション (Redis)」を参照してください。

Redis バージョン 3.2 から、ElastiCache Redis は、レプリケーショングループを実装した各ノードグループにより、複数のノードにわたるデータの分割をサポートします。この演習では、スタンドアロン Redis クラスターを作成します。