メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

パラメータグループの値を一覧する

ElastiCache コンソール、AWS CLI、または ElastiCache API を使用して、パラメータグループのパラメータとその値を一覧表示できます。

パラメータグループの値を一覧する (コンソール)

次の手順は、ElastiCache コンソールを使用してパラメータグループのパラメータと値を一覧する方法を示しています。

ElastiCache コンソールを使用してパラメータグループのパラメータとその値を表示するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで、[Parameter Groups] を選択します。

    使用できるパラメータグループのリストは、[Parameter Groups] 画面に表示されます。

  3. パラメータグループ名の左側にあるボックスを選択して、パラメータと値を一覧表示するパラメータグループを選択します。

    パラメータと値は画面の下部に表示されます。パラメータの数によっては、スクロールして関心のあるパラメータを検索するに必要がある場合もあります。

パラメータグループの値を一覧する (AWS CLI)

AWS CLI を使用してパラメータグループのパラメータとその値の一覧を表示するには、describe-cache-parameters コマンドを使用します。

次のサンプルコードは、パラメータグループ myRedis28 のすべてのパラメータと値リストを一覧します。

Linux, macOS, or Unix 用:

Copy
aws elasticache describe-cache-parameters \ --cache-parameter-group-name myRedis28

Windows の場合:

Copy
aws elasticache describe-cache-parameters ^ --cache-parameter-group-name myRedis28

このコマンドの出力は次のようになります。

{
    "Parameters": [
        {
            "Description": "Apply rehashing or not.", 
            "DataType": "string", 
            "ChangeType": "requires-reboot", 
            "IsModifiable": true, 
            "AllowedValues": "yes,no", 
            "Source": "system", 
            "ParameterValue": "yes", 
            "ParameterName": "activerehashing", 
            "MinimumEngineVersion": "2.8.6"
        }, 
(...sample truncated...)
        {
            "Description": "Enable Redis persistence.", 
            "DataType": "string", 
            "ChangeType": "immediate", 
            "IsModifiable": true, 
            "AllowedValues": "yes,no", 
            "Source": "system", 
            "ParameterValue": "no", 
            "ParameterName": "appendonly", 
            "MinimumEngineVersion": "2.8.6"
        }
    ]
}

詳細については、describe-cache-parametersを参照してください。

パラメータグループの値を一覧する (ElastiCache API)

ElastiCache API を使用してパラメータグループのパラメータとその値の一覧を表示するには、DescribeCacheParameters アクションを使用します。

次のサンプルコードは、パラメータグループ myRedis28 のすべてのパラメータを一覧します。

Copy
https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=DescribeCacheParameters &CacheParameterGroupName=myRedis28 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150202T192317Z &Version=2015-02-02 &X-Amz-Credential=<credential>

このアクションからの応答は、次のようになります。この応答には短縮されています。

Copy
<DescribeCacheParametersResponse xmlns="http://elasticache.amazonaws.com/doc/2013-06-15/"> <DescribeCacheParametersResult> <CacheClusterClassSpecificParameters> <CacheNodeTypeSpecificParameter> <DataType>integer</DataType> <Source>system</Source> <IsModifiable>false</IsModifiable> <Description>The maximum configurable amount of memory to use to store items, in megabytes.</Description> <CacheNodeTypeSpecificValues> <CacheNodeTypeSpecificValue> <Value>1000</Value> <CacheClusterClass>cache.c1.medium</CacheClusterClass> </CacheNodeTypeSpecificValue> <CacheNodeTypeSpecificValue> <Value>6000</Value> <CacheClusterClass>cache.c1.xlarge</CacheClusterClass> </CacheNodeTypeSpecificValue> <CacheNodeTypeSpecificValue> <Value>7100</Value> <CacheClusterClass>cache.m1.large</CacheClusterClass> </CacheNodeTypeSpecificValue> <CacheNodeTypeSpecificValue> <Value>1300</Value> <CacheClusterClass>cache.m1.small</CacheClusterClass> </CacheNodeTypeSpecificValue> ...output omitted... </CacheNodeTypeSpecificValues> <AllowedValues>1-100000</AllowedValues> <ParameterName>max_cache_memory</ParameterName> <MinimumEngineVersion>1.4.5</MinimumEngineVersion> </CacheNodeTypeSpecificParameter> <CacheNodeTypeSpecificParameter> <DataType>integer</DataType> <Source>system</Source> <IsModifiable>false</IsModifiable> <Description>The number of memcached threads to use.</Description> <CacheNodeTypeSpecificValues> <CacheNodeTypeSpecificValue> <Value>2</Value> <CacheClusterClass>cache.c1.medium</CacheClusterClass> </CacheNodeTypeSpecificValue> <CacheNodeTypeSpecificValue> <Value>8</Value> <CacheClusterClass>cache.c1.xlarge</CacheClusterClass> </CacheNodeTypeSpecificValue> ...output omitted... </CacheNodeTypeSpecificValues> <AllowedValues>1-8</AllowedValues> <ParameterName>num_threads</ParameterName> <MinimumEngineVersion>1.4.5</MinimumEngineVersion> </CacheNodeTypeSpecificParameter> </CacheClusterClassSpecificParameters> <Parameters> <Parameter> <ParameterValue>1024</ParameterValue> <DataType>integer</DataType> <Source>system</Source> <IsModifiable>false</IsModifiable> <Description>The backlog queue limit.</Description> <AllowedValues>1-10000</AllowedValues> <ParameterName>backlog_queue_limit</ParameterName> <MinimumEngineVersion>1.4.5</MinimumEngineVersion> </Parameter> <Parameter> <ParameterValue>auto</ParameterValue> <DataType>string</DataType> <Source>system</Source> <IsModifiable>false</IsModifiable> <Description>Binding protocol.</Description> <AllowedValues>auto,binary,ascii</AllowedValues> <ParameterName>binding_protocol</ParameterName> <MinimumEngineVersion>1.4.5</MinimumEngineVersion> </Parameter> ...output omitted... </Parameters> </DescribeCacheParametersResult> <ResponseMetadata> <RequestId>6d355589-af49-11e0-97f9-279771c4477e</RequestId> </ResponseMetadata> </DescribeCacheParametersResponse>

詳細については、DescribeCacheParametersを参照してください。