メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

キャッシュパラメータグループの階層

Amazon ElastiCache には、ここに説明されるキャッシュパラメータグループの 3 つの階層があります。

イメージ: Amazon ElastiCache パラメータグループの階層

Amazon ElastiCache パラメータグループの階層

グローバルデフォルト

リージョン内のすべての Amazon ElastiCache のお客様向け最上位ルートパラメータグループ。

グローバルデフォルトのキャッシュパラメータグループ:

  • ElastiCache 向けに確保されており、お客様が使用することはできません。

お客様デフォルト

グローバルデフォルトのキャッシュパラメータグループのコピーは、お客様が使用するために作成されています。

お客様デフォルトのキャッシュパラメータグループ:

  • ElastiCache が作成、所有します。

  • このキャッシュパラメータグループでサポートされているエンジンのバージョンを実行しているすべてのクラスターのキャッシュパラメータグループとして使用できます。たとえば、default.redis2.8 は、Redis エンジンのバージョン 2.8 x をサポートします。

  • お客様が編集することはできません。

お客様所有

お客様デフォルトのキャッシュパラメータグループのコピー。お客様所有のキャッシュパラメータグループは、お客様がキャッシュパラメータグループを作成する度に作成されます。

お客様所有のキャッシュパラメータグループ:

  • お客様が作成、所有します。

  • お客様の互換性のあるいずれのクラスターにも割り当てることができます。たとえば、ファミリー redis2.8 で作成されたキャッシュパラメータグループは、Redis 2.8 x を実行しているどのクラスターでも使用できます。

  • カスタムキャッシュパラメータグループを作成するようにお客様が変更できます。‡

    ‡すべてのパラメーター値を変更できるわけではありません。詳細については、「Memcached 固有のパラメータ」または「Redis 固有のパラメータ」を参照してください。