メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

Redis クラスターへのリードレプリカの追加

重要

現時点では、ElastiCache は Redis (クラスターモードが有効) へのリードレプリカの追加をサポートしていません。さらにリードレプリカが必要な場合は、必要な数のリードレプリカでクラスターを作成します。

読み取りトラフィックが増えるにつれて、これらの読み取りをより多くのノードに分散させて、1 つのノードの読み取りの負荷を減らすことを考えます。このトピックでは、クラスターにリードレプリカを追加する方法について説明します。ElastiCache コンソール、AWS CLI、または ElastiCache API を使用して、クラスターにリードレプリカを追加できます。

クラスターへのリードレプリカの追加 (コンソール)

Redis (クラスターモードが無効) クラスターにレプリカを追加するには、「クラスターへのノードの追加」を参照してください。

レプリケーショングループへのリードレプリカの追加 (AWS CLI)

レプリケーショングループにリードレプリカを追加するには、AWS CLI create-cache-cluster コマンドを使用します。パラメーターとして --replication-group-id を使用し、クラスター (ノード) を追加するレプリケーショングループを指定します。

レプリケーショングループでは、最大 5 つのリードレプリカを作成できます。すでに 5 個のリードレプリカのあるレプリケーショングループにリードレプリカを追加しようとすると、オペレーションが失敗します。

次の例では、クラスター my-read-replica を作成して、レプリケーショングループ my-replication-group に追加します。リードレプリカのノードタイプ、パラメータグループ、セキュリティグループ、メンテナンスの時間などの設定は、レプリケーショングループの他のノードの設定と同じです

Linux, macOS, or Unix 用:

Copy
aws elasticache create-cache-cluster \ --cache-cluster-id my-read-replica \ --replicationgroup-id my-replication-group

Windows の場合:

Copy
aws elasticache create-cache-cluster ^ --cache-cluster-id my-read-replica ^ --replicationgroup-id my-replication-group

詳細については、AWS CLI のトピック「 create-cache-cluster」を参照してください。

レプリケーショングループへのリードレプリカの追加 (ElastiCache API)

レプリケーショングループにリードレプリカを追加するには、ElastiCache CreateCacheCluster オペレーションを使用します。パラメーターとして ReplicationGroupId を使用し、クラスター (ノード) を追加するレプリケーショングループを指定します。

レプリケーショングループは、最大 5 つのリードレプリカで構成できます。すでに 5 個のリードレプリカを持つレプリケーショングループに別のリードレプリカを追加しようとすると、オペレーションが失敗します。

次の例では、クラスター myReadReplica を作成して、レプリケーショングループ myReplicationGroup に追加します。リードレプリカのノードタイプ、パラメータグループ、セキュリティグループ、メンテナンスの時間などの設定は、レプリケーショングループの他のノードの設定と同じです

Copy
https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=CreateCacheCluster &CacheClusterId=myReadReplica &ReplicationGroupId=myReplicationGroup &Version=2015-02-02 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150202T192317Z &X-Amz-Credential=<credential>

詳細については、ElastiCache CLI トピックの「」」を参照してください。 CreateCacheCluster」を参照してください。